Hatena::Groupnicovideo

Yoshikawaの出張所 RSSフィード

2008-06-29

嫌儲について。そしてお金を貰わずに無償で奉仕することのプライドについて。

| 18:15 | 嫌儲について。そしてお金を貰わずに無償で奉仕することのプライドについて。 - Yoshikawaの出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク - 嫌儲について。そしてお金を貰わずに無償で奉仕することのプライドについて。 - Yoshikawaの出張所 嫌儲について。そしてお金を貰わずに無償で奉仕することのプライドについて。 - Yoshikawaの出張所 のブックマークコメント

 最近ニコニコ動画をきっかけにイベントを企画するとか商品を売るということに対してあちこちで議論が盛り上がっています。この件については、前から思っていたことがあるので、ちょっとこのあたりで思っていることをつらつらと書いてみました。

 最初に私のスタンスを結論的に述べると「儲けたければ儲ければ良いよ。その作品や行動が気に入れば私もそれを買うし、そうで無ければ無視するから」という感じに集約されます。複製や盗用については、もしそれが本当で問題とするなら権利者本人がその部分を特定した上で所定の手続きでクレームなり訴訟なりをもって対応すれば良いはずで、第三者が文句を言える筋合いにはないと思っています。

 そもそも実際にコミュニティベースの無償の素材を使って利益を得る行為は、厳密に言うとけっこうな数の人がやっている行動で、私個人も無料のインターネットから情報をえてそれを使って会社の仕事であるレポートや報告書を書きそれで報酬を貰っています*1。だから文句を言える立場には無いと思うのです。

 ニコニコ動画に作品を上げてそれを後から売ることを非難するのならば、企業がやっているニコニコ動画に無料でアニメを公開して後からそのDVDを売るとか、バナー広告を出してオンラインゲームの参加者を増やしてそっちのフィーで儲けるというのはどうなんでしょうか。そもそもドワンゴはこの事業を慈善事業でやっているわけではなく収入を得るための事業としてやっているのですから、それを否定するのならニコニコ動画という場とは別の場を自分で作らないといけなくなるような気がします。

 そう言えば今回の騒動で出てきた言葉の一つに「下積み」というキーワードがありました。これはある意味、反対論者の気持ちを上手く表しているなと思います。「下積みも無く」なんて表現が出てくる背景には、コミュニティに対しての貢献が少ないのにそこから利益だけを吸い取るのは許せないというような気持ちがあるのではないかと思っています。まあその気持ちは当然でしょう。

 実際私もこのコミュニティに参加している一個人として、フリーライダー的なただ乗り行為を許せない気持ちを感じることがあります。そしてこのようなフリーライダー的な意識の参加者の割合が増えすぎると、コミュニティへ貢献する行為のほうがばからしく思えるようになり貢献する気がしなくなってコミュニティ全体が衰退するということも起こりえます。

 だからフリーライダー的な金儲けしか考えない人や行為は、まったく尊敬されないしある程度の非難を浴びるのも当然でしょう。若干の非難はコミュニティの風土の維持の為にも適当なのかもしれません。まあ、そこまでで良いのではないでしょうか?気に入らないのならそれを買わなければよいし、無視すれば良い。それを必要以上に叩く権利は誰にもないし、そもそもそんな時間があったら楽しいコミュニケーションを続けたり新しい作品を作った方が生産的だと思うのです。

 あと個人的には、お金を払って貰えるだけの才能がある人は、本人にその気があるのであればせっかくの機会なのだから報酬を得ても構わないし、それを次の活動の為の投資として廻していってもらえれば嬉しいし、そういうのをきっかけにプロになるというルートもあった方が良いと思っています。

 実際こういう場から成り上がるジャパニーズサクセスストーリーがひとつやふたつはあったほうが硬直化された社会にならなくてすむし、最近話題になる若者の閉塞感の打破などにも効果的だと思います。*2

 今の流れを見ていると、多分長い目で見ればそういう方向に動いていくのでしょう。ただこうした流れになったときに一点だけ危惧していることがあります。それは例によって「金を稼いだヤツが偉くてそうでない人はダメな人」という画一的な価値観でこのコミュニティが占有されてしまうことです。

 さっき本人が儲けたいと思うのならと言う但し書きをつけましたが、こういうコミュニティには「お金を貰わないこと」「(負担分は)持ち出しの無償奉仕で参加していること」にコダワリを持っている人も少なからず存在するということも理解する必要があると思うのです。

 このなぜお金を貰わないかとか無償で持ち出すかという理由は各人いろいろでしょうけど、例えば「趣味だからこそ自分が好きな作品を原価に拘らず究極的に品質を追求して作り上げる」っていうのもあるし、「もともと無償で得たものだから無償で還元したい」とはっきり言う人もいます。こういう人達の存在や気持ちを理解して尊重できる環境にもなって欲しいです。 

