Hatena::Groupnicovideo

花見川@ニコニコ部

初めての方はこちらへ

2007-09-08

[]アイマスMADがまた1つ、壁を越えてきた 10:12 アイマスMADがまた1つ、壁を越えてきた - 花見川@ニコニコ部 を含むブックマーク はてなブックマーク - アイマスMADがまた1つ、壁を越えてきた - 花見川@ニコニコ部 アイマスMADがまた1つ、壁を越えてきた - 花見川@ニコニコ部 のブックマークコメント

ここしばらくは、わかむらPのパーフェクトスターが1つの頂点で、これに近いクオリティないしは超えるような作品群が出てきたらアイマスMADはまた1つ壁を乗り越えることになるだろうな。と考えていたものの、とうとうその波が来たようで。

それぞれ最初はコメント無しで見ることを推奨したい。


シンクロ+エフェクト

同じくわかむらPの作品。


アイマスMADを大雑把に分類すると、PrincessBride!のようなシンクロ系とパーフェクトスターのようなエフェクト系の2つに分類されるのだけど、このInside of mindはエフェクト系の作品であるにも関わらず、そのエフェクトそのものでシンクロを達成してしまっている。調和(シンクロ)を達成するためにエフェクトを用いてるから、エフェクト系とシンクロ系の両方の良いとこ取りなんですね。これはもう壁1つ越えたな、と。


で、さらにはこんな"課題"まで用意してくれた。

f:id:TK-matu:20070908102247j:image

この千早がそのまんま横になってるエフェクト。

こんな手法は今まで全く無かったのだ

コメントでも「SUGEEEEEEE」やら「これどうやってんだ?!」という言葉が並ぶ。えこPのときのようにまた界隈のレベルアップに貢献しそうな良い課題になりそうである。



エフェクト+世界観

「いやあ、わかむらPを超えたのはわかむらPだったか……!」とか思ってたら、しばらくしてトンでもない作品が出てきた。

最近株価急上昇中のATollPがやってくれた。


ちょっと前まで考えてたのが、「これからの作品はエフェクトだけ、シンクロだけ、とかではたぶん進化に置いてかれる。エフェクト系でもシンクロ系でも何か別の要素も取り込まないと注目されないだろう。」と予想してた。

で、この作品はエフェクト系の作品なのだけど、元ネタ世界観MADで再現するということを忠実にやってくれた。元ネタ攻殻機動隊の世界をアイマスという"文法"を用いて再現したわけだ。そして何ら違和感が無い、という点ですでに成功してしまっている。

f:id:TK-matu:20070908104603j:image

f:id:TK-matu:20070908104302j:image

この下側のシーンなんかは、モニターの光量が上がった時に、見てる観客にちゃんと光が当たってる処理すらされてて、どんだけ労力割いてMAD作ってんだよと良い意味で呆れてしまった。




シンクロストーリー

次はぷげらっちょPの新作。

「ん?なにこの普通の作品?」と思うかもしれない。


確かに先程の2つの作品のような派手さは無いのだけど、シンクロ系の作品として実は結構画期的だったりする。

演出効果は確かに入ってるのだけど、これはシンクロ系に分類される作品で、じゃあただのシンクロ系作品かと言うとそうではない。

ダンスの高シンクロを達成しつつ、演出効果を用いることで1つのストーリーも表現したというハイレベルな作品なのだ。

f:id:TK-matu:20070908111012j:image

f:id:TK-matu:20070908111429j:image

やよい、亜美伊織の3人のうち亜美医者の娘で伊織お嬢様、やよいは大家族貧乏というゲーム本編の設定のうまく利用してる所も秀逸。しかもストーリーの設定上小中学生っぽいキャラの方が良いから必然的にロリトリオになる。みんな大好きロリトリオ、人気が出ないわけがない。どこまで巧妙に作ってんのか、と。




”表情”という新領域

今回の極めつけはこれ。

サムネイルの時点でただならぬ雰囲気が漂っているのだけど、今回はなんと静止画MAD

「え?じゃあ何を編集したの?」と思うかもしれないけど、今回は律子の表情が動く。各感情を表現する表情をイチから全部作って曲と合わせたのだ。静止画MADの中で律子が口を開き、眉を動かし、顔をしかめたりしながら熱唱している。そんな表情、もちろんゲームの中にあるわけがない。

えこPは最も繊細で下手すると作品自体が崩壊しかねない危険さを持つ「表情」というものを本格的に編集してきたのだ。

(俺が何を言ってるのか解らないのであれば、動画を見てくれた方が早いと思う。)



今まで口パクを歌に合わせて一枚一枚書き込んで違和感を無くす、という方法はあったが、ここまで顔を本格的にいじるなんてことは誰も出来なかった。そもそもやろうとは思わないだろう。シンクロ率を上げたり、エフェクトを工夫するなりした方が無難である。

