導線log

2017-08-15

シンデレラガールズ5thライブ SSA2日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th

| 00:54 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ SSA2日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

SSA1日目は別の用があって見られなかったのでした。Sweetches見たかった…宵乙女見たかった…メロウ・イエロー見たかった…(その他いっぱい並ぶけど以下略)

この記事ではSSA2日目の出来事だけ。全公演まとめの記事は別途書くつもりです。

曲とか演出とか

  • 全員が入場した際、暗くなったステージに「FINAL」の文字が光で映し出される。ツアーを長い期間見てきた私としては感激もの。
  • 赤﨑千夏さん(日野茜役)、「熱血乙女A」を歌った際に、走りたくなって実際に間奏で走った
  • 長島光那さん(上条春菜役)、「エチュードは1曲だけ」の台詞パートで、村中知さん(大和亜季役)からの返事にリアクションを取った(カメラに映ってはいなかったはず)。なおトークパートで再現していた
    • それを見て青木志貴さん(二宮飛鳥役)「劇団エチュードやりたい」→青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)との「青木コンビ」で実施(本日の劇団その1
  • 「つぼみ」を、オリジナルメンバーだけど(※塩見周子の総選挙1位のときの曲)ライブでは初めて歌ったルゥティンさん
    • 「つぼみ」で、木村夏樹らしく座ろうと考えて膝を立てて座ってた安野希世乃さん
    • 過去の「劇団あいくるしい」「劇団心もよう」らしさがあったためか、「劇団つぼみ」と言われる(本日の劇団その2
  • 「Love∞Destiny」、「アンリミテッド」の部分の担当は青木瑠璃子さんが担当した(※石川と静岡では、原曲で担当していた牧野由依さん=佐久間まゆ役がいたためそのまま担当していた)
  • 「Near to You」で、トロッコ馬車で仲良くはしゃぐ、朝井彩加さん(早坂美玲役)・髙野麻美さん(宮本フレデリカ役)のコンビおよび、佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)・青木志貴さんのコンビ
    • 佳村はるかさん、「アップになるたび他の人に求愛してた」と言われる
  • 竹達彩奈さん(輿水幸子役)、謎の技術?で幸子の髪型になる。リハーサルの時点ではツインテだったのだが、その後のメイクで髪型が変わった
    • 幸子が好きで、竹達さんを見てキュンキュンしていた佳村はるかさん
  • 「ラヴィアンローズ」のダンサーは、昨年の衣装はメイドカフェのメイドらしさがあったが、今年は「櫻井桃華の家で仕事してそうなメイド」らしい衣装に。スカートを長くしたり
    • 照井春佳さん(櫻井桃華役)「(桃華の)おうちかな、って感じ
  • Treasure☆」の前奏が流れたときは興奮した!!
    • ステージ上のスクリーンに映された映像が、新規に作られたものと思われる航海の映像。雰囲気を出してくれてうれしかった。クラーケンまで登場してたし。
    • それまでの流れで、Treasure☆も「劇団Treasure☆」と言われる(本日の劇団その3)。そもそも歌詞がそういう歌詞ですからねえ。流石ふーりん*1
  • DJぴにゃ(メドレー)
    • 「Radio Happy」を、ギャル友達として金子真由美さん(藤本里奈役)・山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)・佳村はるかさんが歌うとか、これキャラのほうでどんな話をしてたのか妄想がはかどりますね… 唯ちゃんとどんな話をしてたのか
    • 猫好きな上条春菜が「おねだり Shall We~?」!?
    • "オトメ達が歌う「ススメ☆オトメ」"ってあったけど、金子有希さん(高森藍子役)&津田美波さん(小日向美穂役)ってこれ事務所の同期コンビじゃねえか!
    • 「エヴリデイドリーム」を、4thの「お嫁さんにしたいアイドルNo.1」ということで種﨑敦美さん(五十嵐響子役)が歌ったのだが、主に見つめていた相手はDJぴにゃ
    • 青木志貴さんが、神崎蘭子の「華蕾夢ミル狂詩曲~魂ノ導~」をダークイルミネイトの相方として歌う。飛鳥からの蘭子への台詞も入れてくれて最高
    • はぁ!?Rock the Beatで「Lunatic Show」!?
    • はぁ!?ニュージェネレーションズで「Trancing Pulse」!?1日目は松井恵理子さん(神谷奈緒役)が「Never say never」を歌ったとのことだし、そこからの繋がりなの?とか考えると、これトライアドプリムスの信頼関係案件じゃん…
  • 最後のブロックが完全に泣かせに来ていた。「このメンバーがいるなら間違いなく歌われるだろう」と言われていた曲をこのブロックに固めてくるんだもの…(ラブレター・情熱ファンファンファーレ・Tulip・純情Midnight伝説・サマカニ!!)
    これらどの曲も、メドレーまでずっと歌われなかったので、「え、もしかして歌わないの…?」って不安になったもの。メドレーでも歌われなくて、「あっ、これ最後のブロックに固めてくるパターン…?」って察した。
    中途半端に途中途中で挟まず最後に固めたことで、最終ブロック以外では「次の曲の読みにくさ」を確保しつつ「最後では予想されていた組み合わせを一気に出すことで泣かせる」という演出だったのかも、と思った。
    • 「ラブレター」はもう力込めてペンライト振ってた。
    • SSAに建った高校にしばらく入り浸っていたい…(「ラブレター」と「情熱ファンファンファーレ」)
  • シンデレラガールズ6thライブは単独ドーム公演!!!!????この発表でまた声上げて叫んだ
  • アンコール最初の「EVERMORE」は、前奏での台詞が朝井彩加さん、間奏での台詞が伊達朱里紗さん(難波笑美役)。続く「M@GIC☆」は前奏の台詞が春野ななみさん(上田鈴帆役)だった(はず)。シンデレラガールズのライブが5thで初となったメンバーから3人が言うとか、この先の可能性とかを見せてくれるうれしいものですよね…
  • 最後の退場時、投げキッスを見せる長島光那さん
  • 最後の退場時、最後の最後に会場を出たのはデレパジの5人。「Treasure☆」を歌ってくれたことに加え、ここでもこの5人の組み合わせでやってくれるとか、デレラジ&デレパリスナーとしては感激ですよ…
  • 終演後、旗は持って戻らずステージに立てられたままだった(ライブビューイングで映されていた)。そうか…終わったんだね…

トークにて

  • 山本希望さん、衣装にライオンの手の飾りを付けていたことについて「みんなに叩かれるの」(このときも、原紗友里さん=本田未央役が触っていた)
  • 「Snow Wings」がこの真夏に歌われたことについて「夏に食べるアイスのよう」と言われる
    • それに対し、「銀のイルカと熱い風」は「暑いときに食べる鍋」と言われる
  • トークパートで突然話し方がゆるくなり、「ちょっとへごってない?」って言われた千菅春香さん(松永涼役)
  • 「サマカニ!!」のメンバーは、ジャケ絵における水着に合わせたシュシュをそれぞれ付けていた。なお春野ななみさんはカニの着ぐるみを着られた…わけではなかったので、シュシュにカニを付けていた。
  • 「∀NSWER」を歌った松田颯水さん(星輝子役)「"インディヴィジュアルズだ!"は3人になったときのためにとっておく」(※このときはオリジナルメンバーのうち、高橋花林さん=森久保乃々役が不在だった)
  • 「Jet to the Future」でイヤモニを片耳付け忘れてステージに上がった安野希世乃さん。でもそのために歓声がよく聞こえたと。ロックだ
  • 「ラブレター」を歌った大橋彩香さん(島村卯月役)「"ピンクチェックスクールです"を言えてうれしかった」→津田美波さん「泣きそうになるから
    • ピンクチェックスクールの三人は、髪飾りをそれぞれの衣装に合わせていた
      • 大橋彩香さんを除く二人は、ネイルもそれに合わせてしていたとのこと。大橋さんだけしていなかったのは、翌週にドラムを叩くから…?
    • 終わった後、裏で3人でハグしていたとのこと。リアルPCSかな
  • LiPPSの5人、トークパートで佳村はるかさんのところに集まってハグ
    • 5人のイメージに合わせたピアスは髙野麻美さん、手袋・髪飾りは佳村はるかさんが用意したとのこと
  • 炎陣の5人、全員が指輪を付けているが、これは原優子さん(向井拓海役)が用意したものとのこと