 

 サクセスストーリーができると、またマスゴミが「ニコニコ動画を使ってプロモーションをして何億円儲かった」だの、「ネットに作品を公開した学生が2年後には何千万もの報酬を得た」とかそういうたぐいの報道をばらまくようになると思うのです。

 そして、そういうのを見たよく判っていない人が、お金を貰わずに無償で奉仕することにプライドを持っている人達に対して「いくら儲かったの?」「まだ儲けないの?」といった彼らに取って最大の侮辱言葉を投げかけるのをどうにか防げないものか。アマチュアという立場で楽しい作品を創ることに楽しみを見い出している人が「いづれはプロになるんでしょ」と声をかけられたり、コミュニティに奉仕することを生き甲斐にしている人に「ニコニコ動画って、ああ、あの素人でも金儲けできる場ね」なんて言われるのは嘆かわしい。そんな事を言われたらそういう人のモチベーションは多分恐ろしいまでに下がってしまうと思うのです。

 繰り返しますが、儲けたい人は儲ければ良いと思います。せっかく巡ってきたチャンスなのですから、でも皆がそういう人ではないという事もきちんと周知して理解されていくことを願ってやみません。

(吉川 日出行)

*1:個人的には、ネットに貰った恩恵は出来るだけネットに返すようには心がけてはいますけども・・・

*2:これによって一部の下流プロが淘汰される可能性も高いですが、一旦プロという立場になればその後は努力や工夫をたいしてしなくても何らかの報酬が得られるという今までの悪しき慣習よりはよっぽど健全だと思います

yukichi99yukichi992008/06/29 20:00今度くるニコニ・コモンズがどうなるかわかりませんが、今のcreaive commonsのようにNCとか指定できるようにして、商用利用のガイドラインをあらかじめ共有できるようにしておけばいいのだと思います。

あだとむあだとむ2008/06/30 15:05何というか、流石ですね……。率直な内容で、かつ完成されたエントリだと思います。

YoshikawaYoshikawa2008/07/01 00:56yukichi99さん、あだとむさん
 コメントありがとうございます。このあたり各種様々な要素が絡み合っていて難しいところではありますが、議論を重ねていってだんだんとゴールに近づいていけば良いとは思っています。

IstifaaIstifaa2012/05/16 13:48A litlte rationality lifts the quality of the debate here. Thanks for contributing!

vnmhbxflvnmhbxfl2012/05/17 12:42kUg5hH <a href="http://wsdpyjrurxee.com/">wsdpyjrurxee</a>

ngidqhchuyngidqhchuy2012/05/17 16:04qS3nO6 , [url=http://yvxoldunojnr.com/]yvxoldunojnr[/url], [link=http://rumafyoottme.com/]rumafyoottme[/link], http://tfukwrvgimfk.com/

flqfupbflqfupb2012/05/21 16:214uMj9E , [url=http://qowaeqgigbku.com/]qowaeqgigbku[/url], [link=http://qrnxyettkdqc.com/]qrnxyettkdqc[/link], http://mxixblztnmwl.com/

InissaInissa2013/08/15 11:10And to think I was going to talk to somenoe in person about this.

MarlenMarlen2013/08/23 20:35This has made my day. I wish all <a href="http://pvsiklv.com">pogitnss</a> were this good.

RoelRoel2013/08/25 22:49I can't belevie I've been going for years without knowing that. http://pkbyfmveww.com [url=http://zguuezrkcl.com]zguuezrkcl[/url] [link=http://cyyhwxyauce.com]cyyhwxyauce[/link]

MikeMike2013/08/27 15:21You've really helped me <a href="http://kqntbylnjox.com">unertsdand</a> the issues. Thanks.

MichaelMichael2013/09/04 06:04Hey, sultbe must be your middle name. Great post! http://vuorhsar.com [url=http://iqojuwjg.com]iqojuwjg[/url] [link=http://agbxdag.com]agbxdag[/link]

2008-03-31

ニコニコ動画を例えるならシューティングゲームではなくRPG

| 19:04 | ニコニコ動画を例えるならシューティングゲームではなくRPG - Yoshikawaの出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク - ニコニコ動画を例えるならシューティングゲームではなくRPG - Yoshikawaの出張所 ニコニコ動画を例えるならシューティングゲームではなくRPG - Yoshikawaの出張所 のブックマークコメント

 OGC 2008のニュースで濱野さんを始めとした「ニコニコ動画はオンラインゲームだ!」論を読んで、半分しっくり来たのだけど半分納得いかなかったので、それをずっと考えていますが未だに上手くまとまりません。でも今日ついったーのタイムラインに関連した話題が流れていたようなので、今時点の原稿で思い切ってポストしてみます。

