導線log

お知らせ:2018年12月9日をもって、このブログは更新を停止しました。以後ははてなブログで更新します。(本ブログの記事もはてなブログ側に移行してあります)

2017-08-30

デレラジ☆、「3人がメインパーソナリティ」としての回が終了

| 00:43 | はてなブックマーク - デレラジ☆、「3人がメインパーソナリティ」としての回が終了 - 導線log

今週8/28の回をもって、大橋彩香さん(島村卯月役)・福原綾香さん(渋谷凛役)・佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)の3人がメインパーソナリティとして行う「デレラジ☆」は終了となりました。翌週以降は固定のパーソナリティなしでの実施となる模様です。

その前週に、8/28はこの3人が揃うという告知がされたので何かあるのかと思ったら、そういう理由だったと…

『デレラジ』チャンネル開設のお知らせとデレラジ☆(スター)の今後の体制に関しまして

アイマスを知ってからもしばらく、アイマスのラジオは聞かない状況が続いていたのですが、シンデレラガールズについてはチェックしておきたいと思って、デレラジは第4回から聞いてました。

それから5年、メンバーの都合もあったりとかで、この3人をメインに据えるというのは難しくなってきたのかもしれません。「卒業」ですね。これまで本当にありがとう。

ちなみにですが、(3人がメインパーソナリティとして出る「デレラジ☆」が終了するという話を知る前に)3人が揃うということで、5thライブ・SSA2日目で「Treasure☆」が歌われたことについてメールを出していたのですが、読まれました。本当うれしいですわ… メールの内容全文を貼っておきます。

はっしー、ふーりん、るるきゃん、でれすたー!

SSA公演お疲れ様でした。

SSA2日目で「Treasure☆」が歌われた際は、イントロから興奮しっぱなしでした。とても好きな曲だし、しかもデレラジもデレパも最初の頃から聞いていた私としては、この5人がライブでも出揃ったのもうれしかったです。しかもSSA2日目の最後の退場時には、この5人が揃って挨拶をして退場、この5人の絆を感じました…。

さて、Treasure☆」の後のトークでは、それまでの「劇団エチュード」や「劇団つぼみ」の流れを受けて「劇団Treasure☆」と言われてましたが、作詞をした皆さん、特に歌詞のあらすじを作ったふーりんに、ステージ上で劇が形作られてどう感じたかお話ししていたければと思います

【余談】

続きを読む

大橋彩香さんの曲でデレステ創作譜面×2

| 23:30 | はてなブックマーク - 大橋彩香さんの曲でデレステ創作譜面×2 - 導線log

8月上旬に、2週連続で(8月4日と8月11日に)投稿しました。

ユー&アイ(想定Lv:24)

YES!!(想定Lv:26)

もともと作りたいなーと思ってて、シングルリリース順で「YES!!」から作ろうと思ってたのですが、ちょうど作業できるタイミングになった時点で新シングル「ユー&アイ」の発売が間近だったので(8月2日)、そちらを先に完成させたのでした。ちなみに8月4日とすぐに公開できたのは、試聴用PVを音源にして大部分を完成させていたから。

バンドリ!武道館ライブ #ポピパ武道館

| 23:14 | はてなブックマーク - バンドリ!武道館ライブ #ポピパ武道館 - 導線log

BanG Dream! 4th☆LIVE Miracle PARTY 2017! at 日本武道館

初めて見られたバンドリ!のライブ。名古屋でライブビューイングで見てました。

平日ではあったものの仕事的にタイミングが悪くなかったので現地参戦も検討しましたが、ライブビューイングが実施されるということでこちらに落ち着くことに。

見てての感想

  • 演奏に躍動感があるし、いい笑顔で歌うので、バンドとしてのライブであると同時に、やはり声優としてのライブでもあるんだなと感じられた。キーボードの伊藤彩沙さん(市ヶ谷有咲役)とか、かなり動きを付けてるなと思った。ドラムの大橋彩香さん(山吹沙綾役)は流石の笑顔ですね。
  • 過去のライブと同様*1、今回もアコースティック版が入れられていたのだが、これはベースが非常に重要なのだなと感じた。ドラムが入らないぶん。西本りみさん(牛込りみ役)のベースに注目して聞いていた。あと伊藤彩沙さんの鍵盤ハーモニカがいい雰囲気出してた。
  • 5人でライブとなると、ぶっ通しではできないだろうし、合間の時間をどうするのかなと思っていたのだが、企画映像が挟まれたりしていて楽しかった。詳細は後述。

個人的なハイライト

  • 武道館の全周から見られるステージ。ステージの中心は回転できる構造のため、「ときめきエクスペリエンス!」ではアニメOPの映像の様子を再現するという演出も。
  • ステージ裏に出演者が全員隠れて、アニメのシーンが一部流れたかと思ったら、その流れでそのまま演奏に入る、というのが3曲行われた(「きらきら星」「私の心はチョココロネ」「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」)。
  • 企画映像(1)<公式動画>:大塚紗英さん(花園たえ役)と大橋彩香さんが登場してガルパをプレー。
    • 大塚さんはリズムゲームはこれが初めてと言っていたものの、「夏のドーン!」EXPERTをフルコンボ。これ実力かなり付けたか、素質あったか、ってことですよねえ。
    • 大橋さんは「ティアドロップス」EXPERTに挑戦するも、途中でバッテリー残量警告が出るというトラブル。いつぞやのデレステニコ生であったのと同じパターンや でもかなり取れてたんですよね。1年半前にデレステの「Snow Wings」MASTERで石を5回割ったときとは別人。
      ガルパのイベントで「★×3(上位のほうの報酬)はハードル低い」とも話してるし(デレステに比べれば緩いと思いますけどね)、結構やり込んでますよね…
    • その後、二人が協力で「光るなら」をプレー…すると見せかけて演奏へ!
  • 企画映像(2):「バンドリ!ポッピンラジオ!」の武道館版を実施。
    • その中で、複数人で行くカラオケよりもヒトカラが好きな理由として、愛美さん(戸山香澄役)は「他の人に聞かれるのが恥ずかしい」、一方で伊藤彩沙さんは「知らない曲を聴くのがいや」と話していた。
  • 企画映像(3)<公式動画>:アンコール前。アニメの登場箇所の聖地巡礼。最初は西本りみさんが登場、途中で橘田いずみさん(「Glitter☆Green」鵜沢リィ役)が合流。これ人集まりそうだなあ…自分も行こうかな(いつ東京行けるんだって話はあるけど)
  • 終わりの挨拶より
    • 西本りみさん「感謝感激チョココロネ!」
    • 愛美さん「一週間ほとんど寝てない」「終わったら、焼肉食べて、いっぱい寝る!」