終わりの挨拶

  • 長島光那さん「やっとシンデレラのステージに立っていいんだな、と思った」
    • 今回のツアーで大活躍だったと思います…
  • 朝井彩加さん「2014年のSSAM@STERS OF IDOL WORLD!!2014はここで見てて、今度は自分がステージに立てた
  • 伊達朱里紗さん「昔から他人に笑ってもらうのが好きで。難波ちゃんに出会えてよかった」
  • 津田美波さん「まだまだやりたいユニットがある。ピンキーキュートとか、熊本の女で蘭子ととか
    • ピンキーキュートに言及して大空直美さん(緒方智絵里役)反応
  • 竹達彩奈さん、幸子で「カワイイを代表するのは荷が重いですけど~」
  • 松田颯水さん「キノコ食って帰れよ!」
  • 金子有希さん「昨日の夜、ファンファン会議した
  • 原紗友里さん「シンデレラガールズには、まだまだ発掘されてない奇跡があると思う
  • 青木瑠璃子さん「ツアー行って、デレパでいろんな人の話を聞いて、(今回のツアーは)"誰もがシンデレラ"だったなと
  • 安野希世乃さん「会場が揺れているのを感じました」
  • 東山奈央さん(川島瑞樹役)「次はブルーナポレオンも!」(※メドレーでは、ブルーナポレオンのうちボイス付与済みである今井麻夏さん=佐々木千枝役・長島光那さんを含めた3人で「Nation Blue」を歌った)
    • ブルーナポレオンの他の2人のうち、荒木比奈はボイス付与が確定しているので、残る松本沙理奈は担当Pの皆さん、今がプッシュし時だと思いますよ!
  • 種﨑敦美さん「津田さんに初めて会ったとき、"響子ちゃんに声が付いたの!!"って言われた
    • デレラジのピンクチェックスクール回(2016年7月4日・11日)でも、ピンクチェックスクールが揃ったことに喜びを思いっきり表現してましたよね…
  • 種﨑敦美さん「Yes!! Serendipity!!新たな名言(迷言)生まれる
  • 山本希望さん「莉嘉ー!生まれてきてくれてありがとうー!」

*1:「Treasure☆」の歌詞は5人の共作となっているのだが、最初にあらすじを作ったのは福原綾香さん(渋谷凛役)であった

2017-08-14

シンデレラガールズ5thライブにおいて、3会場で歌われた歌 ※全体曲・属性別曲・SSAでのメドレーを除く #imas_cg_5th

| 23:57 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブにおいて、3会場で歌われた歌 ※全体曲・属性別曲・SSAでのメドレーを除く #imas_cg_5th - 導線log

全体曲・属性別曲・SSAでのメドレーを除けば、3会場で歌われたのが最大だよね?って思って調べていた。どの曲が優遇されたのかなーという意味でも。

おことわり

ニコニコ大百科の記事に記載された曲目一覧から持ってきているため、間違いがあるかもしれません。

全会場でオリジナルメンバーが揃って歌われた曲(ソロ曲含む)

7曲が該当した。

  • 複数人曲は「Jet to the Future」が唯一で、他はソロ曲であった。
  • また、ソロ曲はいずれも「STARLIGHT MASTER」(デレステ新規曲を収録したCD)に同時収録された曲であった。

曲名会場
宮城石川大阪静岡幕張福岡SSA1SSA2
にょわにょわーるど☆
cherry*merry*cherry
スローライフ・ファンタジー
メルヘン∞メタモルフォーゼ!
薄紅
Jet to the Future
青空リレーション

※表の中では、「奇数番目の公演(宮城・大阪・幕張)の曲」→「偶数番目の公演(石川・静岡・福岡)の曲」の順に並べました

SSAではオリジナルメンバーが揃って歌われた曲

4曲が該当した。

  • いずれも、SSAの出演者発表の時点でオリジナルメンバーが揃っていた曲であったため、SSAでオリジナルメンバーで歌われるであろうと予想はされていたわけだが、それ以外の会場でもメンバーを変えて歌われ、いろいろなアイドルの意外な個性を引き出してくれていた。
    • 特に、大阪の「サマカニ!!」はオリジナルメンバーが鈴木絵理さん(堀裕子役)一人だけで、意外性を出しながら新たな一面を見せてくれる枠だった?と思うほど。

曲名会場
宮城石川大阪静岡幕張福岡SSA1SSA2
サマカニ!!
純情Midnight伝説
桜の頃
Tulip

  • サマカニ!!
    • 宮城:大空直美◎、伊達朱里紗東山奈央鈴木絵理、のぐちゆり
    • 大阪:今井麻夏、大空直美◎、鈴木絵理、都丸ちよ、佳村はるか
  • 純情Midnight伝説
    • 宮城:金子真由美、三宅麻理恵、千菅春香、伊達朱里紗、のぐちゆり
    • 静岡:青木志貴、嘉山未紗、原優子村中知安野希世乃
  • 桜の頃
    • 大阪:立花理香、新田ひより、ルゥ・ティン
    • 福岡:金子有希、高田憂希、種崎敦美
  • Tulip
    • 幕張:今井麻夏、立花理香、杜野まこ、佳村はるかルゥ・ティン
    • 福岡:藍原ことみ飯田友子、大坪由佳、種崎敦美、山本希望

強調表示はオリジナルメンバー

※「◎」印は、オリジナルメンバーではなく、かつ2会場で歌っている出演者

オリジナルメンバーが揃っては歌われなかった曲

5曲が該当した。

  • 「Flip Flop」は、アニメ円盤付録でのオリジナルメンバー(赤崎千夏さん=日野茜役、金子有希さん=高森藍子役)が歌っていないが、デレステイベント版で追加で歌うことになった3人がSSA1日目で揃って歌っている。
  • 「Take me☆Take you」はオリジナルメンバーがそもそも9人いるため揃うのは難しいだろうが、福岡で種崎敦美さん(五十嵐響子役)が歌った以外は全員オリジナルメンバーである。SSA1日目では9人中6人が歌っている(残りの大橋彩香さん=島村卯月役と原紗友里さん=本田未央役はSSA2日目に出演、早見沙織さん=高垣楓役は出演なし)。

曲名会場
宮城石川大阪静岡幕張福岡SSA1SSA2
Nocturne
Flip Flop
Love∞Destiny
生存本能ヴァルキュリア
Take me☆Take you