しかし、えこPはダンスも演出もエフェクトも全て捨てて、ほぼ曲と表情だけで勝負してきた。これは凄いことである。

f:id:TK-matu:20070908114154j:image

f:id:TK-matu:20070908114152j:image

動画の途中では、顔をしかめ、アイドルらしからぬ表情も多々見られ、ある意味律子じゃないと成り立たない動画かもしれない。*1

このタイプ動画はあまりにも敷居が高すぎるため、これ一代限りで終わることも考えられるが、後世のアイマスMADに与える影響力はとても大きいものになるだろう。


現在の過剰エフェクトMADに対する皮肉とも取れる”問題作”である。


感想

このレベルまで来てしまうともはや一般のプロモーションビデオの領域であって、MADの元になった方は著作権侵害とか言わずに金払った方がいいんじゃないかと言えるレベル。つうか、著作権侵害とか言ってたら勿体無さ過ぎるぞ、これは。

アイマスMADはどこまで行くのか」とよく言われてるが、本当に総合芸術の領域まで行ってしまいそうで目が離せないというより、ある意味怖くもある。本当にどこまで行くんだろうか……。

*1:悪い言い方をすれば「汚れ役」とも言えるかもしれない。

TERRAZITERRAZI2007/09/08 13:15逆かもなぁ。このレベルまで来ちゃったから、黙認できなくなる。
ex「ドラえもんの最終回」

ch1248ch12482007/09/08 14:16うーん、それも「ニコニコ市場」があるせいか事情がちょっと違うみたいなんですよ。
何度もニコニコのランキングで一位を取り、「アイドルマスター Perfume パーフェクトスター・パーフェクトスタイル PV風」をはじめ、perfume系のアイマスMADが事実上黙認されてるのも、perfumeのベスト盤がニコニコ市場経由で2000枚以上売れてるのが理由っぽいですし。(ポルノのミュージック・アワーのMADもあったが、そっちは削除された。)
アイマスのCD使ったMADも曲を全部入れちゃうと削除されるんですが、短くまとめたshort ver.みたいなのを作って動画公開すれば削除されない。少なくともアイマスの大元の関係者とperfume関係者はうまいことCMとして利用してるっぽいですが、アニメ関連だと結構削除が多い。
そこいらがもうちょい自由になって欲しいかな、という。

SakurabaSakuraba2007/09/08 16:37アイマスMAD動画の進化を考えた時に大きな壁となるのは、素材の問題だと思っていて。
ようするに素材としてゲーム内の動画・画面写真を使ってますと。
限られた同じ素材で皆作ってるから、そのうち見慣れて飽きられちゃうんじゃないかと。

だから、これからの注目点としては「飽き」に対して職人達がどのようにして対抗するのか。
新鮮さを出すためにはどうすればよいか。
わかむらPのエフェクトや今回のえこPのように絵を弄ったり、先月目立った手書き動画は、その答えの一つでしょうね。

CujoCujo2007/09/08 20:04宣伝になってたとしても、TERRAZIさんが例に出してる「ドラえもんの最終回」を題にとると、本家のPVを超えるような^h^h^h^h^h^h^h間違われるような物が出てくるようになったらやばいということなるのではないかと杞憂を一席。

hunirakunirahunirakunira2007/09/08 23:38うーん、どうでしょうか。あ、失礼いたします。
ドラえもん最終回の同人誌の件は、利益が出てしまっているので、単純に比較するのは難しいかと思われます。

ot02070ot020702007/09/09 02:26えこPの新作は、好き嫌いはともかく新しい作品ですね。
と言いますか、えこPは他の方と違う作品を作るイメージがあります。
それは作品のレベルと言う意味ではなく、作品の方向性という意味で。
最近はただ美しかったりシンクロしているだけでは再生数が伸びませんね。
確かに飽きが来つつある様な気がします。
それをどのように乗り越えるのか楽しみです。
著作権の問題は、難しいですが、好きな作品が消されない事を願うばかりです。
長文失礼致しました。

poporo8107poporo81072007/09/09 02:33初めまして、失礼します。ニコニコとアイマスがくっつくことで新たな市場が出来ていて、そこでどこまでが許されてどこからが許されないのかが未だ不透明と言いますか手探りなのでしょうね。市場として成立している以上、商品として価値があるかないかが問題なわけで、良い作品かどうかは二の次かと。ただ現象としては素晴らしく面白いのでどうにかアイマス陣営にはうまいこと生かす道を取ってもらいたいと思います。
長文失礼しました。

hetohetohetoheto2007/09/09 09:45洗練されてはいるけど、クオリティはあがればあがるほど
既存の商業作品とおなじになっていくわけで、正直つまらんですねー