*1:テレビで過去のライブのダイジェスト放送があったので、存在自体は知っていた

2017-08-19

シンデレラガールズ5thライブ 自分が見た全公演から感じたこととか #imas_cg_5th

| はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 自分が見た全公演から感じたこととか #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

各会場1日ずつ(※SSAは2日目のみ)全7公演(石川と静岡が現地、他はLV)を見たので、感じたことのまとめとかを。

SSA除く)「ユニットとかが必ずしも揃えられていない15人でどんなセトリを組むか」が一つの大きなポイントだったように思う

SSA以外が各会場15人で、しかも持ち歌(ユニット曲含む)が1曲しかない出演者も多数いる中で、各出演者がどう起用されるのか気になっていた。15人というのは、昨年(4th)神戸公演と比べてそんなに少ないわけではないのだが(4th神戸は各日16人)、それにも増して「この曲は確実に歌われるだろう」というのが読めないものが多いと感じた。それくらいにユニットが揃えられていなかったのである。

ただ、それを逆手に取って、多くの人が予想しないであろう曲を入れたり曲の割り当てをしたりした(オリジナルメンバーなしで歌われた曲もいくつかあった)ことで、新たな一面を引き出したり、新鮮さを出したりすることができたのかなとも思った。

個人的な「オリジナルメンバーではない曲を歌った」特によかったもの(メンバーはオリジナルメンバーでない方のみ記載)

宮城
「∀NSWER」 - 桜咲千依さん(白坂小梅役)・佐藤亜美菜さん(橘ありす役)
石川
「Rockin' Emotion」 - 原優子さん(向井拓海役)
「Nocturne」- 長島光那さん(上条春菜役)
大阪
「Wonder goes on!!」 - 千菅春香さん(松永涼役)・都丸ちよさん(椎名法子役)・ルゥティンさん(塩見周子役)・和氣あず未さん(片桐早苗役)
「サマカニ!!」 - 今井麻夏さん(佐々木千枝役)・大空直美さん(緒方智絵里役)・佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)・都丸ちよさん
静岡
「Romantic Now」 - 春瀬なつみさん(龍崎薫役)
「心もよう」 - 嘉山未紗さん(脇山珠美役)・中島由貴さん(乙倉悠貴役)・村中知さん*1(大和亜季役)
「ハイファイ☆デイズ」 - 高森奈津美さん(前川みく役)
幕張
「この空の下」 - 五十嵐裕美さん(双葉杏役)・佐藤亜美菜さん・ルゥティンさん
「Tulip」 - 立花理香さん(小早川紗枝役)・杜野まこさん(姫川友紀役)・今井麻夏さん
福岡
「Memories」 - 渕上舞さん(北条加蓮役)・松井恵理子さん(神谷奈緒役)
「Tulip」 - 大坪由佳さん(三村かな子役)・種崎敦美さん(五十嵐響子役)・山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)

「このアイドルに次の曲を与えてあげてください!」って思うアイドルが増えた

前記の内容に関連するのだが、「持ち歌でなくてもこんなに楽しませてくれるなら、持ち歌が増えたらもっとすごいことになるじゃないか!」と思うわけである。

これを一番思ったのは佐々木千枝ですね。今井麻夏さんはこの5thの出演者で唯一、全体曲を除く持ち歌を歌わなかった(全体曲を除く持ち歌が「ハイファイ☆デイズ」しかなく、それも歌わなかった)わけだけど、かっこよかったりセクシーに歌ったりと様々な演じ方を見せてくれたし、持ち歌が少ないのが勿体ないと本当に思った。他に「次の曲早く」って思ったのは、龍崎薫とか難波笑美とか上田鈴帆とか。

初参戦者の活躍と、昨年からの成長

シンデレラガールズのライブ初参戦者が15人いたのだが、それぞれ見せ場があり、それに応えていたと感じた。

  • 新人最優秀賞:選べない!!!!1111
  • 新人技能賞:都丸ちよさん(椎名法子役)。大阪公演で持ち歌がないながらも法子の存在感を歌唱で見せてくれた。SSA1日目が見られなかったのが無念…
  • 特別賞:原田ひとみさん(十時愛梨役)。SSA1日目は見てないんだけどさ、かなり大変な状況を乗り越えて「ついに初参戦」となって歌唱力も見せてくれていたらしいし、ありがとうございますと言いたい、そしてSSA1日目が見られなかったのが無念…(2回目)

今回が初参戦ではないけど比較的出演回数の少ない方は、「昨年よりもさらに進化したところ」に注目して見ていた。前述の今井麻夏さんとか、他にも長島光那さんとか藍原ことみさんとかがよかった。

すでに多数の公演を重ねてきた方々は、新しい曲も増えてきて、それぞれの曲やユニットについてどう表現するかを考える、というのに注目して見ていた。そのあたりをよく語ってくれたのは、佳村はるかさんとか松井恵理子さんとか。

センターが誰になるかの楽しみ

今回は、センターに立った人が舞台上で常時がんばっているわけではないけど、それでも最初と最後の挨拶という重要な役割があるし、また事前の準備段階でも企画とかを考える中心になったりしていた。今回は、基本的にセンターを担当する大橋彩香さん(島村卯月役)が毎回いるわけではないので、誰がセンターになるか予想する楽しみもあった。