  • Nocturne
    • 宮城:東山奈央、上坂すみれ、千菅春香
    • 石川:飯田友子洲崎綾、長島光那
    • SSA2:飯田友子千菅春香東山奈央
  • Flip Flop
    • 宮城:鈴木絵理、のぐちゆり、松嵜麗◎
    • 大阪:今井麻夏、新田ひより、松嵜麗◎
    • SSA1:嘉山未紗新田ひよりのぐちゆり
  • Love∞Destiny
    • 石川:青木瑠璃子、金子有希◎、津田美波、花守ゆみり、牧野由依
    • 静岡:青木志貴◎、青木瑠璃子津田美波、中島由貴、牧野由依
    • SSA2:青木志貴◎、青木瑠璃子大空直美、金子有希◎、津田美波
  • 生存本能ヴァルキュリア
    • 石川:金子有希洲崎綾、長島光那、原優子、春瀬なつみ
    • 福岡:青木志貴、金子有希木村珠莉、春野ななみ、村中知
    • SSA1:桜咲千依、木村珠莉佐藤亜美菜洲崎綾、中島由貴
  • Take me☆Take you
    • 幕張:原紗友里原田彩楓三宅麻理恵
    • 福岡:高田憂希高森奈津美、種崎敦美
    • SSA1:高田憂希高橋花林高森奈津美花守ゆみり原田彩楓三宅麻理恵

強調表示(青)はオリジナルメンバー

強調表示(緑)はデレステイベント版でのオリジナルメンバー(Nocturne、Flip Flopのみ)

※「◎」印は、オリジナルメンバーではなく、かつ2会場で歌っている出演者

【2017.8.20追記】上述したもの以外で、5thライブ中で「オリジナルメンバーではない曲を2会場で歌った」例

  • Rockin' Emotion
    • 石川:安野希世乃、原優子◎
    • 静岡:安野希世乃、原優子◎
  • ハイファイ☆デイズ
    • 静岡:黒沢ともよ春瀬なつみ、高森奈津美◎
    • SSA1:黒沢ともよ春瀬なつみ、高森奈津美◎、佐藤亜美菜★、大坪由佳、田澤茉純、杜野まこ

強調表示はオリジナルメンバー

※「◎」印は、オリジナルメンバーではなく、かつ2会場で歌っている出演者

※「★」:佐藤亜美菜(橘ありす役)はU149特装版の付録CDで歌っている

2017-08-01

シンデレラガールズ5th オリジナルメンバーなしで歌われた曲(宮城~福岡) #imas_cg_5th

| 23:51 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5th オリジナルメンバーなしで歌われた曲(宮城~福岡) #imas_cg_5th - 導線log

SSAで「オリジナルメンバーなしで歌われる曲」はそうそう出てこない(枠がなさそう)のでは?と思い、福岡公演終了の時点でまとめました。

※全員曲はカウントの対象外

※「オリジナルメンバー」は、デレステのイベント版編成で歌った場合も含む

【2017.8.14追記】SSAでは、メドレーパート(Serendipity Medley)で意図的にオリジナルメンバー以外を割り当てていた以外は、必ずオリジナルメンバーが一人は含まれていました。

  • 宮城
    • Nation Blue(桜咲千依、上坂すみれ、佐藤亜美菜、千菅春香、東山奈央)
  • 石川
    • 私色ギフト(高野麻美、高橋花林、花守ゆみり、春瀬なつみ)
    • オルゴールの小箱(青木瑠璃子、飯田友子、洲崎綾、高橋花林、長島光那)
  • 大阪
    • Wonder goes on!!(千菅春香、都丸ちよ、ルゥ・ティン、和氣あず未)
  • 静岡
    • Heart Voice(藍原ことみ、高野麻美、長島光那、牧野由依)
    • 心もよう(嘉山未紗、中島由貴、村中知)
    • 絶対特権主張しますっ!(黒沢ともよ、安野希世乃、原優子、春瀬なつみ)
  • 幕張
    • この空の下(五十嵐裕美、佐藤亜美菜、ルゥ・ティン)
  • 福岡
    • この空の下(藍原ことみ、春野ななみ、村中知)
    • SUN♡FLOWER(金子有希、木村珠莉、高田憂希、春野ななみ、山本希望)
    • Memories(渕上舞、松井恵理子)

シンデレラガールズ5thライブ 福岡1日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th

| 23:26 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 福岡1日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

名古屋でライブビューイングでの参戦でした。今まで使ったことのない(アイマスのLVではそもそも利用頻度の低い)センチュリーシネマに行ってきました。(名古屋市内では確かここしか残ってなかったというのもあったのですが、導線個人としては名駅より栄のほうが自転車で行きやすいので楽なんですよね)