YoshikawaYoshikawa2007/09/09 10:24 いやー、秋スペとか底辺P祭りをみてまさに私も最近思っていた事を的確にまとめていますねぇ。先を越されました。さすが。
 ニコニコ動画という場の存在とそこにおけるアイマスとその関係作品の権利保持者の配慮(判断?)がまさに、日本における新しい文化を生み出すきっかけになっていると思います。これまで市井に埋もれていた新たな才能やこれまでにない面白いアイデアを育成するこういった場は、長期的な視点に立てば世の中の役に立つ不可欠な物だと思います。
 だから、今のアイマスMADに「著作権侵害だ」とか一言投げ捨てるだけだとか、必要以上に敵視するのはあまり関心しません。でも最近時々見かけるようになった、「宣伝になっているからいいじゃないか!」とか「売り上げに貢献したのに勝手に削除はけしからん」みたいな論調もこれまた違和感を感じています。権利侵害されて不満に思うかどうかはあくまで権利保有者の意思で、それをとやかくいう権利もないはず。
 そんな微妙なバランスのなかで、今のアイマスMADは制作者側も見る側もそして権利者も比較的上手にバランスを取って上手く場を育成していると常々関心しています。そしてあまりにも絶妙なバランスなので、これがいつまでキープできるのかともハラハラしながら・・・
 本当はグレーでない公然とMADを制作できる環境(例:バンナム主催のアイマス画像と導入歌だけの利用に限定したMADコンテストなど)を小さくても作っていければ良いのでしょうが、それには手間と時間がかかりすぎるのでしょうねぇ。

 2007/09/09 11:39すごくはあっても面白くはなかったりして。ワンダーモモーイ以来感動するのはないですねえ。

ch1248ch12482007/09/10 19:03
■Sakurabaさん
「素材の問題」は将来的に大きな壁になることは確かですね。
陰陽師MADがあのシンプルなダンスで約1ヶ月半もったことを考慮すると、アイマスは16曲分の振り付けが存在するので単純計算して、16 X 1.5ヶ月=24ヶ月は大丈夫という計算にはなりますが、アイマスMADの作成量は膨大なので、2年もつかどうかは微妙ですね。(職人は逆再生やカメラワークなども駆使してますが、これを語ると長いので省略)
バンナムが新曲を3曲ぐらい入れたアペンドディスクでも出してくれれば、かなりラクにはなるとは思うんですけどね・・・。


■Cujoさん
個人的には、5月半ば~末の時点で本家のPVを超えてるものがすでにいくつも出てますね。というより、本家の「IDOLM@STER」はPVではなく”育成ゲーム”なのでMADに関してはバンナムから文句言われることは無いと思いますよ。
(PVは「ゲームの一部」であり、ゲームそのものではない、という意味で)

■hunirakuniraさん
今回の例をドラえもんに例えると、「同人誌」と例えるのはちょっと不適切で、言うなれば「ドラえもんの1コマをモチーフにした絵画」と捉えるのが適切でしょうね。構図などはかろうじて原作の雰囲気を残していますが、基本的には別のモノ、というか。


■ot02070さん
えこPは毎回圧倒的な労力をMADに注ぎ込んで、見ているものに驚きを与えるイメージがありますね。界隈全体から見て、問題提起みたいな意味合いがあるかもしれません。

ch1248ch12482007/09/10 19:24
■poporo8107さん
うーん・・・、週間アイドルマスターランキングをはじめ、「良い作品を掘り起こそう!」という動きがニコニコ動画内にあるので、市場とはちょっと違ってくる部分はあるにはありそうです。(良い動画だったら自分も紹介しますし)


■hetoheto氏
利潤構造が無いのに「商業作品と同レベルの作品」が何故タダで見れるのかを考えてみると色々楽しめるかもしれません。


■吉川さん
おお、どもです。
そこまで褒めていただくと何だか照れくさいですねw

>>だから、今のアイマスMADに「著作権侵害だ」とか一言投げ捨てるだけだとか、必要以上に敵視するのはあまり関心しません。でも最近時々見かけるようになった、「宣伝になっているからいいじゃないか!」とか「売り上げに貢献したのに勝手に削除はけしからん」みたいな論調もこれまた違和感を感じています。権利侵害されて不満に思うかどうかはあくまで権利保有者の意思で、それをとやかくいう権利もないはず。

よく、わかります。あくまで中立という。
ただ・・・、自分はMAD作成者に感情移入し過ぎてるせいか、秀逸なMADが削除されてしまうと並々ならぬ怒りを感じてしまう所が多少アレですね。著作権の大幅な改正の可能性が薄いことを考えると、毎回毎回怒りを感じてるわけにもいかないのですが・・・。

>>本当はグレーでない公然とMADを制作できる環境(例:バンナム主催のアイマス画像と導入歌だけの利用に限定したMADコンテストなど)を小さくても作っていければ良いのでしょうが、それには手間と時間がかかりすぎるのでしょうねぇ。

現在のアイマスMADは「なんでもあり」って部分がけっこう大きいですね。
ある人は音楽PV風に作り、ある人は映画の予告編のように作り、ある人は編曲し、ある人はアニメーションを作成し、ある人は紙芝居をやり、ある人は痛車作成して公開したりする。その辺りの自由さが最大の魅力でもあり、同時に最大の弱点でもあるんでしょうね。


■ななしさん
ま、これでも見ましょうよ。
⇒http://www.nicovideo.jp/watch/sm998910

hetohetohetoheto2007/09/10 20:31いやあそれはおかしい。
利潤構造云々ではなく、大本のコンテンツを作る労力や技術レベルを鑑みると
二次創作と同じレベルなわけがない。