なお、各センターについて思ったことについては別記事として書きました。→各公演のセンターに一言ずつ名前を付けてみた

本当に「Serendipity」だった

今回のライブツアーのタイトルに付けられたSerendipity:「予想しがたい素敵なものへの巡り合わせ」は、いやというほど感じさせてくれた。しかも、これだけ多数の公演がありながら途中で驚きが薄れるということもなく。Yes, Serendipity*2

それは、これまでに書いたことであるけど、シンデレラガールズの出演者たちの「層の厚さ」なのだと思います。人数が多いこともさることながら、それぞれが期待に応える演技をしてくれていること、そしてその多い人数をうまく生かした構成を考えた裏方の皆様の力だと思っています。シンデレラガールズ5thありがとう。また*3円盤買いそう。

シンデレラガールズ5thライブ 各公演のセンターに一言ずつ名前を付けてみた #imas_cg_5th

| はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 各公演のセンターに一言ずつ名前を付けてみた #imas_cg_5th - 導線log

他にもやっている人がいましたが、私が思ったことをもとに。

松嵜麗さん(諸星きらり役):面倒見のよいセンター
これまでも、ライブ等のイベントがあるたび面倒見のよさが取り上げられるくらい、周りの人のために何をしてあげられるか考えてくれているれいちゃま。宮城でれいちゃまがセンターに立って最初の一声を上げたのを見たとき、「れいちゃまがまとめ役ってのは安心できる」って感じた。
牧野由依さん(佐久間まゆ役):シンデレラガールズとしての活躍を急速に増しているセンター
その一方で、これまでシンデレラガールズとしての活動が比較的少ないほうであった牧野由依さんが石川でセンターに立ったのを見たときは、正直なところ意外に感じた。なかなかシンデレラガールズとしての活動にリソースを割くのは難しいのかな?と思っていた節もあったので(シンデレラガールズの各種番組とかでも、一時は見る機会が少なくて)。ただ4thを含め、デレステで「Love∞Destiny」が出たあたりからシンデレラガールズでの活動も増えてきたように思う(まゆのまゆとか)し、そういった活躍+元々の実績もあってセンターに抜擢されたということなのかな。大事なのは濃度
大橋彩香さん(島村卯月役):危なっかしいようにも見えるけど、自らの役目を忘れないセンター
センターが持ち回りなので、もしかしたら大阪でははっしー以外がセンターに立つかも?と考えたりもしたが、ここはいつものセンターが立つことになった。はっしーはトークとかを見てるとかなり天然なところがあるので、危なっかしくも見えるのだが、進行のことは忘れず、要所をしっかり締めているんじゃないかなと思うんですよね。
青木瑠璃子さん(多田李衣菜役):(物理的な意味だけじゃなく)大きく出たセンター
確かに物理的にも大きいんですけど(身長170cm)、歌唱やダンスで存在感を見せつける姿が、それ以上の大きさを感じた。津田美波さん(小日向美穂役)と黒沢ともよさん(赤城みりあ役)が「Sparkling Girl」で泣きそうになってたと話してたけど、そういった見せつける力の大きさ、というのもあったのかなと。あとはトークでうまく「煽れる」方なんですよね。煽木瑠璃子。
佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役):シンデレラガールズで大きく成長したセンター
シンデレラガールズでの出番はかなり多いるるきゃん。それを通じて成長させてもらえたうれしさ、というのが感じ取れた。元は歌が本当に苦手だったというのにるるきゃんを採用したシンデレラガールズの制作陣、何を考えて選んだのだろう…「この子はきっと伸びるはず」と考えたのかなあ。あと、センターになるにあたって悩んでいたるるきゃんを周りが支えてあげようと思ったという話を聞いていても、このセンターは支えてあげたいと感じさせる、るるきゃんの人柄とかもあったのかなあと思った。
大坪由佳さん(三村かな子役):「一人のP」としての気持ちを忘れないセンター
キャラのことをよく考えた言動を見せたり、他者のよかった発言に積極的に絡んでいったりと、シンデレラガールズという作品や、それを作り上げている出演者同士のやり取りを、一人のシンデレラガールズ好きとしても楽しんでいるように思えた。各所の発言でも、本当にアイマスが好きだってのが伝わってきますし。終わりの「これからも、アイマスですよ、アイマス!」を言うにあたって「アイドルマスターが大好きだった私から、これが言えるなんて!」って言っていたのは本当に感激ものだった。

*1:「心もよう」は、村中知さんの歌唱は正直なところ残念に感じた(静岡2日目のレポート参照)のだが、他の二人はすごくはまっていたと感じた。

*2:種崎敦美さんがSSA2日目に残した名言(迷言)

*3:シンデレラガールズ4thライブの円盤を買うことにした。これが私にとって初めてのアイマスライブの円盤購入である。

クイクイ2017/08/19 23:59牧野さんは2ndからでてますよー

maraiguemaraigue2017/08/20 00:11記憶が混乱しておりました…修正しました。

2017-08-15

シンデレラガールズ5thライブ SSA2日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th

| 00:54 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ SSA2日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

SSA1日目は別の用があって見られなかったのでした。Sweetches見たかった…宵乙女見たかった…メロウ・イエロー見たかった…(その他いっぱい並ぶけど以下略)