今回は大阪1日目のレポートと同じく、「出演者それぞれについて」出来事や思ったことをまとめます。

※並び順は、全員曲と属性曲を除いて「公演内で早く出た順」です。一部、記載の都合により例外あり

大坪由佳さん(三村かな子役)
今回のセンター。(センターは個人的な予想では高森奈津美さんだと思っていたのだが外れた。)本人いわく「体型も気持ちもどしっとしてる」。
で、今回の大坪さんがどんなセンターだったかを簡単にいうと、「いちアイマスPらしい言動だった」と言っておきたい。各個人の発言に対して、いいものがあったら積極的に同意したり、自分の妄想をぶつけたり。しかもそれを勢いよくいうものだから、話がちゃんと進んでいってもいるわけで。いくつか名言(迷言)を上げておきます。
  • 高田憂希さんに「(祈りの花で持っていた)枝になりたい」と言う
  • 「好いとうよ」選手権で「優勝!」と叫びまくる
  • 「Take me☆Take you」の曲中で、顔の前のマイクを右手と左手で受け渡さないとならないシーンがあることについて、「つまみ食いしてるんでしょ?」という
終わりの挨拶では、「旗をバーンってしたときに、ワーッって声が上がって嬉しかった」と話していた。
最後に「これからも、アイマスですよ、アイマス!」を言う際、「アイドルマスターが大好きだった私から、これが言えるなんて!」って言ってたのが印象的だった。幕張にてセンターの佳村はるかさんが、これまでのことを思い出して、心をこめて言った「アイマスですよ、アイマス!」とは背景こそかなり違うのだが、同じくらい感激もののこの一言になった。曲では、今回もまたソロ曲「おかしな国のおかし屋さん」を、王子役に青木志貴さんを起用して披露。さらにサプライズ起用として「Tulip」でセンターを担当というものも。「なんてね」の部分も任されていたわけで、ここはあまり見ることのないであろう、「色っぽいかな子」を出してくれていた。イラストで言うと「[クリーミィトライフル]三村かな子+」みたいな。
山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)
今回のトップバッター。そして4th埼玉2日目に続いてまたも「Yes! Party Time!!」の次で「SUPERLOVE☆」を歌うことに。(※この日は、最初の全体曲が「Yes! Party Time!!」だった)
「Tulip」にも登場。「お姉ちゃんの歌を莉嘉が歌いたがってたので、莉嘉も喜んでいたと思います」と話していた。
毎度であるが、ライブ前は大好きなラーメンを自粛しているとのことで、今回は福岡で「うまかっちゃん」を買い、終わってからの楽しみにするとのこと。
高森奈津美さん(前川みく役)
「Nothing but You」で、デレステでの内容に合わせてとはいえ、猫耳を外して出演。猫耳なしでライブに出たのはかなり久しぶりとのこと。また「寂しそうに猫耳を置いた」と言われていた。ダンスが細かくて難しく、そんな大変なときに「王子」こと飯田友子さんに抱かれていたとのこと。
「ニャンと☆スペクタクル」の早口言葉パートで、カメラワークが「高森奈津美さんの口と、背景の映像(歌詞が出ている)を交互に映す」ということをやってくれていた。視聴者が気になるであろうところを映してくれてカメラマンさんに感謝。
下地紫野さん(中野有香役)
持ち歌は1ブロック目のみでの披露となっていたのだが、恋色エナジー→Nothing but Youという雰囲気のまったく違う2曲で、有香の違う面を見せてくれた。
過去に福岡に来たのは、空港を経由したことだけだったとのこと。
木村珠莉さん(相葉夕美役)
地元民その1。「lilac time」では花冠を付けて登場したのだが、これは衣装が赤系で夕美っぽくないので、夕美らしさを出そうと付けたものだったとのこと。
地元力を発揮したのは「好いとうよ」選手権。多くのメンバーが最後のみ方言になる中、ライラックの花言葉を方言で説明した上で、そこから「好いとうよ」へ持って行くという完璧な地元民らしさ。これで優勝してのけた。ちなみに優勝賞品は「水筒」*1
飯田友子さん(速水奏役)
「Nothing but You」が、これイメージ合いすぎじゃね?って思って見ていた。「Tulip」は、普段と違うメンバーであったとはいえ、王子はもう安定ですね。
終了後の舞台裏で、みんなに脚を冷やす湿布を配ってたとのこと(2017.7.31のデレラジ☆より)。いつもだけど流石王子ですわ
藍原ことみさん(一ノ瀬志希役)
今回のこの15人という中でこの曲が選ばれるということ自体がサプライズだった「この空の下」を歌った方その1。静岡のときに書いたことと重なるのだけど、志希の声で自然に歌う、というのがどんどんレベルが上がっている。「Tulip」はオリジナルメンバーの一人であるが、今回の歌唱は原曲での志希のパートとは違う箇所を歌っていた気がする。(詳しくは覚えていない)
村中知さん(大和亜季役)
「この空の下」を歌った方その2。イケボすぎるでしょう…静岡での「エチュードは1曲だけ」もよかったけど、これもよく合っていた。「生存本能ヴァルキュリア」はさらに亜季らしさも出ていた。
準・地元民といってよいだろうか。実は本籍は九州にあって、来られてよかった、とのこと(終わりの挨拶にて)。
春野ななみさん(上田鈴帆役)
「この空の下」を歌った方その3。春野さん今回がシンデレラガールズのライブ初出演だけど、まさかここに入ってくるとは…。春野さんは「最初に歌う曲がまさかバラードだとは」「(歌詞の)笑顔とか夢とか、鈴帆っぽいところから選んでもらったのかなと」と話していた。
「生存本能ヴァルキュリア」もまた意外な選出。ダンスが大変だったが何とか覚えたとのこと。
準・地元民(宮崎出身)なわけだが、福岡ではだいぶ方言が違う模様。
最後の挨拶で「プロデューサーさんを笑顔にしてあげないと思っていたら、自分が笑顔になった」と話していた。私たちも出演者がいい顔で演じているのを見るからこそ楽しいんですよ…!
高田憂希さん(依田芳乃役)
地元民その22ブロック目の出だしは、高田さんをメインに据えた前半最大のハイライトじゃないかと思う。「桜の頃」をオリジナルメンバーとして歌い、そこからそのままソロ曲「祈りの花」へ。あの流れは芳乃Pでなくても死にますわ…。最初の方は芳乃の声で歌うのをつらそうにしていたようにも見えたが、最後はもう芳乃と化していた。
1ブロック目と2ブロック目の間のトークで、高田さんがトークを回す役目になっていて、ここで1ブロック目で歌がなかった高田さんが出てきたということは、2ブロック目の出だしは高田さんかな?と思ったらまさにその通りだった。ちなみにそのトークパートで高田さんは「今までシンデレラで回すことなかった」と発言していた。そもそもライブは初だし、生放送とかもそれほど出てないですからね…。
「好いとうよ」選手権では、芳乃の好物である煎餅にちなみ、福岡の「めんべい」(明太子煎餅)を宣伝…ではなく一緒に食べようと誘ってきていた。
金子有希さん(高森藍子役)
地元民その3今回の会場のある北九州市出身である。友人がチケットを取って来ている、と話してた。当人のTwitterによると、アイマスを知らない方までもPになってくれたとのこと。「生存本能ヴァルキュリア」では、クール成分を出していこうとしていたのだが、津田美波さん(小日向美穂役、事務所の同期でもある)に「クール成分ないじゃん」とツッコまれたとのこと。
種崎敦美さん(五十嵐響子役)
準・地元民(大分出身)。家族も来ていたとのこと。
「好いとうよ」選手権で、ハンバーグを(エアで)作って食べさせてくれる仕草が最高にかわいかった。
終わりの挨拶では、石川公演での「Becauseなぜなら」のような迷言こそ出なかったが、途中で大分の宣伝をし始めたり(「温泉で汗を流して…」と話していた)、石川公演以上に話すときの手の動きが多かったりと、大坪さんに不安な目で見られていた。
あと、大坪さんにネタにされすぎじゃないですかね?「桜の頃」に起用されたことを「和風ハンバーグ」と言われたり、「好いとうよ」選手権で「Because種崎さん」と呼ばれたり。
青木志貴さん(二宮飛鳥役)
「おかしな国のおかし屋さん」4代目王子*2飛鳥の台詞+ポーズを取る中二王子。最後はこの二人が同じポーズで決めた。2代目王子の飯田友子さんが「(大坪さんは)すぐに王子を乗り換える」と嫉妬していた。
あと、「生存本能ヴァルキュリア」ではセンターに起用&「生き残れ」担当。大音量で一発ぶつける4th神戸*3の「生き残れ」とは違い、飛鳥らしい、絞り出すような声の「生き残れ」であった。
渕上舞さん(北条加蓮役)
地元民その4北条加蓮の親戚のお姉ちゃん。*4
初披露の「Frozen Tears」で浄化された。そしてそこに「Memories」のイントロ、松井恵理子さんが飛び入りでざわつく。この二人をどこかで組み合わせるのは間違いないだろうなあとは思っていたが、まさか「Memories」で来るとは…でも最高でした。大坪さん「全Pが泣いたMemories」
「Frozen Tears」はリズムを取るのが難しく、ライブでうまく歌えるかが不安だったとのこと。
「好いとうよ」選手権では、加蓮の台詞を方言化して言ってくれた。惚れてしまう…
「私のはじめての一つ、覚えておいてね」*5
余談だが、渕上さんは雨女として知られているのだが、今回は雨にはならなかった。松井さんが雨を食い止めているらしい。あと「雨上がりの曲が3曲ある*6」(金子有希さん談)のが効いたのかもしれない。
松井恵理子さん(神谷奈緒役)
個人的な今回のMVP。「自分がかっこいいかと言われるとわからないけど、かっこいい表現のほうがしやすいと思っている」(動画参照)、という奈緒に回ってきたかっこいい曲「Nothing But You」を歌い上げ、さらに前述の「Memories」の後にはかっこよすぎる新ソロ曲「Neo Beautiful Pain」。そんな新たな奈緒を最高にかっこよく表現してくれていた。何あの床に足を叩きつける激しいダンス…
「Memories」はステージに向かって右手に立っていたのだが、それゆえにマイクを左手で持つ必要があり(2人で左右対称の動きにするため)、「奈緒みたいに左利きになりたい!」と言っていた。
「好いとうよ」選手権では安定のツンデレ。ああもう奈緒かわいいんだから

*1:優勝賞品を「水筒」にすることを発案したのは、青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)だったとのこと(2017.7.31のデレラジ☆で言及あり)。

*2:初代:4th SSA2日目(上坂すみれさん=アナスタシア役)、2代目:5th 石川1日目(飯田友子さん)、3代目:5th 石川2日目(安野希世乃さん=木村夏樹役)、5代目:5th 福岡2日目(春野ななみさん)