たとえば元コンテンツを作った人が同じようなMADは作れるが
MADを作った人は元のコンテンツは作れないわけです。

ch1248ch12482007/09/10 22:48>>たとえば元コンテンツを作った人が同じようなMADは作れるが
MADを作った人は元のコンテンツは作れないわけです。

大元の「idolm@ster」は「ゲーム」であり、「MAD」ではありません。
「MAD」と「MAD」は比較できますが、「ゲーム」と「MAD」を比較することは不可能です。
で、ゲーム中のPV部分のみを比較するとなると、オリジナルよりも現時点のMADの方が優れているものが出ていると述べているだけです。
(もし他の商業作品で比較するとしても、MAD関連を除いてこのようなジャンルのものは無いはず。単純な比較は不可能。)

「部分的」であれば二次創作がオリジナルを超えることも十分あり得る話ですね。

hetohetohetoheto2007/09/11 00:57ええええ、総論で金払ったほうがいいかとかご自身が一緒くたにしているじゃないですか。
別物なら別物と最初からいってください。

hetohetohetoheto2007/09/11 01:02>MAD関連を除いてこのようなジャンルのものは無いはず
VJとかそういう文化はいくらでもあると思うんですが・・

ch1248ch12482007/09/11 01:33>>総論で金払ったほうがいいかとかご自身が一緒くたにしているじゃないですか
それは元になった音楽の「コマーシャル」としての価値を述べてるわけで、コメントでの話とは全然違ってくるんですが・・・。

>>VJ
ビデオジョッキーは「元となる映像」というのがありませんし、アイマスMADでは非常に重要な”シンクロ率”の概念もありません。VJあたりと混同してしまうのはかなり乱暴じゃないかなあ・・・。

hetohetohetoheto2007/09/11 02:02あなたにとって総合芸術=コマーシャル なのですか???
うむむむむむ・・・・芸術とコマーシャルは相反すると思うのですが
それすら凌駕する領域!ということですか???

hetohetohetoheto2007/09/11 02:05VJ,元となるイベントによっては2時創作的なものもありますよ。音楽なんかでも、コンピュータが普及した段階で原曲をサンプリングして使用し新たな曲とする文化も生まれました。「まったく前例がない」というのはそれこそ乱暴じゃないかなあ・・

hetohetohetoheto2007/09/11 02:14まぁ結論として、素人としてはなかなかすごいね。ただこれで金払えってのはちょっと乱暴やね、っていうことですね。ビジネスの世界に入るとわかるかもね。

通りすがり通りすがり2007/09/11 02:38>まぁ結論として
個人ページに書かれた一意見に対して、他人が結論って・・・すごいです。

poporo8107poporo81072007/09/11 17:30hetoheto さん

>あなたにとって総合芸術=コマーシャル~
CMとしての側面もあるってことだと思いますよ。
だからその存在が今のところは(危ういバランスではあるけれども)許されている、みたいな。
そしてその許されている理由である「CMとしての効果」が、アイマスを動画に利用するための対価として見たとき動画の方に片側に傾きすぎているって事だと思います。その理由が、質があまりにも高くなりすぎてきているから、っていうことかと。

>音楽なんかでも~
音と映像の「シンクロ」の部分を例に挙げているのに、「原曲をサンプリング云々」はちょっと的外れな返答かと思います。

>結論~
作者のスキルに対する評価や、モチベーションの維持のための燃料としての料金でしょうから乱暴と言うことはないと思いますし、ビジネスからの視点はちょっとずれてるかと。まあ、権利関係やその質から言ってかなり難しいかと思いますし、お金が絡んだら絡んだで質が上がるどころか下がることもあり得るわけで、そう簡単な話でもないと思いますが。

poporo8107poporo81072007/09/11 17:32ch1248 さん

なんだか端から見ていて話が食い違っている気がしたので、しゃしゃり出てみたりしましたが、間違った読解をしていたらすいません・・・。

sethseth2007/09/11 23:12>hetohetoさん
正直話が噛み合って無くて、見ている側として混乱してしまう。
しかも論調が上から目線なので、「うわぁ、何こいつ偉そうに語ってるの?」と感じた次第。
さらに何故だか「結論」まで語ってしまっている。
ちょっと待ってよ。
ニコニコ動画とニコニコ市場とMADを関連づけたビジネススタイルなんてまだまだ全然確立してないし。
それでも、「素人としてはなかなかすごい」作品に対して「お金を払いたい」と思っている人も少なからずいるんじゃないかな。
でもMADの背景には権利者やらなんやら色々と問題があるわけで。
そういったものをある程度(できれば全て)クリアできるようなシステムがあれば大丈夫だけど、既存のビジネスの世界にそういったのがありますかね?
多分、まだ無いんじゃないかな。
今まさにそれを模索している所じゃないかな?
あくまで私個人の推測にしか過ぎないけれどね。