===

 濱野さんはニコニコ動画をシューティングゲームになぞらえていたようでしたが、私はニコニコ動画の世界(以下ニコニコワールド)はオンラインロールプレイングゲーム(あるいは以前書いた育成ゲーム)に近いように思いました。

 ニコニコワールドには、「映画祭」といった主催者が用意したシナリオもありますが基本的にはそこで何をするかはプレイヤーそれぞれの自由です。アカウントを取得してニコニコワールドに参加したプレイヤーは、それで何をするかの選択を迫られますが、ワールドには既に先にやってきて「歌ってみた」シナリオや「踊ってみた」シナリオをプレイしたり「空耳」シナリオや「混ぜて見た(MAD)」シナリオをやっている先輩プレイヤーがいます。初心者プレイヤーは先輩のそれを見ながら各自の嗜好に沿って自由にシナリオを選び作品を作り登録します。どのシナリオを選ぶかは全くの自由です。自分が歌うのが苦手ならば、機械の声の人に「歌わせてみる」シナリオやツールをつかってダンスや紙芝居を作るシナリオを選べば良いのです。

 プレイヤーの成果はニコニコワールドでは経験値にあたる視聴数やレベルにあたるマイリスト登録数になって現れます。ニコニコワールドには既にレベルを究極まで上げた勇者もいて、彼らは他のプレイヤーからは伝説の勇者として称えられますが、多くのプレイヤーもこれを目指して日々面白い動画の作成・発掘に努めます。そうしたなかで特に成功した作品については、定期的に「○○回再生記念」といったイベントも開催されて盛り上がります。

 先ほど主催者がシナリオをあまり用意しないと書きましたが、ニコニコワールドではプレイヤー同士でどんどんイベントを企画して開催しています。先ほどの「○○回再生記念」以外にも○○さん誕生祭といった準公式的なイベントから、「見る専祭り」というような本当にいちプレイヤーが企画したものまで様々です。

 ニコニコワールドを一人で歩くのに飽きたら、パーティを組む事も出来ます。同じシナリオをプレイしている人同士でコラボレーションして作品を作っても良いし、MAD作品を踊ってみたり、歌わせてみた作品に絵をつけてみたりと別のシナリオをプレイしている人とコラボレーションすることも選べます。コラボレーション作品の場合は一般にボーナスポイントがつくので、経験値やレベルが上がりやすくなると言う利点があります。

 ニコニコワールドの経験値やレベルは積み重なるだけで下がりませんの一般に後から参加した人は不利になりますが、これを解決する為に各種ランキングシステムも導入されました。一定期間を区切って経験値やレベルを競うランキング形式では良い作品をあげると直ぐに有名になれるのと、見ている側もスリリングな感覚を味わえる為ニコニコワールドの住民には支持が高いです。

 そうそう経験値やレベルを上げる事に興味の無いプレイヤーは、「見る専」となってコミュニケーションを楽しむやり方もあります。他のゲームの場合は広場に座ってだべりますが、ニコニコワールドの場合はついったー等外部の場所で同じようにコミュニケーションを楽しむ事が可能です。広場には時々伝説の勇者も現れますので、彼らの動きを追ってみたり、お気に入りのシナリオのプレイ状況をBlogなどでレポートしたりと広報活動的楽しみができるのも他のオンラインロールプレイングゲームと同じです。

 ただ一つだけニコニコワールドが他のオンラインロールプレイングゲームと違う部分もあります。ゲームの中で装備品が購入できないのです。他のゲームでは経験を積むと通貨を得る事が出来て、その通貨を使って装備品を買うことでゲーム内のプレイヤーの分身を強化することができますが、ニコニコ動画ではそれは出来ません。装備品はゲームの外のリアルワールドで購入してプレイやー自身が装備できるだけです*1そういう意味では、Rogue、トルネコ、シレン、チョコボ系のプレイヤーが成長するロールプレイングと言ったほうがよいかもしれません。実際にニコニコワールドのプレイヤー間には別のコミュニティ(IRC)などがあってプレイヤー同志でスキルを交換する場ができています。

 どうでしょうか。ニコニコ動画をオンラインロールプレイングゲームになぞらえるとかなりイメージがし易いのでは無いでしょうか?