*3:1日目は千菅春香さん(松永涼役)、2日目は松田颯水さん(星輝子役)が担当していた

*4:「好いとうよ」選手権において、加蓮が渕上さんに方言を教えてもらったという体で話し、渕上さんが「北条加蓮の親戚のお姉ちゃん」ということになっていた

*5:渕上さんがシンデレラガールズの地方公演に参加するのは初めてだった、という意味で言った

*6:「lilac time」「青空リレーション」「SUN♡FLOWER」の3曲

2017-07-25レポートがこんなに遅くなったのは帰省が挟まったからです

シンデレラガールズ5thライブ 幕張2日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th

| 02:10 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 幕張2日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

今回は名古屋でライブビューイングでの参戦でした。

はじめに

今回センターを務めたのは佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)だったのだが、最後の話を聞いてると、佳村さんがシンデレラガールズに参加できて成長もできたし本当にうれしい、というのが伝わってきた(話してたことの詳細は後述)。ステージ上もしっかりまとめていたし、センターにふさわしい活躍だったよ…

曲とか

  • 「あいくるしい」で水本ゆかりらしさを存分に出してくれた藤田茜さん。また3人のうち金子真由美さん(藤本里奈役)だけはこの曲の歌唱経験がなかったが(残りは立花理香さん=小早川紗枝役)、歌唱がなかなか合っていた。
  • 「NUDIE★」で、佳村はるかさんの体を曲に合わせて映していくカメラワーク
  • 2ブロック目の流れは泣く。
    • まず「薄紅」という、情景を感じさせる歌。私これ本当大好き。
    • その憂いのこもった感じを引き継いだまま「in fact」。佐藤亜美菜さん(橘ありす役)が、お椅子*1に座って歌うという新しい演出、そして曲が終わりに近づくと光が差し込んでくるという、感情の変化を表したかのような素晴らしい演出
    • しかもその後、亜美菜さんがステージに残ったまま、五十嵐裕美さん(双葉杏役)とルゥティンさん(塩見周子役)が入ってきて「この空の下」。ありす「もう大丈夫です」杏・周子「もう大丈夫だよ」って雰囲気…。今回のツアーでだいたいどこかで挟まれる「オリジナルメンバーがいない曲」がこう活用されるとは…。
    • それが終わると、もう一度憂いのこもった曲、しかしながらアップテンポな「AnemoneStar」が突っ込まれる。
    • ブロックの締めくくりは、ライブ初披露の「命燃やして恋せよ乙女」。デレステの雰囲気が再現され、さらにパワーアップしたものを見せてくれた。
  • 「Nation Blue」を歌う今井麻夏さん(佐々木千枝役)は、千枝っぽさはあまりなかったのだが、かっこよすぎた!
    • 一方で、「Tulip」は千枝らしさを出しつつセクシーに歌いあげた。大阪でもここでも持ち歌を歌ってないのは残念に思ったが、ユーティリティプレイヤーとしての大活躍に舌を巻いた。
  • 「Snow Wings」では、最初はステージや階段の上で歌い、途中で下に集まってくるという演出。しかも下に集まる際にみんな楽しそうな表情で、「アイドル達が本当にこんなに楽しそうにしてると思うと…」と感じた。
  • 「Can't Stop!!」の際、映像だけではなく本物のミラーボールを使用
  • 「メルヘン∞メタモルフォーゼ!」で、宮城のときにはなかった「ウサミンキュンキュン砲」の映像が追加された
  • 「With Love」で、ウェディングドレスらしくするためにベールを装着することになった
    • 出演者も振付師も付けたかったとのこと(翌日のデレラジ☆にて言及あり)
  • アンコール前の最後の曲である「夢色ハーモニー」で、間奏の台詞を任されたのは今井麻夏さん

途中の発言とか

  • 今回の出演者、キャラのほうが千葉出身なのは未央だけ→「ウサミンは?
  • 「NUDIE★」で佳村はるかさんがステージに出ていくとき、「スッポンポンになってきな」(NUDIE★的な意味で)と言った三宅麻理恵さん(安部菜々役)
  • 「スローライフ・ファンタジー」を聞いて三宅麻理恵さん「老後はこういう生活したい」→福原綾香さん(渋谷凛役)「私も」
    • 歌った五十嵐裕美さん「私の欲望通りの歌
  • 原紗友里さん(本田未央役)と五十嵐裕美さん、これまで距離感があったため、「さゆちゃん」「ひろちゃん」と呼び合うことにする
    • その流れで、佐藤亜美菜さんも「アミナチャン!」(「チヨチャン!」の言い方で)呼びに
  • 金子真由美さん、髪の編み込みをハート型にする
  • 金子真由美さん「里奈っぽいものを見つけると買ってしまう」
  • 水本ゆかりが「あいくるしい」を歌うことになったことについて、藤田茜さん「15歳でどんな感情で歌うんだろう…」
  • 立花理香さん、藤田茜さんがダンス練習している背中を見ながら朝食を取っていた
  • 佐藤亜美菜さん、単に椅子に座っただけでも「in fact」と言われる(上記)
  • 福原綾香さん、「AnemoneStar」にちなみアネモネのピアスを付けてきた
  • 立花理香さん、原田彩楓さん(三船美優役)に「大人の色気見たいな」と振る。その後和氣あず未さん(片桐早苗役)にも振る*2
  • 立花理香さん「すぐ隣に球場があってテンションが上がってる杜野まこさん(姫川友紀役)」*3
  • クイズのコーナー(千葉県のある場所で何かをしている、という即興劇を見て答える)で、「三船美優が姫川友紀を連れ出して九十九里浜でスイカ割り」というシーンが演じられたのだが、その際に山下七海さん(大槻唯役)が「唯がゆっきーの家を掃除させられた」というシーンに言及(※デレステのイベント「きみにいっぱい☆」のコミュ3より)
  • 佳村はるかさん「(Snow Wingsで)セクシーギャルズが揃った」
  • 他人の出番のとき、舞台裏で映っている映像を動画に撮りまくった佐藤亜美菜さん。そういえばミリオンライブ4thで山崎はるかさん(春日未来役)が似たようなことしてましたね
  • 杜野まこさん「機会があったら、"With Love"使っていただきたい
    • 作曲の渡部チェルさんともそんな話をしていたとのこと
  • 佳村はるかさん「さやさや(原田彩楓さん)、Take me☆Take youを泣きながら歌ってた」
  • 杜野まこさん・佳村はるかさん、腰の回し方を今井麻夏さんに教えてもらった。決して千枝ちゃんがイケナイ子というわけではない。

終わりの挨拶

  • ルゥティンさん「よろしゅーこ」
  • 佳村はるかさん「(センターを務めることになって)いっぱいいっぱいだったけど、ゆきんこさん(五十嵐裕美さん)が"頼れよ!"って言ってくれた」「亜美菜ちゃんとかも」
  • 佳村はるかさん「感謝することが(周りの人に)すっと入る、と言われた」
  • 原紗友里さん「ただいま!」(未央の出身地の千葉で公演ができた、ということで)
  • 五十嵐裕美さん「(ツアーが後のほうになってきて)みんな本気出しすぎじゃない?」と杏らしい発言
  • 佐藤亜美菜さん「(アイマスと関わるという意味で)長生きしたい!って思いました」
  • 最後の退場前、佳村はるかさん「心をこめて、これからも、アイマスですよ、アイマス!」と言う。「心をこめて」が声に出るくらい心をこめて言っていたんだなあ…と
    • 自分が何を言ったか気づかず言っていたとのこと(翌週のデレラジ☆で言及あり)
  • 最後の退場時に、佳村はるかさんが「アイマス最高!」って言って退場したのが非常に印象的だった。きっと「アイマスのおかげで成長できたし楽しい思いもできた」ってことなんだろうなあ…。この話を以前に読んでいたので→アイマスに出会って歌が好きになった声優・佳村はるかさんのお話。 - Togetterまとめ