話がかなり逸れたけど、つまりはhetohetoさんの意見のが乱暴だと感じたよってことです。

hetohetohetoheto2007/09/13 10:20意見云々より初対面で「こいつ」と暴言を吐いちゃうような方々とは
まともな会話は期待できないと感じました。
どうぞこれからも反対意見に暴言を吐き続けてください。
失礼します。

unkobaunkoba2007/09/14 04:11少し気になった部分があったのでお邪魔します。
VJに音と映像のシンクロが関係ないってのはちょっと適当すぎですよ。印象で語るのはどうかと思います。「元となる映像」もある場合もあります。流れてる曲のMusicVideoの編集したものだったりエフェクトをかけたりですね。
あとそういうオタ系のイベントには行ったことがないのではっきりとは言えないですが音楽の方でナードコアだとかブートレグ(エロゲーやアニメソングを勝手にREMIXした音源)だとかそういうジャンルもあるので、映像の方でもそういうサンプリングで二次使用というのは行われていると思います。というか動画でそれっぽいのを見たことがあります(二次創作なんか二次使用なのかははっきりしないですが)。アニメ・ゲーム縛りでなければ二次使用はもっとざらにあると思います。不特定多数向けのニコニコとそのハコだけのイベントでちょっと話は違いますが。
というか別に「MADだけ」ってのに拘る必要はないんではないかと思います。別にそんなことで作品の価値は変わらないと思いますし、そもそも素材がアイマスであるということを除けば既によそで行われてる手法の模倣がほとんどだと思います。

それと俺はhetohetoさんの元作者の話はあくまで、元々アイマスを作った人らが居なければMADも存在してなかった、という話だと勝手に読み取りましたが。アイマスという素材がなければMAD作者達に何が出来たのかというのは率直な疑問です(代替となりえる素材が今のところ思い浮かびませんし(静止画のものはともかく))。冗談だとしても「著作権者はMAD作者に金払った方がいい」っていうのはちょっとムッとくる人がいてもおかしくない表現だと思います。むしろMAD作者が著作権の利用や、自分の表現したいものがアイマスという素材のおかげで表現出来ていることに対価を支払う方が自然な気がしますが。金が欲しいならプロになってみてください、稼げるか試してみてください。と偉そうなこと言ってみましたが、作者はそこまで驕ってないと思っていますし金が欲しいがためにやっているっていう人は少ないと思います。それでも視聴者側がMAD作者に金を払いたいという流れになった時は、著作権者に一旦行って、そこから何割かMAD作者に分配されるくらいがまだ丁度いいんじゃないかと思います、これは個人的に。そこで「元作者には還元されている!(ソースはニコニコ市場)」ってな意見はよく見ますがそれはやっぱり元コンテンツの魅力があってこそで、一概にMAD作者のおかげだとは言えないと思うんですよ。仮に今凄くエフェクトやモーションが素敵なTHEガッツのMADとか出たとしても、やっぱりあんまり売れないと思います。というかアイマスの広告としてだって、現状アイマスの名前が既に相当広まってる中でもう「MADを見て欲しくなったのでアイマスを買おう」なんて人が広告的価値を考えねばならないほど居ると思いますか?単にユーザー(でない人を相当含んでそうですが)を敵に回したくないだけではないかと思います。当たり前に著作権行使しただけで何故かバッシングされますしね、このオタ界隈。

MADてのは例えるなら他人の畑から野菜を盗んできて料理を作るようなもんだと思いますけど、最近は結果的に料理が美味しければいいじゃんみたいな風潮が強い気がしますね。あいや昔からかな…。昔から作者は割と著作権者の目線を気にしていて、DOMはいいじゃんいいじゃんて感じで、DOMマスターまで行くと警告が来て作品が減ってしまうからあまり派手にやるなって感じだった気がしますね。静止画MAD界隈しか知らないですが。

hetohetohetoheto2007/09/14 09:46 unkoba 氏フォローありがとうございます。
ほぼ私の感じている事と同じです。
舌足らずで申し訳なかった。

一つ、補足させていただくと、アイマスを作ったスタッフの
技術力・センスが高いというのは言うまでもありませんが、
ここまでのムーブメント(?)となったのはやはりニコニコ動画という場があるからでしょう。
アイマスとニコニコが凄いのです。

お金を取るということは、その「場」「流れ」ごと造ると言う事です。
果たしてMAD作者にそれが出来るでしょうか?
それが出来ずに、軽々しくお金云々は語るべきではない、と思います。

ch1248ch12482007/09/14 18:14
■poporo8107さん
CMの話に関してはほぼ同意見です。誤読は全くありません。
フォローに感謝します。

あと、ニコ部に入部されて驚きました。これからよろしくお願いします。


■sethさん
フォローありがとうございます。
いまニコニコ動画内において、色々なことが実験的に起こっていて、まさに模索中だと言えますね。


■unkoba氏
>>VJに音と映像のシンクロが関係ない
とは述べていません。音と映像のシンクロは必須で、さらにその上でキャラクターの踊る振り付けの「シンクロ率」があるのです。音と映像のことを述べているのであれば、「シンクロ"率"」という言葉は使いません。