この記事ではSSA2日目の出来事だけ。全公演まとめの記事は別途書くつもりです。

曲とか演出とか

  • 全員が入場した際、暗くなったステージに「FINAL」の文字が光で映し出される。ツアーを長い期間見てきた私としては感激もの。
  • 赤﨑千夏さん(日野茜役)、「熱血乙女A」を歌った際に、走りたくなって実際に間奏で走った
  • 長島光那さん(上条春菜役)、「エチュードは1曲だけ」の台詞パートで、村中知さん(大和亜季役)からの返事にリアクションを取った(カメラに映ってはいなかったはず)。なおトークパートで再現していた
    • それを見て青木志貴さん(二宮飛鳥役)「劇団エチュードやりたい」→青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)との「青木コンビ」で実施(本日の劇団その1
  • 「つぼみ」を、オリジナルメンバーだけど(※塩見周子の総選挙1位のときの曲)ライブでは初めて歌ったルゥティンさん
    • 「つぼみ」で、木村夏樹らしく座ろうと考えて膝を立てて座ってた安野希世乃さん
    • 過去の「劇団あいくるしい」「劇団心もよう」らしさがあったためか、「劇団つぼみ」と言われる(本日の劇団その2
  • 「Love∞Destiny」、「アンリミテッド」の部分の担当は青木瑠璃子さんが担当した(※石川と静岡では、原曲で担当していた牧野由依さん=佐久間まゆ役がいたためそのまま担当していた)
  • 「Near to You」で、トロッコ馬車で仲良くはしゃぐ、朝井彩加さん(早坂美玲役)・髙野麻美さん(宮本フレデリカ役)のコンビおよび、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)・青木志貴さんのコンビ
    • 佳村はるかさん、「アップになるたび他の人に求愛してた」と言われる
  • 竹達彩奈さん(輿水幸子役)、謎の技術?で幸子の髪型になる。リハーサルの時点ではツインテだったのだが、その後のメイクで髪型が変わった
    • 幸子が好きで、竹達さんを見てキュンキュンしていた佳村はるかさん
  • 「ラヴィアンローズ」のダンサーは、昨年の衣装はメイドカフェのメイドらしさがあったが、今年は「櫻井桃華の家で仕事してそうなメイド」らしい衣装に。スカートを長くしたり
    • 照井春佳さん(櫻井桃華役)「(桃華の)おうちかな、って感じ
  • Treasure☆」の前奏が流れたときは興奮した!!
    • ステージ上のスクリーンに映された映像が、新規に作られたものと思われる航海の映像。雰囲気を出してくれてうれしかった。クラーケンまで登場してたし。
    • それまでの流れで、Treasure☆も「劇団Treasure☆」と言われる(本日の劇団その3)。そもそも歌詞がそういう歌詞ですからねえ。流石ふーりん*1
  • DJぴにゃ(メドレー)
    • 「Radio Happy」を、ギャル友達として金子真由美さん(藤本里奈役)・山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)・佳村はるかさんが歌うとか、これキャラのほうでどんな話をしてたのか妄想がはかどりますね… 唯ちゃんとどんな話をしてたのか
    • 猫好きな上条春菜が「おねだり Shall We~?」!?
    • "オトメ達が歌う「ススメ☆オトメ」"ってあったけど、金子有希さん(高森藍子役)&津田美波さん(小日向美穂役)ってこれ事務所の同期コンビじゃねえか!
    • 「エヴリデイドリーム」を、4thの「お嫁さんにしたいアイドルNo.1」ということで種﨑敦美さん(五十嵐響子役)が歌ったのだが、主に見つめていた相手はDJぴにゃ
    • 青木志貴さんが、神崎蘭子の「華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~」をダークイルミネイトの相方として歌う。飛鳥からの蘭子への台詞も入れてくれて最高
    • はぁ!?Rock the Beatで「Lunatic Show」!?
    • はぁ!?ニュージェネレーションズで「Trancing Pulse」!?1日目は松井恵理子さん(神谷奈緒役)が「Never say never」を歌ったとのことだし、そこからの繋がりなの?とか考えると、これトライアドプリムスの信頼関係案件じゃん…
  • 最後のブロックが完全に泣かせに来ていた。「このメンバーがいるなら間違いなく歌われるだろう」と言われていた曲をこのブロックに固めてくるんだもの…(ラブレター・情熱ファンファンファーレ・Tulip・純情Midnight伝説・サマカニ!!)
    これらどの曲も、メドレーまでずっと歌われなかったので、「え、もしかして歌わないの…?」って不安になったもの。メドレーでも歌われなくて、「あっ、これ最後のブロックに固めてくるパターン…?」って察した。
    中途半端に途中途中で挟まず最後に固めたことで、最終ブロック以外では「次の曲の読みにくさ」を確保しつつ「最後では予想されていた組み合わせを一気に出すことで泣かせる」という演出だったのかも、と思った。
    • 「ラブレター」はもう力込めてペンライト振ってた。
    • SSAに建った高校にしばらく入り浸っていたい…(「ラブレター」と「情熱ファンファンファーレ」)
  • シンデレラガールズ6thライブは単独ドーム公演!!!!????この発表でまた声上げて叫んだ
  • アンコール最初の「EVERMORE」は、前奏での台詞が朝井彩加さん、間奏での台詞が伊達朱里紗さん(難波笑美役)。続く「M@GIC☆」は前奏の台詞が春野ななみさん(上田鈴帆役)だった(はず)。シンデレラガールズのライブが5thで初となったメンバーから3人が言うとか、この先の可能性とかを見せてくれるうれしいものですよね…
  • 最後の退場時、投げキッスを見せる長島光那さん
  • 最後の退場時、最後の最後に会場を出たのはデレパジの5人。「Treasure☆」を歌ってくれたことに加え、ここでもこの5人の組み合わせでやってくれるとか、デレラジ&デレパリスナーとしては感激ですよ…
  • 終演後、旗は持って戻らずステージに立てられたままだった(ライブビューイングで映されていた)。そうか…終わったんだね…