 私は別にオンラインゲームの定義だとか、仮想世界とオンラインゲームの境界決めなんてのをしようとは思わないのですが、こうしてニコニコ動画を既存のサービス(今回の場合はオンラインロールプレイングゲーム)との共通点を中心に考えていくと結構面白いと思っています。

 人が余暇に使う時間は限られていてそれをテレビとネットが奪い合いしているとよく言われますが、ネットに使う時間の中も、メールとサーフィンとSNSとゲームといったサービス間で奪い合っていると思います。そんな中でニコニコ動画が成功しているのは、従来のサービスと同じような方面でより大きな魅力を持っていた事にあるのでしょう。

(吉川 日出行)

*1:これがこのゲームの最大のワナかもしれないww

トラックバック - http://nicovideo.g.hatena.ne.jp/Yoshikawa/20080331

2008-03-16

気のせいだったら良いな・・(単なる走り書き)

| 23:48 | 気のせいだったら良いな・・(単なる走り書き) - Yoshikawaの出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク - 気のせいだったら良いな・・(単なる走り書き) - Yoshikawaの出張所 気のせいだったら良いな・・(単なる走り書き) - Yoshikawaの出張所 のブックマークコメント

 実はここ最近ほとんどニコ動を見ていないので、間違っているかもしれませんし、単なる勘違いかもしれません。でも私がちょっと感じているのが、ニコ動の参加者とか周りの環境の変化です。

 なんというのでしょうか、ネガティブというかはっきり言って他人の足を引っ張るような行動や反応が増えてきているように感じているのです。

 ニコ動が大きくなりすぎたというか有名になりすぎた影響なのでしょうかね?日本人特有のちょっと目立つ人を妬みやすい習性がでてきたのか、それとも単に参加者の人数が増えてそういう人種の接待数が増えてしまったのか、なんかそんな気がしています。

 杞憂だとよいのですが・・・

 仕事がひと段落ついたら、ちょっとゆっくり分析して考えたいと思います。

白2008/03/17 19:41あきらかに荒し目的の人間は増えてると思います。
ランキング上位で全く荒されてない動画は珍しいですから。

ただ、実数自体は相当少ないのではないかと。
根拠といえるほどではないですが、複数のIDで荒らされてる動画も全く同じ語句を大量に投下して
いるのでそのキーワードを除外すれば一発で綺麗になったりします。

だから、同一人物が複数のIDでスクリプトなどを使用して荒らしていると思えるです。
あくまで一使用者の主観ですが……

トラックバック - http://nicovideo.g.hatena.ne.jp/Yoshikawa/20080316

2008-03-03

作者達が今本当に求めているのはお金ではなく安心

| 00:26 | 作者達が今本当に求めているのはお金ではなく安心 - Yoshikawaの出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク - 作者達が今本当に求めているのはお金ではなく安心 - Yoshikawaの出張所 作者達が今本当に求めているのはお金ではなく安心 - Yoshikawaの出張所 のブックマークコメント

 ひと月ほど更新していなかったので、ほったらかしにしているのではないということを示す意味でも、最近思ったことを書き出してみました。

 ニコニコポイントの議論が盛んですね。作者に何かを還元したいという気持ちからの話だと言うことは判っているし、基本的な趣旨にはおおむね同意しますが、以前から言われてきた謙儲のはなしもあっていろいろと議論を巻き起こしてはいるようですね。私もこれだけニコ動への参加者が増え作品の投稿スピードがあがり、そして今日NHKのあっとヒューマンでも取り上げられたほどに世間での認知が進んだ今となっては、作者への還元や良い作品への評価が現状のリスペクトだとか評判だけというのは確かに物足りないというか片手落ちであるということを感じてはいます。

 でもそもそも趣味だからこそ、アマチュアだからこそニコニコ動画の場に参加して楽しんでいるという趣旨の人もいると思います。彼らにとってはポイント制導入は弊害や抵抗感が多くなるだけのような気がします。また一部のコンテンツホルダー(一次権利保有者)では、金銭面での動きが小さいからということがお目こぼしの理由になっている感もあるので、そこへの影響も読みきれません。

 私個人的には、以前にもどこかに書いたかもしれないですがニコ動で直接儲けられなくても例えばそこからデビューしたとか、ニコ動のヒットで既存の関連商品や他の作品が売れたとか、ポイント制以外のいろんな還元手法として複数ラインが並行して育って実現する流れを希望しています。当然その中には、創作したコンテンツでは一切儲けないというまさに日本人に多い清貧の思想をもつ人達にもきちんと光があたる手法(例えばそういう作品は元の商品のバージョンアップの時にコンテンツホルダーが公認して同梱してしまうなど*1)も残さないとニコ動の輝きは直ぐに失われてしまうでしょう。金銭面での手法だけが充実すると、多分今微妙なバランスで揺れながら保たれている場が大きく崩れるように思います。

 これは運営側のドワンゴ/ニワンゴの収益面での施策とも密接に絡むと思いますが、今の場が持つ良い意味での多面性やネタ(作品)中心主義による価値観の違いの吸収力を損なわないようなマネタイズの手法をできれば複数、それこそ皆で探し出せすことを願っています。

 そんなことを考えていてふと思ったのが、

 今のニコ動にいる作者達が欲しいのは本当にお金なのだろうか?

