導線log

2014-04-11

【随想】「自分はアイマスが世代交代しても続けると思うけど、それってなぜなんだっけ」と考え直した

| 03:23 | はてなブックマーク - 【随想】「自分はアイマスが世代交代しても続けると思うけど、それってなぜなんだっけ」と考え直した - 導線log

アイマス世代交代の拒否感は古参ほど強いんだろうけど、将来自分の高校生の孫とかが「今日は東京行って、アイドルマスター○○○のライブに見てくる!」とか、おじいさんである自分に報告する未来図とか、わりと素敵だと思うんだけどな。それが今のアイマスとどれだけ変容してても。

Twitter / murasakinoi

という発言を見て、「自分はアイマスが世代交代しても続けると思うけど、それってなぜなんだっけ」と考え直した。

そもそも自分がアイマスを好きになった理由

というのは、「各キャラの個性ある発言や行動をプロデューサー目線で見られて、時にはそれに関与できる(ゲーム中に限らず、ゲームの外における動画作成やイベント参加など)」ことなのだろうと思っている。

これは以前から何となく感じていたのだが、シンデレラガールズが出たことで再確認できた。キャラこそ大幅に追加されたけど、上記した「自分のアイマスへの接し方」は変わらなかった。

なので少なくとも自分は、「プロデューサーとしてのやりがい」がアイマスにあり続ける限り、接し続けるんじゃないかと思う。

関連して:キャラへの思い入れ

これは以前から言っていることではあるのだが、世代交代についていくと判断するか否かは、各プロデューサーのアイマスに接する際の考えが「特定キャラへの思い入れが強い」かにも大きく依存すると思っている。

自分はアイマスでは以前から雪歩Pを公言しているのだが、シンデレラガールズが出た際にしまむらさんPを公言した。

シンデレラガールズが出てから自分が考え直したことなのだが、自分は雪歩が好きと言っても、アイマス全体が好きな中で、その中で特にプロデュースしてあげたいと思ったのが雪歩だった、というのが正しい表現なんだろうなと。

言い換えれば、雪歩が好きすぎるのは確かだけど、「雪歩中心にアイマスが好き」というほどではない。

だからシンデレラガールズは「新規アイドルの中で特にプロデュースしてあげたいアイドルがいるならば、そちらに注力しよう」と考えるようになったのだろうなと。

余談1

ゲーム中の視点という意味では、アイマスDSはプロデューサー目線ではないですが、自分は登場アイドルをプロデュースするつもりでやってます。てか愛ちゃんプロデュースしたいです!!!!1111

余談2

ミリオンライブは、ゲームは最近時間的制約により放置気味ですが、新情報が流れてきたときにチェックすることはしています。

カレンダー
<< 2014/04 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30