トークにて

  • 山本希望さん、衣装にライオンの手の飾りを付けていたことについて「みんなに叩かれるの」(このときも、原紗友里さん=本田未央役が触っていた)
  • 「Snow Wings」がこの真夏に歌われたことについて「夏に食べるアイスのよう」と言われる
    • それに対し、「銀のイルカと熱い風」は「暑いときに食べる鍋」と言われる
  • トークパートで突然話し方がゆるくなり、「ちょっとへごってない?」って言われた千菅春香さん(松永涼役)
  • 「サマカニ!!」のメンバーは、ジャケ絵における水着に合わせたシュシュをそれぞれ付けていた。なお春野ななみさんはカニの着ぐるみを着られた…わけではなかったので、シュシュにカニを付けていた。
  • 「∀NSWER」を歌った松田颯水さん(星輝子役)「"インディヴィジュアルズだ!"は3人になったときのためにとっておく」(※このときはオリジナルメンバーのうち、高橋花林さん=森久保乃々役が不在だった)
  • 「Jet to the Future」でイヤモニを片耳付け忘れてステージに上がった安野希世乃さん。でもそのために歓声がよく聞こえたと。ロックだ
  • 「ラブレター」を歌った大橋彩香さん(島村卯月役)「"ピンクチェックスクールです"を言えてうれしかった」→津田美波さん「泣きそうになるから
    • ピンクチェックスクールの三人は、髪飾りをそれぞれの衣装に合わせていた
      • 大橋彩香さんを除く二人は、ネイルもそれに合わせてしていたとのこと。大橋さんだけしていなかったのは、翌週にドラムを叩くから…?
    • 終わった後、裏で3人でハグしていたとのこと。リアルPCSかな
  • LiPPSの5人、トークパートで佳村はるかさんのところに集まってハグ
    • 5人のイメージに合わせたピアスは髙野麻美さん、手袋・髪飾りは佳村はるかさんが用意したとのこと
  • 炎陣の5人、全員が指輪を付けているが、これは原優子さん(向井拓海役)が用意したものとのこと

終わりの挨拶

  • 長島光那さん「やっとシンデレラのステージに立っていいんだな、と思った」
    • 今回のツアーで大活躍だったと思います…
  • 朝井彩加さん「2014年のSSAM@STERS OF IDOL WORLD!!2014はここで見てて、今度は自分がステージに立てた
  • 伊達朱里紗さん「昔から他人に笑ってもらうのが好きで。難波ちゃんに出会えてよかった」
  • 津田美波さん「まだまだやりたいユニットがある。ピンキーキュートとか、熊本の女で蘭子ととか
    • ピンキーキュートに言及して大空直美さん(緒方智絵里役)反応
  • 竹達彩奈さん、幸子で「カワイイを代表するのは荷が重いですけど~」
  • 松田颯水さん「キノコ食って帰れよ!」
  • 金子有希さん「昨日の夜、ファンファン会議した
  • 原紗友里さん「シンデレラガールズには、まだまだ発掘されてない奇跡があると思う
  • 青木瑠璃子さん「ツアー行って、デレパでいろんな人の話を聞いて、(今回のツアーは)"誰もがシンデレラ"だったなと
  • 安野希世乃さん「会場が揺れているのを感じました」
  • 東山奈央さん(川島瑞樹役)「次はブルーナポレオンも!」(※メドレーでは、ブルーナポレオンのうちボイス付与済みである今井麻夏さん=佐々木千枝役・長島光那さんを含めた3人で「Nation Blue」を歌った)
    • ブルーナポレオンの他の2人のうち、荒木比奈はボイス付与が確定しているので、残る松本沙理奈は担当Pの皆さん、今がプッシュし時だと思いますよ!
  • 種﨑敦美さん「津田さんに初めて会ったとき、"響子ちゃんに声が付いたの!!"って言われた
    • デレラジのピンクチェックスクール回(2016年7月4日・11日)でも、ピンクチェックスクールが揃ったことに喜びを思いっきり表現してましたよね…
  • 種﨑敦美さん「Yes!! Serendipity!!新たな名言(迷言)生まれる
  • 山本希望さん「莉嘉ー!生まれてきてくれてありがとうー!」

*1:「Treasure☆」の歌詞は5人の共作となっているのだが、最初にあらすじを作ったのは福原綾香さん(渋谷凛役)であった

2017-08-14

シンデレラガールズ5thライブにおいて、3会場で歌われた歌 ※全体曲・属性別曲・SSAでのメドレーを除く #imas_cg_5th

| 23:57 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブにおいて、3会場で歌われた歌 ※全体曲・属性別曲・SSAでのメドレーを除く #imas_cg_5th - 導線log

全体曲・属性別曲・SSAでのメドレーを除けば、3会場で歌われたのが最大だよね?って思って調べていた。どの曲が優遇されたのかなーという意味でも。

おことわり

ニコニコ大百科の記事に記載された曲目一覧から持ってきているため、間違いがあるかもしれません。

全会場でオリジナルメンバーが揃って歌われた曲(ソロ曲含む)

7曲が該当した。

  • 複数人曲は「Jet to the Future」が唯一で、他はソロ曲であった。
  • また、ソロ曲はいずれも「STARLIGHT MASTER」(デレステ新規曲を収録したCD)に同時収録された曲であった。

曲名会場
宮城石川大阪静岡幕張福岡SSA1SSA2
にょわにょわーるど☆
cherry*merry*cherry
スローライフ・ファンタジー
メルヘン∞メタモルフォーゼ!
薄紅
Jet to the Future
青空リレーション

※表の中では、「奇数番目の公演(宮城・大阪・幕張)の曲」→「偶数番目の公演(石川・静岡・福岡)の曲」の順に並べました

SSAではオリジナルメンバーが揃って歌われた曲

4曲が該当した。

  • いずれも、SSAの出演者発表の時点でオリジナルメンバーが揃っていた曲であったため、SSAでオリジナルメンバーで歌われるであろうと予想はされていたわけだが、それ以外の会場でもメンバーを変えて歌われ、いろいろなアイドルの意外な個性を引き出してくれていた。
    • 特に、大阪の「サマカニ!!」はオリジナルメンバーが鈴木絵理さん(堀裕子役)一人だけで、意外性を出しながら新たな一面を見せてくれる枠だった?と思うほど。