 ということ。多分違うんではないですかね。彼らが今一番欲しいのお金ではなく安心なのだと思うのです。ニコ動に上がる作品の多くはMADといわれる他者の権利物を利用しての作品です。MADに限らず歌ってみたや踊ってみただって現時点ではグレーゾーン(というか親告されたら多分アウト)だといわれており、作者達はいつ申告されるかわからないというリスクを抱えていることになります。したがって彼らの大半は匿名で参加しています。そして匿名である限り、前述したようなここからのデビューといった形での還元の可能性はほとんどゼロになってしまっています。

 金銭面で還元する前に彼らに安心を与えてあげたほうが、この場はもっと発展すると思っています。

 と、一言で書きましたがこれは結構難しいことですね。一旦2次利用を許すと際限がなくなる可能性がありますし、それこそそこにつけこんで儲けようという悪徳商法のようなものの餌食になってしまうかもしれません。多くのコンテンツホルダーが株式会社組織であることを考えると株主への説明責任もあってなかなか踏み込めないというのが正直なところなのでしょう。

 これをブレイクスルーするためには、今のところあらかじめネットでの2次創作を想定した形でのコンテンツを用意するしかなさそうです。例えばVOCALOIDシリーズは、たまたまですがそういう形態のコンテンツとなっています。しばらくすればこういうのを参考にした次の素材がどこかから提供されると思います。一刻も早く出てくることを願います。*2

 

 と後はもしかすると全く逆の流れから突破口が開かれるかもしれません。どこかのコンテンツホルダーや守旧派代表の頭の固いキー局あたりが急に取締りを厳しくして作品の一斉削除や親告罪での告発を多用して、その結果ファンから愛想をつかされて業績が急下降するようなことが起きれば、一挙に流れが逆のほうに傾くかもしれません。

 

 うーん短いスパンで見ると実は最期のシナリオが一番可能性が高かったりするかも。いっちょ、やらかしてくれないかなぁT○S*3さんとか(笑)

(吉川 日出行)

*1:ちなみにバンナムPの作品って、実はこういう将来考えうる手法や施策を検討したり試すために始めたと見るととても面白いかも、です。

*2:しかしこれずっと待っているのに、なかなかでませんねぇ。

*3:正直に告白すると私は非常に根に持つタイプなのであの放送は忘れていません。最近ミクが有名になってきてTVに出るようになりましたが、今後も「某局にだけは出演させん!」とかそういう意趣返しを実は期待している意地悪な人です

matarimatari2008/03/04 10:08久し振りに訪れたら更新お疲れ様です
ニコニコ動画の場合「同様の趣味を持った同士でワイワイやりたい」
という意図で制作者が集まっているように感じております

EXAEXA2008/03/26 09:06念カキコ成功といいたくなるぐらい激しく同意な記事であります。
「作者が本当に欲しいのは安心」というのはあると思います。
ひろゆきがニコニコの顔になることで「ひろゆきに護ってもらえる」感というか
そういう安心感が当初からあったんではないでしょうか。

> あらかじめネットでの2次創作を想定した形でのコンテンツ

ニコニコが動きました。これ大成功するといいですね。

ニコ動で「MAD推奨」の新作アニメ配信 「アニメチャンネル」オープン
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/18/news008.html

ultraluckystarultraluckystar2008/05/19 21:17素材が提供されているのに最多再生数が3桁という悲しい事例も・・・
http://www.nicovideo.jp/search/wrapmixer?sort=v

トラックバック - http://nicovideo.g.hatena.ne.jp/Yoshikawa/20080303

2008-01-06

タグの発展6段階説

| 09:57 | タグの発展6段階説 - Yoshikawaの出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク - タグの発展6段階説 - Yoshikawaの出張所 タグの発展6段階説 - Yoshikawaの出張所 のブックマークコメント

id:kynbit氏のついったーでの発言にあったタグの成長4段階説「誕生期」「成長期」「円熟期」「衰退期」を私が勝手に拡張して6段階説にしてみました。

以下、各段階の命名と定義など。

  • 「誕生&潜伏期」あるネタの動画が投稿されるがマイナーであったりネタとしての魅力が乏しいため誰も注目しない
  • 「発見期」 「すごい動画」の投稿によりそのネタが皆に発見され知れ渡る。最初の面白い「混ぜ」「Remix」作品が出てアクセスを集める。
  • 「成長期」 ニコ動定番の混ぜが行われる時期。ニコ動定番の混ぜとは「倒せない」「盗んで行きました」「キワミ」「ミク化」「歌ってみた」「描いてみた」など。最初のまとめ記事が出るのはこの頃。
  • 「爆発期」 そのネタ独自のアレンジ、いままでにない全く新しい「混ぜ」などが行われて再爆発をする時期。場合によってはここから次のあたらしいネタが誕生することもある。アクセス乞食的に全然関係ない作品にそのネタのタグが貼られてしまう時期。*1
  • 「安定期」 歴史などが語られWikipediaに解説が充実していくのもこの頃。このころになるとだいたいのパターンが踏み尽くされてしまっているので、新しい作品が投稿されてもたいていが○番煎じという印象になってしまう。
  • 「衰退期」 飽きられてそのネタの作品が作られなくなり、徐々に衰退していく時期。

