Hatena::Groupnicovideo

文月のニコニコ部屋 RSSフィード

主にアイマス方面に傾倒しているニコ厨。a-eruP名義で、MAD作成もやってます。

2010-08-19

[][]千早「Tin Waltz」(ZABADAK20:28 千早「Tin Waltz」(ZABADAK) - 文月のニコニコ部屋 を含むブックマーク はてなブックマーク - 千早「Tin Waltz」(ZABADAK) - 文月のニコニコ部屋

新作できました。

小鳥「ZABADAKMADも久しぶりですね」

P「そうですね。千早カバーバージョンの『遠い音楽』を除けば、デビューの2007年以来ですからね」

小鳥「ZABADAKと言えば、他にも数多くの名曲があるわけですが、どうしてこの曲を?」

P「うん、そのZABADAK_M@ster前作の『私は羊』に、こんなコメントがついてたんですよ」

f:id:fudsuki:20100819194245j:image


小鳥「……これが理由?」

P「うん。いろいろあるけど、一番大きいのはそれですね」

小鳥「それにしては、間が開き過ぎじゃありませんか? たぶん書いた人も覚えてませんよ?」

P「まあ、他にもいろいろ作りたい曲があったしねぇ。それに、ワルツと言うだけあって、3拍子でのシンクロは難しくて躊躇してたんですよ」

小鳥「そうなんですか?」

P「アイマスのゲームで使用されている曲は、今のところ、全て4拍子なんですよ。3拍子でも音と動作のシンクロは合わせられるけど、だんだんずれていくので、うまく調整しないと、音の切れ目(小節)と動きの切れ目が合わなくて、すごく違和感が出ちゃうんです」

小鳥「それじゃあ、どうやってそれを合わせるんですか?」

P「いろいろなやり方はあると思うけど……今回使ったのは、カメラの変わるところでダンスを切って刻んでいくのと、違う曲のダンスに繋ぐこと、あと、アップのシーンではスピードをずらして、次にロングやミドルが来た時にジャストタイミングにする、といった感じですかね」

小鳥「アップはスピードを変えても平気なんですか?」

P「ロングやミドルだと、脚や腕の動きがはっきり映るんで、それが音とずれると問題なんですけど、アップだとそういった動きが見えにくくなるので、速度変更しても違和感は少ないんですよ。むしろ、リップシンク(口の動き)を重視した方が良い場合も」

小鳥「ちなみに使った曲は?」

P「出だしとラストは『フタリの記憶』、1番は『My Song』、2番は『まっすぐ』ですね。2007年当時は、これらの内、『まっすぐ』しか存在してなかったのも、作るのを躊躇っていた理由です」

小鳥「エフェクトは今回も控えめですね」

P「それが持ち味です!(キリッ ……というか、バラードで派手なエフェクトもどうよ、って思いますしね。前作が演出過多だったから、シンプルなのを作りたいという反動があったのかもしれません」

小鳥「ところで、『Tin Waltz』って曲名はどういう意味なんですか? 社長は関係ないですよね?」

P「んー、自分も直接聞いたわけじゃないけど、前奏や間奏でメロディラインを奏でている、印象的な笛の音があるじゃないですか。あれが、『Tin Whistle』って言うらしいんですよ。直訳すると、『ブリキの笛』ですね。アイルランドの民俗音楽でよく使われる楽器、だそうです」

小鳥「なるほど、それでアイリッシュっぽい雰囲気が出てるんですね」

P「ええ。ちょっと最初の話題に戻るけど、この曲を選んだもう一つの理由が、アイリッシュ(風味)の音楽でアイマスMADを作りたい、というものだったんですよ。まあ、自分もそんなに詳しいわけじゃないけど、こういう音楽もあるんだなあ、って興味を持ってもらえたら幸いです」

ごPごP2010/08/19 21:02すばらしいダンスでした。記事すごく参考になります!