曲名会場
宮城石川大阪静岡幕張福岡SSA1SSA2
サマカニ!!
純情Midnight伝説
桜の頃
Tulip

  • サマカニ!!
    • 宮城:大空直美◎、伊達朱里紗東山奈央鈴木絵理、のぐちゆり
    • 大阪:今井麻夏、大空直美◎、鈴木絵理、都丸ちよ、佳村はるか
  • 純情Midnight伝説
    • 宮城:金子真由美、三宅麻理恵、千菅春香、伊達朱里紗、のぐちゆり
    • 静岡:青木志貴、嘉山未紗、原優子村中知安野希世乃
  • 桜の頃
    • 大阪:立花理香、新田ひより、ルゥ・ティン
    • 福岡:金子有希、高田憂希、種崎敦美
  • Tulip
    • 幕張:今井麻夏、立花理香、杜野まこ、佳村はるかルゥ・ティン
    • 福岡:藍原ことみ飯田友子、大坪由佳、種崎敦美、山本希望

強調表示はオリジナルメンバー

※「◎」印は、オリジナルメンバーではなく、かつ2会場で歌っている出演者

オリジナルメンバーが揃っては歌われなかった曲

5曲が該当した。

  • 「Flip Flop」は、アニメ円盤付録でのオリジナルメンバー(赤崎千夏さん=日野茜役、金子有希さん=高森藍子役)が歌っていないが、デレステイベント版で追加で歌うことになった3人がSSA1日目で揃って歌っている。
  • 「Take me☆Take you」はオリジナルメンバーがそもそも9人いるため揃うのは難しいだろうが、福岡で種崎敦美さん(五十嵐響子役)が歌った以外は全員オリジナルメンバーである。SSA1日目では9人中6人が歌っている(残りの大橋彩香さん=島村卯月役と原紗友里さん=本田未央役はSSA2日目に出演、早見沙織さん=高垣楓役は出演なし)。

曲名会場
宮城石川大阪静岡幕張福岡SSA1SSA2
Nocturne
Flip Flop
Love∞Destiny
生存本能ヴァルキュリア
Take me☆Take you

  • Nocturne
    • 宮城:東山奈央、上坂すみれ、千菅春香
    • 石川:飯田友子洲崎綾、長島光那
    • SSA2:飯田友子千菅春香東山奈央
  • Flip Flop
    • 宮城:鈴木絵理、のぐちゆり、松嵜麗◎
    • 大阪:今井麻夏、新田ひより、松嵜麗◎
    • SSA1:嘉山未紗新田ひよりのぐちゆり
  • Love∞Destiny
    • 石川:青木瑠璃子、金子有希◎、津田美波、花守ゆみり、牧野由依
    • 静岡:青木志貴◎、青木瑠璃子津田美波、中島由貴、牧野由依
    • SSA2:青木志貴◎、青木瑠璃子大空直美、金子有希◎、津田美波
  • 生存本能ヴァルキュリア
    • 石川:金子有希洲崎綾、長島光那、原優子、春瀬なつみ
    • 福岡:青木志貴、金子有希木村珠莉、春野ななみ、村中知
    • SSA1:桜咲千依、木村珠莉佐藤亜美菜洲崎綾、中島由貴
  • Take me☆Take you
    • 幕張:原紗友里原田彩楓三宅麻理恵
    • 福岡:高田憂希高森奈津美、種崎敦美
    • SSA1:高田憂希高橋花林高森奈津美花守ゆみり原田彩楓三宅麻理恵

強調表示(青)はオリジナルメンバー

強調表示(緑)はデレステイベント版でのオリジナルメンバー(Nocturne、Flip Flopのみ)

※「◎」印は、オリジナルメンバーではなく、かつ2会場で歌っている出演者

【2017.8.20追記】上述したもの以外で、5thライブ中で「オリジナルメンバーではない曲を2会場で歌った」例

  • Rockin' Emotion
    • 石川:安野希世乃、原優子◎
    • 静岡:安野希世乃、原優子◎
  • ハイファイ☆デイズ
    • 静岡:黒沢ともよ春瀬なつみ、高森奈津美◎
    • SSA1:黒沢ともよ春瀬なつみ、高森奈津美◎、佐藤亜美菜★、大坪由佳、田澤茉純、杜野まこ

強調表示はオリジナルメンバー

※「◎」印は、オリジナルメンバーではなく、かつ2会場で歌っている出演者

※「★」:佐藤亜美菜(橘ありす役)はU149特装版の付録CDで歌っている

2017-08-01

シンデレラガールズ5th オリジナルメンバーなしで歌われた曲(宮城~福岡) #imas_cg_5th

| 23:51 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5th オリジナルメンバーなしで歌われた曲(宮城~福岡) #imas_cg_5th - 導線log

SSAで「オリジナルメンバーなしで歌われる曲」はそうそう出てこない(枠がなさそう)のでは?と思い、福岡公演終了の時点でまとめました。

※全員曲はカウントの対象外

※「オリジナルメンバー」は、デレステのイベント版編成で歌った場合も含む

【2017.8.14追記】SSAでは、メドレーパート(Serendipity Medley)で意図的にオリジナルメンバー以外を割り当てていた以外は、必ずオリジナルメンバーが一人は含まれていました。

  • 宮城
    • Nation Blue(桜咲千依、上坂すみれ、佐藤亜美菜、千菅春香、東山奈央)
  • 石川
    • 私色ギフト(高野麻美、高橋花林、花守ゆみり、春瀬なつみ)
    • オルゴールの小箱(青木瑠璃子、飯田友子、洲崎綾、高橋花林、長島光那)
  • 大阪
    • Wonder goes on!!(千菅春香、都丸ちよ、ルゥ・ティン、和氣あず未)
  • 静岡
    • Heart Voice(藍原ことみ、高野麻美、長島光那、牧野由依)
    • 心もよう(嘉山未紗、中島由貴、村中知)
    • 絶対特権主張しますっ!(黒沢ともよ、安野希世乃、原優子、春瀬なつみ)
  • 幕張
    • この空の下(五十嵐裕美、佐藤亜美菜、ルゥ・ティン)
  • 福岡
    • この空の下(藍原ことみ、春野ななみ、村中知)
    • SUN♡FLOWER(金子有希、木村珠莉、高田憂希、春野ななみ、山本希望)
    • Memories(渕上舞、松井恵理子)