で、例えばチーターマンの作品数遷移グラフ(10万再生以上の作品はグラフ内にプロット)で当てはめてみると

f:id:Yoshikawa:20080106025605j:image

 最初の「[クソゲー] チーターマン 2 プレイ動画」(2007/6/13)が登録されて「伝説のクソゲー チーターマン2」(2007/10/16)で取り上げられるまでが「誕生&潜伏期」で、その後「伝説のクソゲー チーターマン2」(2007/10/24)が登場するまでが「発見期」でしょうか。

 そして最初の立ち上がりの2007/10/25の投稿作品数が約40作品なので、投稿数ピーク126(2007/10/27)を過ぎて42作品まで落ち着いた2007/10/31までを「成長期」として、「チーターマン的MIDI」(2007/10/31)を生んでもう一度投稿数が上がった2007/11/4までが「爆発期」というイメージ。

 後は 「安定期」に入ってチーターガールへ集大成された2007/11/10ころから「衰退期」って今という感じでしょうか?

f:id:Yoshikawa:20080106025604j:image

 若干「爆発期」周辺の定義や切り分けが甘いような感じがしています。実際には他のいくつかのパターンを見てほんとうにこういうパターンになるのかをきちんとみないとだめでしょうし、どんどん突っ込んで貰ってかまいません。どなたか修正して貰って修正6段階説とかにして貰ってかまいません(笑)


 ちなみに、今話題?の「呪いの館」タグをグラフにするとこんな感じです。

f:id:Yoshikawa:20080106025603j:image

 この場合「潜伏期」がなく「発見期」は1日だけで、いまイキナリ「成長期」ということになると思います。

 今日1/6の新規作品数が100個を越えると初期の立ち上がりがチーターマンと同じヒットになります。

*1:アクセス稼ぎ目的のイタズラタグは「爆発期」ではなく「成長期」の特徴かも知れないと一晩寝たら考え直したので一応注記

LuzLuz2013/08/16 17:32Yup, that'll do it. You have my apciopratien.

KirikisKirikis2013/08/24 15:48<a href="http://kfjksfbf.com">Arlcties</a> like this are an example of quick, helpful answers.

KenjiKenji2013/08/25 05:56That's a crajekrcack answer to an interesting question http://swpmabrs.com [url=http://kclchtnvcac.com]kclchtnvcac[/url] [link=http://wocpwwca.com]wocpwwca[/link]

NeerajNeeraj2013/08/27 20:37Your cranium must be <a href="http://ggiuud.com">prcttoeing</a> some very valuable brains.

ZulfiZulfi2013/09/04 08:38This indeotucrs a pleasingly rational point of view. http://scolhndar.com [url=http://pjjkyowt.com]pjjkyowt[/url] [link=http://cxigzzuu.com]cxigzzuu[/link]

トラックバック - http://nicovideo.g.hatena.ne.jp/Yoshikawa/20080106

2007-11-04

ニコニコ動画はピラミッドの裾野にまで優しい希有な「場」

| 23:42 | ニコニコ動画はピラミッドの裾野にまで優しい希有な「場」 - Yoshikawaの出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク - ニコニコ動画はピラミッドの裾野にまで優しい希有な「場」 - Yoshikawaの出張所 ニコニコ動画はピラミッドの裾野にまで優しい希有な「場」 - Yoshikawaの出張所 のブックマークコメント

 yuukirinさんの「初音ミクはどこへ向かうのか | Fluorescent lamps」という記事を読んで、ちょっと思ったことなどを。

 yuukirinさんはここで、最近の初音ミク作品が余りにもレベルが高くなりすぎて、初心者さんが「作ってみた」では太刀打ちできなくなってしまい、作品投稿の敷居が高くなって、最終的に「このままではミク作品は先細る気がしてなりません」と心配されています。

 どうなんでしょうか。ある程度あたるような気もするし外れるような気もしています。

 初音ミクに先行してニコニコ動画でブームになった「アイマスMAD」なんて既にかなり高レベルの作品ばかりに成っていますがそれでも未だに参入する新しい職人さんがいますし、よくよく見ていくとそのなかにはかなりレベルの低い作品もかなりあります。一部では「アイマス系」は内輪受けになってしまったと嘆かれていますが、私は未だそうは思っていません。