*1:ブロックの合間のトークで、「お椅子」と言っていた

*2:この二人は、キャラでは年長なほうだが、中の人は年少なほうである

*3:なお、この二人は一緒に野球番組をしている。りか&まこの文化放送ホームランラジオ!スタDON

2017-07-05

シンデレラガールズ5thライブ 静岡2日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th

| 01:18 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 静岡2日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

今回は2日目のみ現地で参加でした。

エコパアリーナ

敢えて、ちょっと残念だったところから言っておく

今回もまた、元の歌唱メンバーと違う組み合わせなどで楽しめたわけだが、ただ以下の2つの割り当てについては良くなかったんじゃないかなあ…と思った。歌うにあたって苦しそうにしていたのが目立って見えてたんですよ。

その出演者・曲は、長島光那さん(上条春菜役)の「Heart Voice」と、村中知さん(大和亜季役)の「心もよう」。

この二人、「エチュードは1曲だけ」ではとてつもないハマり役だったんだけどなあ…。

席がなかなかよかった

座席

最前ブロックという、自分がこれまでアイマスライブに現地参戦した中では一番いい席に。

出演者が結構な割合でちゃんと見られる、ってのがこんなに素晴らしいとは…(もちろん大型ディスプレイを見るときは見ますけど)

なお最初と最後の全員曲では、高森奈津美さん(前川みく役)と安野希世乃さん(木村夏樹役)が近かったです。

シンデレラガールズのライブ初出演組について

  • 中島由貴さん(乙倉悠貴役)のファンになります。「追い風Running」はもとより、「心もよう」でも乙倉ちゃんがいた…と思いましたもの(パフォーマンス的に)。
  • 嘉山未紗さん(脇山珠美役)「心もよう」を優しく歌い上げたと思ったら、「純情Midnight伝説」ではいつもの元気な珠美になっていたり(しかもネタ枠までもらう)と楽しませてくれた。

インパクトの大きかった曲、曲中の出来事など

  • 全体曲で、センターの青木瑠璃子さん(多田李衣菜役、身長170cmの隣が春瀬なつみさん(身長145cmくらい)で、残酷な身長差になっていた
  • 全員曲を除いた最初の曲は、黒沢ともよさん(赤城みりあ役)に春瀬なつみさん(龍崎薫役)を加えた「Romantic Now」。二人が背中合わせのシーンを見せるなど、楽しさ全開という雰囲気を生み出してくれた
    また、春瀬さんは演出家に「遊んで」と言われてたとのことで、曲中の動きなども春瀬さんが主に考えていたとのこと。そして、持ち歌であるほうの黒沢さんがそれに乗る形だったと。春瀬さんここまでやってくれて…。
  • 高森奈津美さん、今回も「ニャンと☆スペクタクル」の早口言葉を成功。「(早口言葉のところになると)みんな静かになってしまう」「こんなに喜んでくれるとは」と話していた
  • 津田美波さん(小日向美穂役)「空と風と恋のワルツ」の途中の方言バージョンは「だもんで、だめー」。なお方言指導は静岡出身の朝井彩加さん(早坂美玲役)
  • 藍原ことみさん(一ノ瀬志希役)、「秘密のトワレ」がどんどんレベルアップしてるように思った。あと「Heart Voice」でも目立ってた。
  • 青木志貴さん(二宮飛鳥役)「共鳴世界の存在論」のイントロ中に「さぁ、証明しろ。君たちの声で、このライブで」と、自分がデレステで聞き慣れている(SSR[≪偶像≫のフラグメント]二宮飛鳥)台詞を言ってくれて私歓喜。なお、これは2日目に追加したとのこと。
  • ハイファイ☆デイズに高森奈津美さんが入っていたのが意外だった。しかし、あのメンバーでもみくにゃんは合うなあ… しかし、中の人的には「高森奈津美さんが得する編成」だったのかな?w*1
    今回のメンバーなら「ØωØver!!」来るでしょ…って思ってたけど来なかったのは残念でしたが。
  • 「純情Midnight伝説」で、原優子さん(向井拓海役)の声が大きすぎてびっくりした。「マイクからはみ出る地声*2

途中の発言とか

  • 最初の注意事項でちひろさん「お茶で水分補給をしたり…」と静岡なネタ
  • 嘉山未紗さん「(ライブに出るのが)2日目だけど、ライブのとりこになってしまいました
  • 「き・ま・ぐ・れ☆Café au lait!」を歌った髙野麻美さん(宮本フレデリカ役)「(ライブで)ソロは初めてだった」
    • これまでは寸劇曲でしたからね…(ゆかちんパン食い事件とか)
  • 牧野由依さん(佐久間まゆ役)、宿泊した部屋にて、隣の部屋から壁を叩く音や猿のような声が聞こえたと発言。※犯人は原優子さん
  • Heart Voice組の共通認識「Heart Voiceは難しかった」
  • 津田美波さん「さわやかなブロック」→みんな種崎敦美さん(五十嵐響子役)の気持ちになる*3
  • 「追い風Running」でウィンクを見せた中島由貴さん。それは気づかんかった…
  • 石川の「劇団あいくるしい」に続く、今回の「劇団心もよう」
  • 「shabon song」を歌った黒沢ともよさん「お姉ちゃんになったみりあを見せた」
  • 「shabon song」を歌った長島光那さんが練習時に言われたこと「(声の)攻撃力下げて、って言われた」
  • 「shabon song」組がシャボン玉に乗ってやってきたようだ、という発言に対して青木瑠璃子さん「私たちはジェットに乗ってきた」(Jet to the Future)
  • 青木瑠璃子さん、歌唱後のトークパートで、安野希世乃さんからもらったブレスレットを見せる(袖に隠していた)。→安野さん、付けているものだと思わなかった上にこの場でバラされて慌てる
  • きき茶クイズ(地元の名産・掛川茶を当てる)には、青木志貴さんと中島由貴さんが挑戦。二人ともうまいコメントが思いつかない。そして二人とも外す。
    • その際、黒沢ともよさんも加わろうとして「みりあもやー…らない!」会場大爆笑
  • Love∞Destinyのダンスにて、腰の動きがキレッキレだった中島由貴さん(青木志貴さん談)、腰を2回回した青木瑠璃子さん
  • 青木志貴さん、ライブ前日に静岡銘菓「こっこ」を5箱買い、しかも全部自分で食べるという宣言をしていたのだが、この時点ですでに1箱食べていたとのこと。
  • 青木瑠璃子さんの「Sparkling Girl」を見て泣いていた津田美波さん