シンデレラガールズ5thライブ 福岡1日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th

| 23:26 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 福岡1日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

名古屋でライブビューイングでの参戦でした。今まで使ったことのない(アイマスのLVではそもそも利用頻度の低い)センチュリーシネマに行ってきました。(名古屋市内では確かここしか残ってなかったというのもあったのですが、導線個人としては名駅より栄のほうが自転車で行きやすいので楽なんですよね)

今回は大阪1日目のレポートと同じく、「出演者それぞれについて」出来事や思ったことをまとめます。

※並び順は、全員曲と属性曲を除いて「公演内で早く出た順」です。一部、記載の都合により例外あり

大坪由佳さん(三村かな子役)
今回のセンター。(センターは個人的な予想では高森奈津美さんだと思っていたのだが外れた。)本人いわく「体型も気持ちもどしっとしてる」。
で、今回の大坪さんがどんなセンターだったかを簡単にいうと、「いちアイマスPらしい言動だった」と言っておきたい。各個人の発言に対して、いいものがあったら積極的に同意したり、自分の妄想をぶつけたり。しかもそれを勢いよくいうものだから、話がちゃんと進んでいってもいるわけで。いくつか名言(迷言)を上げておきます。
  • 高田憂希さんに「(祈りの花で持っていた)枝になりたい」と言う
  • 「好いとうよ」選手権で「優勝!」と叫びまくる
  • 「Take me☆Take you」の曲中で、顔の前のマイクを右手と左手で受け渡さないとならないシーンがあることについて、「つまみ食いしてるんでしょ?」という
終わりの挨拶では、「旗をバーンってしたときに、ワーッって声が上がって嬉しかった」と話していた。
最後に「これからも、アイマスですよ、アイマス!」を言う際、「アイドルマスターが大好きだった私から、これが言えるなんて!」って言ってたのが印象的だった。幕張にてセンターの佳村はるかさんが、これまでのことを思い出して、心をこめて言った「アイマスですよ、アイマス!」とは背景こそかなり違うのだが、同じくらい感激もののこの一言になった。曲では、今回もまたソロ曲「おかしな国のおかし屋さん」を、王子役に青木志貴さんを起用して披露。さらにサプライズ起用として「Tulip」でセンターを担当というものも。「なんてね」の部分も任されていたわけで、ここはあまり見ることのないであろう、「色っぽいかな子」を出してくれていた。イラストで言うと「[クリーミィトライフル]三村かな子+」みたいな。
山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)
今回のトップバッター。そして4th埼玉2日目に続いてまたも「Yes! Party Time!!」の次で「SUPERLOVE☆」を歌うことに。(※この日は、最初の全体曲が「Yes! Party Time!!」だった)
「Tulip」にも登場。「お姉ちゃんの歌を莉嘉が歌いたがってたので、莉嘉も喜んでいたと思います」と話していた。
毎度であるが、ライブ前は大好きなラーメンを自粛しているとのことで、今回は福岡で「うまかっちゃん」を買い、終わってからの楽しみにするとのこと。
高森奈津美さん(前川みく役)
「Nothing but You」で、デレステでの内容に合わせてとはいえ、猫耳を外して出演。猫耳なしでライブに出たのはかなり久しぶりとのこと。また「寂しそうに猫耳を置いた」と言われていた。ダンスが細かくて難しく、そんな大変なときに「王子」こと飯田友子さんに抱かれていたとのこと。
「ニャンと☆スペクタクル」の早口言葉パートで、カメラワークが「高森奈津美さんの口と、背景の映像(歌詞が出ている)を交互に映す」ということをやってくれていた。視聴者が気になるであろうところを映してくれてカメラマンさんに感謝。
下地紫野さん(中野有香役)
持ち歌は1ブロック目のみでの披露となっていたのだが、恋色エナジー→Nothing but Youという雰囲気のまったく違う2曲で、有香の違う面を見せてくれた。
過去に福岡に来たのは、空港を経由したことだけだったとのこと。
木村珠莉さん(相葉夕美役)
地元民その1。「lilac time」では花冠を付けて登場したのだが、これは衣装が赤系で夕美っぽくないので、夕美らしさを出そうと付けたものだったとのこと。
地元力を発揮したのは「好いとうよ」選手権。多くのメンバーが最後のみ方言になる中、ライラックの花言葉を方言で説明した上で、そこから「好いとうよ」へ持って行くという完璧な地元民らしさ。これで優勝してのけた。ちなみに優勝賞品は「水筒」*1
飯田友子さん(速水奏役)
「Nothing but You」が、これイメージ合いすぎじゃね?って思って見ていた。「Tulip」は、普段と違うメンバーであったとはいえ、王子はもう安定ですね。
終了後の舞台裏で、みんなに脚を冷やす湿布を配ってたとのこと(2017.7.31のデレラジ☆より)。いつもだけど流石王子ですわ
藍原ことみさん(一ノ瀬志希役)
今回のこの15人という中でこの曲が選ばれるということ自体がサプライズだった「この空の下」を歌った方その1。静岡のときに書いたことと重なるのだけど、志希の声で自然に歌う、というのがどんどんレベルが上がっている。「Tulip」はオリジナルメンバーの一人であるが、今回の歌唱は原曲での志希のパートとは違う箇所を歌っていた気がする。(詳しくは覚えていない)
村中知さん(大和亜季役)
「この空の下」を歌った方その2。イケボすぎるでしょう…静岡での「エチュードは1曲だけ」もよかったけど、これもよく合っていた。「生存本能ヴァルキュリア」はさらに亜季らしさも出ていた。
準・地元民といってよいだろうか。実は本籍は九州にあって、来られてよかった、とのこと(終わりの挨拶にて)。
春野ななみさん(上田鈴帆役)