アイマスMADが他のMADと決定的に異なるのは、「人」いわゆる「ヴァーチャルアイドル」がMADの中に組み込まれたという点なんですよ。だから、「衣装」や「ダンスの振り付け」、「カメラワーク」という全く新しい要素を編集していかなければならない。
確かに既存のVJでも「人の映像」が入ることはありますが、あくまで映像であり静的なものです。アイマスMADのよう「ヴァーチャルアイドルのダンス」を嗜むというような動的な編集要素はありません。これは、IDOLM@STERというゲームが人の動きを驚異的なレベルで再現したから初めて実現出来たことなんです。「人の動きとその雰囲気も編集するMAD」というか。

ここで、
>>「元となる映像」もある"場合もあります"
>>映像の方でもそういうサンプリングで二次使用というのは"行われていると思います"。
とunkoba氏も仰るようにVJは二次創作がメインストリームではありません。あくまで支流。
一方でアイマスMADは9割がた二次創作、あるいは三次創作に相当します。二次創作以上がメインストリームなんですよ。これは大きな違いなんです。

で、先ほどの「人の動きとその雰囲気も編集するMAD」という話と合わせると、
実写でこれをやろうとしても不自然なものにしかならないし、倫理的な問題もあるわけです(笑いを取るの使うくらい)。3Dモデリングキャラでやろうとしても、その編集に耐え得るようなものが無く、二次創作にはならないケースがほとんどだった。あったとしてもアイマスMADのような大集団になることも無かった。そういう意味では、初めてのケースなんですよアイマスMADは。
なので、
>>そもそも素材がアイマスであるということを除けば既によそで行われてる手法の模倣がほとんどだと思います。
と主張されても、どうしても「模倣だけ」では説明しきれない部分がある。
今までのMADで、「3Dキャラによる動的な人の動きを編集して、ダンスにする」ということは無かったわけですから。


次にお金の話ですが、俺は「製作者はMAD職人に金をはらうべき」とは主張してません。
比喩的に「金払ってもいいくらいのクオリティ」という表現はしましたが、自分の考えとしては大元の製作側が実際に金を払うべきだとは思いません。

あと、
>>MADてのは例えるなら他人の畑から野菜を盗んできて料理を作るようなもんだと思いますけど
ってのは本気で言ってるんでしょうか?
俺が愛してやまないアイマスMAD職人に対する最大の侮辱とも取れる発言なので、非常に不愉快なんですが。


■hetoheto氏
CMうんぬんの話はpoporo8107さんやsethさんが述べた通りで。
先程も述べたように俺は「製作者側がMAD職人に金を払うべき」とは主張してません。

>>一つ、補足させていただくと、アイマスを作ったスタッフの
技術力・センスが高いというのは言うまでもありませんが、
ここまでのムーブメント(?)となったのはやはりニコニコ動画という場があるからでしょう。
アイマスとニコニコが凄いのです。

という発言をしておられますが、ニコニコやアイマスが凄いのは当たり前で、MAD職人がさらに凄さを上乗せしてる形なんですよ。アイマスが100とすれば、MAD職人が200にも300にも高めているイメージ。

というより、元のゲームのPV見たり、ちょっとググったりすれば、アイマスMADがどのような工程によって作られたかすぐ解るわけで、MAD職人達がどれだけの労力と技術力を詰め込んでるか自明なんですよね。しかも無償で、純粋な情熱だけでそれをやってる。
その事実を考慮すれば、「アイマスとニコニコが凄いのです」などというアイマスMAD職人をないがしろにしたような発言は出てこないわけで、少なくとも俺はこの発言に怒りを覚えています。

もしこれ以上職人達や俺の周りの人を侮辱するんであれば、俺は一切話をする気はありません。

hetohetohetoheto2007/09/14 19:09いやいやいや >素人としてはなかなかすごいね
って言ってるじゃないですか。まずよく読んでください。
すごいとは思ってますよ。凄いですしね、実際。
ただ、それで本家を超えた、プロを超えた、金はらったほうがいいレベル、
っていうのはちょっと極端じゃないかなぁ、と思って書き込んだ次第。
凄くないとは一言も言ってないし、労力をかけてないとも言ってないですよ。

poporo8107poporo81072007/09/14 19:23 hetoheto さん

いや、あの、本筋とは全く関係ないはなしなんですが、もう少し言葉を選んだ方がよろしいかと思いますよ? といいますか

『意見云々より初対面で「こいつ」と暴言を吐いちゃうような方々とは
まともな会話は期待できないと感じました。
どうぞこれからも反対意見に暴言を吐き続けてください。
失礼します。』

とまで言っているのに言った当人がその言動はどうかと……。いや、まあ、本筋とは関係ないのですが一応……ね?

poporo8107poporo81072007/09/14 19:26ch1248 さん

こちらこそよろしくお願いします。
あと、解釈が間違っていなくて一安心DESU……。

hetohetohetoheto2007/09/14 19:37食い違ったと横槍入れた方が、本筋と関係ないと言いつつ書き込むのも筋が通らない感じがしますが
確かに自分の発言、反故にしておりましたね。
もう書き込まないようにしますね。では。

sethseth2007/09/15 00:32>ch1248さん
貴方の記事はいつも楽しく読ませて頂いています。
私の戯れ言みたいなコメントではフォローも何もあったもんじゃないと思いますが(笑)