アンコール、終わりの挨拶

  • 黒沢ともよさん「私たちのライブなんだ、って思いました」「るーりぃ(青木瑠璃子さん)の背中が大きくてかっこよかった*4」「Sparkling Girlでうるうる来てた」
    • 黒沢さんの終わりの挨拶は、これまではあっさりしているほうだと思っていたので、ここまで思いをたくさん語ってくれたのはうれしかった
  • 青木瑠璃子さん「石川で、"ハードル上げていくからな"って言って後悔した」「(センターに立つことになって)はっしー(大橋彩香さん=島村卯月役、普段のセンター、大阪公演でのセンター)、れいちゃま(松嵜麗さん=諸星きらり役、宮城公演でのセンター)から連絡もらった」
  • 青木志貴さん、終わりの挨拶で泣かないつもりなのに泣いてしまった→髙野麻美さん「もらい泣きしちゃった」
  • 「き・ま・ぐ・れ☆Café au lait!」で泣きそうになった安野希世乃さん、「Romantic Now」で泣きそうになった津田美波さん
  • 春瀬なつみさん「3rdで、やすきち(安野希世乃さん)見てかっこいいと思った」
  • 最後の「お願い!シンデレラ」で、EXILEのような体を回すダンスを見せた3人。前から順に牧野由依さん、高森奈津美さん、長島光那さん。(他の方のレポートを見ると、さらにその後ろに春瀬なつみさんもいたらしい。自分は確認できなかった)

*1:高森奈津美さんは各所での言動からロリコンだと言われる

*2:2016.9.12の「青木瑠璃子のI have Controller」第18回で津田美波さんが言っていた

*3:静岡県内のみのハンバーグチェーン店「さわやか」にちなむ

*4:物理的にも大きい(身長170cm)

2017-06-29

Sparkling Girl 吹奏楽アレンジ(四重奏)

| 03:12 | はてなブックマーク - Sparkling Girl 吹奏楽アレンジ(四重奏) - 導線log

作りました。李衣菜誕生日おめでとう!ライブのるーりぃかっこよかった!

(2017.7.1追記)作った経緯

im@s_PB(アイドルマスタープロデューサーズ楽団)の演奏オフでは全体で合奏する曲のほかに、「誕生日企画」といって、その月に誕生日のアイドルの曲を演奏したい人が前に立って演奏する(音源を流す+それに合わせて演奏、ということが多いが、合奏のことも)という時間が設けられている。

自分も過去にたびたび誕生日企画で演奏していたのだが、管楽器においては演奏しやすさが曲の調にかなり依存するため、これまでは演奏しやすい調の曲の中から選ぶということをしていたのである。(音源を流して演奏もする前提で考えていたこともあり、キーを変えることはしたくなかった。)

だが今回は、「自分で楽譜を書くのならば、キーを自由に変えられるし」ということで、原曲の調ではトランペットで演奏しにくい曲であるSparkling Girlを演奏することにしたのである。(原曲の調はE-Majorで、これはトランペットのB♭管の楽譜ではシャープが6個付く。)今までは楽譜を一度書くという時間が取りにくかったということで楽譜を書かずにその場で吹いていた(事前に指遣いの練習はしている)のだが、今回は何とか時間を取って書いた。

ちなみに今回のアレンジでは、音域の都合もあって、キーは4つ上げたA♭-Majorにしている。また演奏オフのときの演奏では、そのままの音源をキーを変えるわけにいかなかったので、カラオケ音源のキーを変えたものを流した上で演奏した。

(2017.7.1追記)余談

動画のところのSSR李衣菜の絵は、自分でお迎えしたものです。(スカウトチケットでです

【個人用メモ】ミリシタの、音楽ゲームとしてのデレステとの違い/ガルパとの違い

| 02:50 | はてなブックマーク - 【個人用メモ】ミリシタの、音楽ゲームとしてのデレステとの違い/ガルパとの違い - 導線log

まとめとして

  • デレステからミリシタへの参戦は、慣れるまでしばらく時間がかかると思ったほうがいい
  • ガルパからミリシタへの参戦は、フリックの向きに慣れるのが一番重要かな

ノーツの種類ミリシタデレステガルパ
フリックの現れ方単独、長押しの終端単独、長押しの終端、フリックの横方向への連続単独、長押しの終端
フリックの向き左・右・左・右向きはない
フリックの取り方その時点で通過すればよいその時点で通過すればよい一度その場所でタップする必要あり*1
タップ位置の判定厳しい緩い緩い
ノーツの流れる速度(全体)判定ライン近くで遅く
判定ラインから遠いと速い
判定ライン近くで速く
判定ラインから遠いと遅い
判定ライン近くで速く
判定ラインから遠いと遅い
ノーツの流れる速度(ノーツごと)通常より速いものや遅いものが多数混ぜられている*2特になし特になし

*1:ただしデレステでも、極短の長押し→フリックという形で類似の処理を求められる譜面はある

*2:もしかして、太鼓の達人のシステムを参考にした?

2017-06-10

シンデレラガールズ5thライブ 大阪1日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th

| 02:17 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 大阪1日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

