Hatena::Groupnicovideo

なつみかん@ニコ部 RSSフィード

2007-11-27

ニコニコのアイマスMAD作者がツンデレカルタ制作に関わった問題 ニコニコのアイマスMAD作者がツンデレカルタ制作に関わった問題 - なつみかん@ニコ部 を含むブックマーク はてなブックマーク - ニコニコのアイマスMAD作者がツンデレカルタ制作に関わった問題 - なつみかん@ニコ部 ニコニコのアイマスMAD作者がツンデレカルタ制作に関わった問題 - なつみかん@ニコ部 のブックマークコメント

カルタについて

何か論点が大幅にズレているので書いておきますが、某板議論スレでも

  • 商業デビューするな
  • 金儲けするな

とは誰も言っていません。嫌儲とか嫉妬ではないのです。要約するとただ一点、

  • 自分たちの遊び場に少しでも危険が及ぶような事は避けてほしい

という事で、具体的には

  • ニコニコ(のアイマス界隈)から離れるならせめて名前から「P」は外した方が良いのではないか

という事です。これはどうでも良いと思えるほど小さな問題かもしれませんが、ニコニコもアイマスも関係のない場所でそこでの通名を使うと「何か関係があるのでは」と誤解を招く恐れがある…との危惧からでしょう。今回のカルタは独自の企画であって、ニコニコ動画ともアイドルマスターとも何の関連もないわけですから。

MADについて

現在MAD、特にアイマスMADは大幅に黙認されている状態です。半ば公認と言っても良いかもしれませんが、それでも「黙認」と「公認」とは全然違います。権利者が動けばいつ全削除されてもおかしくない状況で「これだけ黙認されているから事実上公認だ!」と第三者が言う権利は全くないと思います。例え、

  • 再生数が多い
  • 件数が多い
  • 技術的にも素晴らしい
  • アキバの店頭でも流れていた

からと言っても、これらは免罪符にはならないでしょう。

あくまで現在は「黙認して頂いている」「遊ばせて頂いている」状態です。それを「もはや公認なんだよ!」と主張するのは増長している、調子に乗っているとしか思えません。結果としては黙認が続くとしても権利者サイドへの感謝は忘れてはならないと思うのです。それを当然与えられた権利のように振る舞っている人が結構いたのはカルタ以上に驚きでした。


余談ですが、MAD制作者には慎重な意見が多く、見るのが専門の人には開放的な意見が多いようです。いずれにしても、例え権利者にとってわずかにプラスになっていたとしても「黙認して頂いている」事を忘れないようにしたいものです。