>unkobaさん
野菜の例えの話、言ってることは分かるのです。でも例え方は悪いと思います。
野菜はすぐそこのスーパーで買えて、買った物ならそれをどう利用しても大丈夫です。
しかし、著作物はそう簡単ではありません。
もちろん著作物だって、使用する許可を著作権者から頂ければ大丈夫なんですが、敷居の高さは野菜とは比べ物にならないでしょう。敷居が高いから無断で使ってもいいのか?っていう事に関しては、著作権者から親告されるまではあくまでグレーゾーンということで。
これはMADに限らず二次創作全般に言える事だと思いますが、白か黒かだけで判断していてはファン活動そのものを否定する事になりかねません。それだと誰にとってもおいしくない。現状黙認されているものも数多くあるわけですし。
広告的価値について、アイマスの知名度はともかく、ゲーム本体が未だに毎日少しずつ売れ続けている事や、MAシリーズの売れ行き(具体的には予約数。優秀なMADが上がった次の日にはグンと上がっている)、アイマス以外の物への波及を鑑みて、少なからず価値があるのでは?と思いますよ。
#というか、私は「踵鳴る」を見て律子のMAを予約した(笑)
この影響が小さいか大きいかは、権利者側でない私たちが簡単に判断出来る所ではない気がしますが、そう言った点からもニコニコ市場って面白いですよね。

>hetohetoさん
「こいつ」呼ばわりしたことで気分を害された事に対して謝罪致します。
思った事に対する表現の仕方が悪かったと反省しました。
ですが、上記表現は私一人しか使っていませんので、「方々」と他の人まで一緒くたにするのはやはり乱暴だと思います。
その後の言動も含めて、そう見えます。
あと、アイマスとニコニコだけでは100%ムーヴメント(?)は起きません。
ch1248さんも言われてますけどね、ユーザー(含むファン、MAD制作者)が抜けてますよ。
別に二次創作が本家やプロを超えたっていいじゃないですか。
まあ、アイマスに関しては「超えた」という表現よりも「世界が広がった」のが良い気はします。本家が本当に素晴らしいですから。
もうひとつ、貴方の最初のコメントである「洗練されてはいるけど、クオリティはあがればあがるほど既存の商業作品とおなじになっていくわけで、正直つまらんですねー」と、次以降のコメントがさっぱり繋がりません。
私の読解力が不十分だからですかね?未だに混乱しています。
日本語って難しいですよね。

s-takis-taki2007/09/15 01:03MAD(というか二次創作)にクレームが付くのは、製作側で作品のコントロールができなくなるからですね。川内康範の「おふくろさん」にしてもそう。
これがカラオケみたいに個人の範疇で行われていれば問題視されませんが、大勢の目に触れるとなると”権利侵害だ”となる。
宣伝効果云々よりも、黒春香みたいなイメージを作られて、オフィシャルな作品で”違うじゃないか”となったら作品作りに影響が生じます。
ドラえもんの最終回にしても、作品世界に影響は与えないにしても、作品イメージに与える影響は無視できないと考えたのでしょう。
しかしながら作者と権利者が異なるのは商業作品の宿命。
その点比較的アイマスMADの規制がゆるい理由として、ゲーム業界がまだ若い業界である点は無視できないと思います。
だからといってまともな会社が作品をユーザーにゆだねるような事をするのはまず有り得ないでしょう。そんなことをしたら権利がどんどん曖昧になって利益を上げることができなくなりますから。
アイマスの作者もあくまで仕事でやっているということを理解していれば、MADを公式に認めることがいかに難しいことであるかわかるはずです。
ちなみに私はアイマスMADからCDを購入するようになった一人です。

ryuryu2007/09/15 05:42 外人の私から見れば日本の同人業界ほど変わった業界もありません。なぜなら、他人の著作権を使った二次創作を商品として売っているからです。実際、二次創作物自体は世界的に存在すると思いますが、ひとつの業界として存在しうるのは、私の知る限り日本の同人しかありません。これはある意味、著作権利者と二次創作者の究極のバランスと言えます。(完璧に見逃してくれるからです)
ここでMADの話に戻ります。ニコ動という枠内だけでなく、ようつべをはじめとする動画サイトの普及につれ、MADの著作権問題は世界範囲内で話題になってると思います。もっとも有名なのはスダーウォーズ関連MADに関する事件だと思います。そこで、わたしは同じ二次創作ものの同人に、MADの将来性を感じたのです。お金が動く業界になりうるかどうかはさておき、MAD創作が自由にできる(著作権利者が完璧に見逃してくれる)環境はできるはずです。そして、日本においてその可能性を感じたのがアイマス系MADです。現にフルバージョンの歌を使わないなどといった暗黙のルールもでき始めてますし、アイマス関連MADを見本に、MAD全体のルールみたいなものができるのではないかと思います。そういった点では、私自身はアイマスにある程度の希望を寄せています。
 余談ですが、本来ならもっとも個人の欲望が現れやすいはずのネットで、自律だけで制作ルールを確立できるなんてことはすごいですね。「アイマス厨きもい」のようなコメントがよく見かけるが、むしろもっとも賞賛すべき人たちだと思います。
 以上、流れを無視な上に長文ですみませんでした。外人なんで、日本語がおかしいな所はどうかご勘弁を。