 だから初音ミクもあまり心配しなくても今後も投稿は続くような気がしています。またVOCALOID2としてみれば12月には新作が出るわけで、この新作が出たてのころは、また単に「歌わせてみた」だけでも新しい扱いになるので一端敷居が下がることも予想されます。

 

 実は最近ニコニコ動画を創作の「場」として捉えて、なぜあんなにも活発に独創的な作品が次から次へと生み出されるのかを観察・研究し仲間と議論をしています。この議論の一端を近々本家にまとめて書いてあげてみたいと思っているのですが、その中のひとつにニコニコ動画の観衆の優しさとか暖かさがあると思っています。ニコニコ動画では、例えレベルの低い作品でも作者に向けて暖かい言葉やアドバイスが投げられることが多く、これが作者のモチベーション維持に大きく寄与しています。先ほどのアイマスMADや最近の初音ミクの中に散見される、イマイチな作品でも必ずといって良いほど「次に期待!」「ガンガレ」というようなコメントがつくのです。この風土がある限り、ピラミッドの底辺に参加しようという若者は減らないし今後もそういう若者を集める事が出来るように私は考えています。

 もうひとつ、yuukirinさんは初音ミクだけでピラミッドを考えているようですが、ニコニコ動画全体でピラミッドを考えると違う視点も見える気がします。もし、初音ミクはプロのようなレベルの人だけが扱える上級者向けの題材と言うことになっても、その際には他の人は別の題材をネタにして作品を作るでしょう。だから全体としての裾野は多分狭くならないし、その際の初音ミクは他の作品を作る際に技術的・アイデア的に参考にされるリファレンスというポジションになると思われますので、やはりそう衰退はしないように思っています。

 つい先日イキナリのブームになったチーターマンなんかをみていても、過去のアイマスMADもイキナリや初音ミクのアイデアがふんだんに使われ、そして逆にチーターマンからの逆輸入もありますね。そしてこうした新しいブームによってニコニコ全体に新陳代謝が起こり一皮むけた印象も受けます。

 私も以前初音ミクに可能性がないとすぐに飽きられるのではという趣旨のエントリーも書いたのですが、どうやらニコニコ動画という場の大きさと今の風土があれば、初音ミクという題材はもうしばらく続きそうですし、それが残したモノは相当先まで影響を与えて残ると思います。

(吉川日出行)

トラックバック - http://nicovideo.g.hatena.ne.jp/Yoshikawa/20071104

2007-10-20

ニコニコ音楽への期待とドワンゴが権利管理団体になる可能性について

| 16:27 | ニコニコ音楽への期待とドワンゴが権利管理団体になる可能性について - Yoshikawaの出張所 を含むブックマーク はてなブックマーク - ニコニコ音楽への期待とドワンゴが権利管理団体になる可能性について - Yoshikawaの出張所 ニコニコ音楽への期待とドワンゴが権利管理団体になる可能性について - Yoshikawaの出張所 のブックマークコメント

ニコニコ音楽について

 あまり報道されていませんが先日のRC2発表会ではニコニコ音楽というのが資料の中に記載されていました。質疑応答の中でもこれについては、突っ込まれましたがこれについては当日はノーコメントという回答しかもらえなかったので、多分ドワンゴ/ニワンゴの中では相当に企画が進んでいるものだと思います。

 このニコニコ音楽ですが、予想できる内容としては、

  1. ドワンゴ/ニワンゴがとりまとめ役になってCDを出す
  2. ドワンゴ得意の音楽のダウンロード販売

あたりだと思います。実のところ先日からニコニコ市場で携帯用音楽の提供が始まったみたいですし、これなんてなんか私にはニコニコ音楽の伏線のようにも見えたりします。

 さて、別なところでニコ動で行われている創作活動について書きました。でやはりその記事の中では微妙な問題の知的所有権関連には触れない形で書くしかなかったわけなんですが、今、世の中ではネットにおける既存コンテンツの知的所有権やその使用料等をどうするかというのが問題になっていていろいろと話が盛り上がるっているようです。これはこれで重要な問題としてどこかで良い解決案が出て皆が幸せになれるような落としどころが見つかることを思っています。実際私もコンサルタントという職業上では文章などのコンテンツで商売をしているわけで、ささやかながら当事者のひとりであると思っていますので。