「この空の下」を歌った方その3。春野さん今回がシンデレラガールズのライブ初出演だけど、まさかここに入ってくるとは…。春野さんは「最初に歌う曲がまさかバラードだとは」「(歌詞の)笑顔とか夢とか、鈴帆っぽいところから選んでもらったのかなと」と話していた。
「生存本能ヴァルキュリア」もまた意外な選出。ダンスが大変だったが何とか覚えたとのこと。
準・地元民(宮崎出身)なわけだが、福岡ではだいぶ方言が違う模様。
最後の挨拶で「プロデューサーさんを笑顔にしてあげないと思っていたら、自分が笑顔になった」と話していた。私たちも出演者がいい顔で演じているのを見るからこそ楽しいんですよ…!
高田憂希さん(依田芳乃役)
地元民その22ブロック目の出だしは、高田さんをメインに据えた前半最大のハイライトじゃないかと思う。「桜の頃」をオリジナルメンバーとして歌い、そこからそのままソロ曲「祈りの花」へ。あの流れは芳乃Pでなくても死にますわ…。最初の方は芳乃の声で歌うのをつらそうにしていたようにも見えたが、最後はもう芳乃と化していた。
1ブロック目と2ブロック目の間のトークで、高田さんがトークを回す役目になっていて、ここで1ブロック目で歌がなかった高田さんが出てきたということは、2ブロック目の出だしは高田さんかな?と思ったらまさにその通りだった。ちなみにそのトークパートで高田さんは「今までシンデレラで回すことなかった」と発言していた。そもそもライブは初だし、生放送とかもそれほど出てないですからね…。
「好いとうよ」選手権では、芳乃の好物である煎餅にちなみ、福岡の「めんべい」(明太子煎餅)を宣伝…ではなく一緒に食べようと誘ってきていた。
金子有希さん(高森藍子役)
地元民その3今回の会場のある北九州市出身である。友人がチケットを取って来ている、と話してた。当人のTwitterによると、アイマスを知らない方までもPになってくれたとのこと。「生存本能ヴァルキュリア」では、クール成分を出していこうとしていたのだが、津田美波さん(小日向美穂役、事務所の同期でもある)に「クール成分ないじゃん」とツッコまれたとのこと。
種崎敦美さん(五十嵐響子役)
準・地元民(大分出身)。家族も来ていたとのこと。
「好いとうよ」選手権で、ハンバーグを(エアで)作って食べさせてくれる仕草が最高にかわいかった。
終わりの挨拶では、石川公演での「Becauseなぜなら」のような迷言こそ出なかったが、途中で大分の宣伝をし始めたり(「温泉で汗を流して…」と話していた)、石川公演以上に話すときの手の動きが多かったりと、大坪さんに不安な目で見られていた。
あと、大坪さんにネタにされすぎじゃないですかね?「桜の頃」に起用されたことを「和風ハンバーグ」と言われたり、「好いとうよ」選手権で「Because種崎さん」と呼ばれたり。
青木志貴さん(二宮飛鳥役)
「おかしな国のおかし屋さん」4代目王子*2飛鳥の台詞+ポーズを取る中二王子。最後はこの二人が同じポーズで決めた。2代目王子の飯田友子さんが「(大坪さんは)すぐに王子を乗り換える」と嫉妬していた。
あと、「生存本能ヴァルキュリア」ではセンターに起用&「生き残れ」担当。大音量で一発ぶつける4th神戸*3の「生き残れ」とは違い、飛鳥らしい、絞り出すような声の「生き残れ」であった。
渕上舞さん(北条加蓮役)
地元民その4北条加蓮の親戚のお姉ちゃん。*4
初披露の「Frozen Tears」で浄化された。そしてそこに「Memories」のイントロ、松井恵理子さんが飛び入りでざわつく。この二人をどこかで組み合わせるのは間違いないだろうなあとは思っていたが、まさか「Memories」で来るとは…でも最高でした。大坪さん「全Pが泣いたMemories」
「Frozen Tears」はリズムを取るのが難しく、ライブでうまく歌えるかが不安だったとのこと。
「好いとうよ」選手権では、加蓮の台詞を方言化して言ってくれた。惚れてしまう…
「私のはじめての一つ、覚えておいてね」*5
余談だが、渕上さんは雨女として知られているのだが、今回は雨にはならなかった。松井さんが雨を食い止めているらしい。あと「雨上がりの曲が3曲ある*6」(金子有希さん談)のが効いたのかもしれない。
松井恵理子さん(神谷奈緒役)
個人的な今回のMVP。「自分がかっこいいかと言われるとわからないけど、かっこいい表現のほうがしやすいと思っている」(動画参照)、という奈緒に回ってきたかっこいい曲「Nothing But You」を歌い上げ、さらに前述の「Memories」の後にはかっこよすぎる新ソロ曲「Neo Beautiful Pain」。そんな新たな奈緒を最高にかっこよく表現してくれていた。何あの床に足を叩きつける激しいダンス…
「Memories」はステージに向かって右手に立っていたのだが、それゆえにマイクを左手で持つ必要があり(2人で左右対称の動きにするため)、「奈緒みたいに左利きになりたい!」と言っていた。
「好いとうよ」選手権では安定のツンデレ。ああもう奈緒かわいいんだから

*1:優勝賞品を「水筒」にすることを発案したのは、青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)だったとのこと(2017.7.31のデレラジ☆で言及あり)。

*2:初代:4th SSA2日目(上坂すみれさん=アナスタシア役)、2代目:5th 石川1日目(飯田友子さん)、3代目:5th 石川2日目(安野希世乃さん=木村夏樹役)、5代目:5th 福岡2日目(春野ななみさん)

*3:1日目は千菅春香さん(松永涼役)、2日目は松田颯水さん(星輝子役)が担当していた

*4:「好いとうよ」選手権において、加蓮が渕上さんに方言を教えてもらったという体で話し、渕上さんが「北条加蓮の親戚のお姉ちゃん」ということになっていた

*5:渕上さんがシンデレラガールズの地方公演に参加するのは初めてだった、という意味で言った

*6:「lilac time」「青空リレーション」「SUN♡FLOWER」の3曲

カレンダー
<< 2017/08 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31