poporo8107poporo81072007/09/16 00:29>食い違ったと横槍入れた方が~
いや、流石に意味がわからないです。本筋ではないってことと話が噛み合ってないって事は全くの別ものでしょう。まあ、もう書き込まないみたいですし、言っても意味がないとは思いますが・・・。

ch1248ch12482007/09/16 09:44
■sethさん
ありがとうございます。
>>私の戯れ言みたいなコメントではフォローも何もあったもんじゃないと思いますが(笑)
いやいや、そんなことないですよ。ニコニコ市場の具体例なんかは「よく見てるなあ……」と感心してしまいました。なんというか、自分の不勉強さ加減が相対的に見えてしまって恥ずかしくなりますよ。

■s-takiさん
>>その点比較的アイマスMADの規制がゆるい理由として、ゲーム業界がまだ若い業界である点は無視できないと思います。
非常に鋭い視点ですね。まさにそうだと思います。
二次創作に関して言えば、アイマス製作側は非常にフレキシブルな対応をしていて、「黒春香」のキャラクターなどは元々無かった性格付けだったんですが、最近発売されたMAの「I WANT」はまさに「黒春香」通りのイメージの曲で、事実上の公式化となってます。
で、その黒春香の発祥は何かというと同人誌だったりするわけで、何とも奇妙なものです。(声優の中村さんが黒い、というのもありますが)
参考1:http://imas.g.hatena.ne.jp/keyword/%e9%bb%92%e6%98%a5%e9%a6%99
参考2:http://emperorsystem.livedoor.biz/archives/50656898.html

ただし、今のところアイマスMADは良い感じの宣伝塔にはなってはいますが、やはりs-takiさんの言う通り「公式でMADを認める」というのはいささか難しいでしょうね。「黙認」が最も波風を立てないやり方だと思います。


■ryuさん
まさか海外の方から意見がもらえるとは・・・! 参考になります。
>>アイマス関連MADを見本に、MAD全体のルールみたいなものができるのではないかと思います。そういった点では、私自身はアイマスにある程度の希望を寄せています。

ここまで大規模にMADそのものが注目されるケースもFlash界隈を除けば、これが初めてなんじゃなかろうかと思いますね。二次創作が生き残るための貴重な例を残していくかもしれません。

>>余談ですが、本来ならもっとも個人の欲望が現れやすいはずのネットで、自律だけで制作ルールを確立できるなんてことはすごいですね。「アイマス厨きもい」のようなコメントがよく見かけるが、むしろもっとも賞賛すべき人たちだと思います。

「アイマス」というだけで何だか色々と誤解されるケースが多くて困ることが多いです・・・。そもそもアイマスMAD界隈における技術的成長スピードだけを見ても特筆すべきものがあるのに、何故そういう部分に気付かないのかな、と。

>>以上、流れを無視な上に長文ですみませんでした。外人なんで、日本語がおかしいな所はどうかご勘弁を。
いえいえ、同人業界の話など非常に参考になりました。
とても自然な日本語・・・というか、そもそも俺よりも文章がうまいように思えますよw

CujoCujo2007/09/17 13:41>>ch1248氏
ちょっと遅くなりましたが、コメントの意図がうまく伝えられてなかったようなので補足です。

「本家のPV」という表記は、perfumeなりのMAD使用楽曲のPVを指してました。
つまり、BNGIでは許可/却下/どっちもできない部分に。
この定義で再度解釈していただけないでしょうか?

ch1248ch12482007/09/18 19:50「ゲームとしてのアイマス」のPVではなくて、「使われてる楽曲」のPVとして勘違いされる、というケースの話だったわけですね。了解しました。

俺の個人的な予測としては、公式PVにわざわざヴァーチャルアイドルを使用していたら、それなりの話題に上がると思うんですね。そもそも歌っている本人達を素材として使う方が売り込みとしては違和感が無いし、金もかからない。それを考慮すれば、「楽曲としてのPV」として勘違いする可能性は低いんじゃないかな、と。
もし勘違いしそうになったとしても、コメントで「公式PVじゃない」と書かれてあることも多いし、ニコニコ市場に登録されているオリジナルCDのジャケットに本人の写真や情報が載っているので、二重の意味で勘違いの補正が入るから大丈夫じゃないかなと考えてます。

逆に「”idolm@ster”というゲームにMADで使われてる曲が入ってる」と誤解するケースの方は、これはニコニコ動画コメントで指摘されている状況を見るか、あるいは自分でググって調べるぐらいしか無いので結構厄介と言えば厄介な状況ですね。