無名の才能に対してリスペクト以外で報えないものだろうか

 この権利者問題なんですが既存の権利者の話以外に、もうひとつ今のニコ動で無名の才能(素人)が新たに生み出しているコンテンツの権利やその作者への利益還元という議論もあって良いと思っています。ところが今のところこういう話が議論される事はあまり無いようで、個人的にはちょっとがっかりしています。無名の才能が、既存の権利管理の仕組みを使うのは難しいと思っていますので、今のままでは無名の才能が名誉以外のリターンを得るのはかなり大変*1だと想像しています。

 で、もしこういうことが実現すると作者にどれくらいの収入があるか計算してみようと思い、参考までにJASRACのページを見てみたところ、楽曲を動画などの音楽以外を主とした利用でダウンロード配信する場合1曲1回4.4円の使用料となるようです。このうち中間マージンを除いて作者にはいるのがどのくらいの割合なのかはよく判りませんが、まあ50%の2.2円としましょう。これをベースに今話題の初音ミク関係のオリジナル曲で計算していると、例えば「みっくみく♪」が113万回再生なので約250万円、「恋スルVOC@LOID」で28万回再生なので約60万円、「あなたの歌姫」で25万回再生で約55万円という金額が出てきます。もっとも今のニコ動では再生時に課金されませんのでこの再生回数をベースにした金額はあまりあてにはなりませんが。

 でも実際にネット上で生み出された良い作品やあるいはそういう良いを生み出そうとしているインフラにお金を払っても良いという人は、現時点でも案外多いのではないでしょうか?今の初音ミクで散見されるようなレベルの高い楽曲ならMP3のダウンロードになら百円くらいは払っても良いという書き込みなんて時々見かけます。またニコ動のプレミアム会費は「お布施の気持ち」で加入しているなんて記述もありますね。このあたりはコミュニティというかなんかあったかい相互扶助的なものも感じます。古い世代の私は、昔にインプレスがネット媒体としてメルマガのInternetWatchを月間500円くらいで有料化したときも、情報料としてではなく新しい試みを応援するためにお金を払いますっていう意見が結構あったのを思い出しました。

 今度出来るニコニコ音楽でドワンゴ/ニワンゴが音楽の配信(または販売)でお金を取ってそれを無名の才能の才能へ一部でも還元できるような仕組みが出来ると良いなー、なんて考えています。

ドワンゴ/ニワンゴが権利管理団体になる?

 別の視点でも見てみます。こうした無名の才能の作った音楽配信ビジネスが成り立つかどうかってことなんですが、これも最後はやってみたいと判らないと思いますがこれって仕組みを一端作ってしまえばあとは、その仕組みの利用回数に比例して中間マージンを得ることのできる「チャリンチャリンビジネス」なんで結構勝ち目はあるんではないでしょうかねぇ?

 ここまで考えて、実はもしかするとこの先に凄い宝が埋まっている可能性に気づきました。ドワンゴ/ニワンゴがこういったことをやると、その延長でドワンゴ/ニワンゴってもしかして著作権管理会社のひとつになるんじゃないかと!

 確かJASRACってその下部にいろいろな権利管理団体を持つような構成ではなかったでしたっけ*2。下部の会社のそれぞれの縄張りというか管理範囲は、これまで音楽だとかソフトウェアだといったコンテンツの種類毎に分かれていたと思いますが、この縄張りに無名の才能作成分、ネット上の共同作業で生み出された分というのが増えても全然おかしくない。

 例の記事で書いたようにニコ動が、今後もしネット上での作品制作のデファクトスタンダードになり、そのプラットフォームに簡単に使える権利料徴収機能(例えば登録時のクレジットカードで決済し権利者にもカード口座でペイバックするなど)がついていたら、どうなります?これってドワンゴ/ニワンゴがネット上で生み出されるコンテンツの権利管理の胴締めになる可能性を示唆していますね。今のネット通販におけるAmazonのポジションを得る可能性があるわけです。これって凄い利益が上がる可能性があるんじゃないかと、こりゃドワンゴの株を今のうちに買っておくべきか!

今後の展開に期待

 RC2発表会では他が出来ないニコ動ならではのことをやりたいと言っていましたが、これってまさにニコ動でないと出来ないことですね。

 今すぐにこれが全部実現するわけでは無いですがドワンゴ/ニワンゴって現実主義的考えで「とりあえずやってみて、結果を見てから判断」て人が多いようですので、ネット上での作品制作のデファクトスタンダードと出来上がった作品の権利料徴収プラットフォームなんてものも、ちょっとやってみようかんてノリで作ってしまうかもしれません。

(吉川 日出行)

*1:正直私はJASRACの仕組みをいまいち判っていないのでもし違っていたらすいません

*2:ここも裏取りしていません。嘘だったらすいません

EXAEXA2007/10/26 02:53なんか手違いなのか操作ミスなのか、トラックバックがいくつも飛んでしまったようです。不都合でありましたら、適宜削除くださいませ orz