今回は1日目のみ参加。名古屋でライブビューイングでした。

今回ちょっと思うことが多すぎるので、出演者それぞれについて出来事や思ったことをまとめます

※並び順は、全員曲と属性曲を除いて「公演内で早く出た順」です。

大橋彩香さん(島村卯月役)
過去2公演の内容から類推すると、はっしーは今回は積極的にメインを張るわけではなく、どちらかといえばサポート役に近いのかなと予想はしていた
実際そんな具合だったというか、トップバッターで満面の笑みで「はにかみdays」を歌い、会場を熱くする役割だったのかなあと。「はっしーの笑顔は世界を救う*1」。
あと、「キミのそばでずっと」を歌ってくれたのもうれしかったですね。卯月が総選挙で1位になったときの曲ですもの。
松嵜麗さん(諸星きらり役)
宮城に続いて「にょわにょわーるど☆」と「Flip Flop」で登場。今回も「Flip Flop」内で行うネタを考え、「神社の境内で遊んでいる」というイメージで、はないちもんめの動きをするというのを提案し行った。他にも気遣いある言葉に新田ひよりさんが泣いたり(後述)と、本当他の方への気配り・気遣いのすばらしい方ですわ…
大空直美さん(緒方智絵里役)
芸人枠。サマデレの際に行ったキレ芸を松嵜麗さんに振られると、キレ芸発動、他の全員を正座させ、松嵜さんにキレながら「燕…調子ええねんか?」という。松嵜さん崩れ落ちる*2
でも楽曲ではフェアリー大空だったんですよねえ…cherry*merry*cherryは本当に妖精さんが寄ってきそうな智絵里になっていた。
新田ひよりさん(道明寺歌鈴役)
持ち歌では「Flip Flop」と「桜の頃」の2曲両方で登場。微妙にメンバーが揃わないので、片方歌われればいいほうかなとも思ったのだが、両方歌ってくれた。「Flip Flop」の最後でコケるという歌鈴力。「かしこみ~かしこみ~」という歌鈴の台詞も言ってくれた。
過去にデレラジでもあったが、話すときに手がとてつもなく動く。大橋彩香さんと種崎敦美さん(五十嵐響子役)と並べよう。(提案)
あと最後の挨拶で大泣き。松嵜麗さんの「初登場の子たちをほめてあげて、歌とかも一から覚えてなんだから」という言葉で。
今井麻夏さん(佐々木千枝役)
大阪公演のスーパーサブその1。唯一の持ち歌である「ハイファイ☆デイズ」はメンバー的になさそうなので、宮城の佐藤亜美菜さん(橘ありす役)に近い役回りなのかなと予想したのだが、実際その通りだった。声や歌い分けからも千枝ちゃんとしての主張がしっかり出ていたのがよかった。
ただ、スーパーサブとしては十分すぎる活躍だったんだけど、スーパーサブ以上の役目がなかったのはちょっと寂しい。千枝ちゃんに早く2曲目を与えてほしいです…(法子も然り)
和氣あず未さん(片桐早苗役)
「モーレツ★世直しギルティ!」の前奏がかかって大盛り上がり。鈴木絵理さん(後述)と息の合ったセクシーを見せてくれた。でもこれでも、今回の出演者で年齢公開者の中では3番目(ほぼ「2番目タイ」)に若いんですよね…*3
鈴木絵理さん(堀裕子役)
芸人枠(ネタにされる枠)「(身長が)小さくて見つからない」という、池乃めだか師匠のネタを実施。当人いわく「曲よりもネタで緊張した」とのこと。
「モーレツ★世直しギルティ!」では、裕子としてのセクシーを出すために「真面目にふざけた」と話していた。
佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)
「モーレツ★世直しギルティ!」のあと、MCを挟んだ最初の曲「NUDIE★」を歌うわけなのだが、「モーレツ★世直しギルティ!」についてのトークで「セクシーは秘めるもの」という話があり、それを受けてどんなセクシーにするか迷いも出てしまったとのこと。でもしっかりセクシーを出してきてて、よかったと思いましたよ!
本来の持ち歌ではない「サマカニ!!」でも登場、こちらはセンターに。「砂浜にいるギャルのようだった」と話していた。またセンターになるということで、川島瑞樹のパートを担当するわけなのだが、そのパートの「ソー、シャル・ウィー・ダンス?」の部分が好きだったとのことで、これを歌うことになって川島瑞樹役の東山奈央さんにも連絡したとのこと。
立花理香さん(小早川紗枝役)
「薄紅」が本当に好きになったこともあって楽しみにしていた。もう世界観に引きずり込まれてました。あと予想通りでしたが「Lunatic Show」にも参加。紗枝としてどう歌うか悩んだとのこと。そりゃ悩みますよね…
ちなみに「薄紅」のときの衣装は羽衣のようなショールだったので、羽衣小町ということで次これ「青の一番星」来るんじゃね?と思ってたら本当に来ました。二人が揃い踏みというのとかはなかったけど。
また、初めて「アタシポンコツアンドロイド」に参戦。そのレッスンの際、出くわした和氣あず未さんに「りっかさんポンコツですか?」と言われたとのこと。
ルゥ・ティンさん(塩見周子役)
上述の立花理香さんの欄で書いた通り、「薄紅」→「青の一番星」の繋ぎでは揃い踏みとならなかったのだが、「桜の頃」で一緒になる。イメージ合いそうな周子で合わせてきたなー、と。その後のトークで「青の一番星では、その場で扇子を開いた。失敗して開けなかったらどうしようと思った」という話があったのだが、そういうようにしてたっての見てなかったよ…
「エチュードは1曲だけ」では、「歌詞の"ギュンギュン"の部分は胸を寄せるようにしてやる」と言われ、最初は戸惑うもやってるうちに楽しくなってきた、ということを話していた。
「Wonder goes on!!」ではエアギターをする部分があるのだが、そこは青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)のを見て勉強したとのこと。
大阪出身ということで、関西ローカルCM「551の豚まんがあるとき」を改変した「シンデレラガールズがおるとき」を、大空直美さん・佳村はるかさん・松田颯水さんの大阪出身組と実施。
2年前の6月9日が周子のボイス実装日で、ちょうど2周年の日にステージに立てたことを喜んでいた、というのがちょっとしたハイライト。
内田真礼さん(神崎蘭子役)
「LEGNE(以下略)」とどっちが来るかなーと思っていたのだが、かなり久しぶりとなる「華蕾夢ミル(以下略)」が来た。蘭子ワールド。そして最後のサビの前に桜咲千依さん追加投入によるらんこうめ。らんこうめ曲とか出ないかなあ…
ちなみに、大阪ということで「蘭子がお好み焼きを作るとしたら?」という話題で「イカスミの黒いソースに、薔薇の花びらを散らしたお好み焼き」と回答していた。
余談だが、「エチュードは1曲だけ」における唯一のオリジナルメンバーであった。
ちょっと欲を言えば、まあやさん大阪でしか出演がないので(SSAも不出演)、もう1曲あったらよかったな…と思った。
桜咲千依さん(白坂小梅役)
チヨチャン!チヨチャン!赤く染まった、血液を感じる*4会場で「Bloody Festa」と「Lunatic Show」。今回もぴょんぴょん跳ねた。そんでもって声はかわいいんだもの。
個人的には、都丸ちよさんとの「ちよコンビ」で何かすることを期待していたが、それは特になかった。
松田颯水さん(星輝子役)
もう一人の、会場が赤く染まる歌の担当者。「PANDEMIC ALONE」でキノコが炎上する映像とともに歌う。毎度思うんだけど、焼けちゃったらダメだよねそして「Lunatic Show」。安定のかっこよさでした。
アンコール時の挨拶で、「事務所の後輩が初めて(シンデレラガールズで)ステージに立った」と話し*5、その「後輩」である新田ひよりさんが泣く。
アンコール後の退場時、最後に退場したのが松田颯水さん&大空直美さんだったんだけど、そのときに「ほななー」と言って出ていくのが印象的でした。大阪の絆。というか、たぶん「めっちゃすきやねん」の絆。
千菅春香さん(松永涼役)
大阪公演のスーパーサブその2。持ち歌での登場はなかったものの、「Lunatic Show」と「Wonder goes on!!」に登場。「Lunatic Show」は、これ声という面では普通に涼は合うよね?って思った。「Wonder goes on!!」は、ああこれ木村夏樹の枠か…炎陣の繋がりもあるし声も合うしいいなあ…って思いながら聞いてた。
都丸ちよさん(椎名法子役)
大阪公演のスーパーサブその3。石川で「Sweet Witches' Night」が歌われたので、これ法子の唯一の持ち歌だけど大阪で歌わないことになるんじゃね?って思ったのだが、実際にその通りになった。それは残念だったのだが、ミスタードーナツのダブルチョコレートやエンゼルフレンチのごとく激甘な法子の声を、「Wonder goes on!!」「サマカニ!!」の2曲でしっかり主張して歌ってくれたのがうれしかった。サマカニ!!では出だしの台詞も担当して。
ドーナツアピールもしてくれた。大阪城ホールが丸みを帯びた形をしているのを見て「ドーナツみたい」と言ってくれたり、法子の台詞「オッケーオッケードーナツオッケー」を言ってくれたりしてうれしかった
だからなおのことですよ、「Sweet Witches' Night」が歌われるであろう埼玉1日目に行けないのが本当に無念でならない*6
法子が大阪出身ということで大阪弁もところどころで使うことにしたのだが、「せやな」など限られた言葉しか使ってなかった。

その他

  • 開始前の千川ちひろによる注意アナウンス、「もうかりまっかー?」とか「道頓堀にダイブ」とか大阪ネタをしっかり挟んできていた。会場に笑いが走る。
  • 大空直美さんや松田颯水さんが話していたのだが、大阪出身者にとっては、大阪城ホールでのライブというのは特別な場所と感じられるものとのことで、シンデレラガールズとしてこの場所に立てたことを喜んでいた。

*1:2016年9月の「はっしーバースデー」で、巽悠衣子さんがビデオレターで「へごちんの笑顔は世界を救う」と言っていたのを援用

*2:このとき、松嵜麗さんが応援しているヤクルトスワローズが9連敗中であった

*3:生まれ年まで違って若いのは新田ひよりさんのみ。また、大橋彩香さんと比べると生まれが5日早い

*4:トークパートで桜咲千依さんが、会場がライトで赤く染まったことについて「血液を感じた」と話していた

*5:松田颯水さんが所属しているアーツビジョンには、シンデレラガールズの声優は他に新田ひよりさんしかいない

*6:仕事ではないけど、シンデレラガールズよりもさらに優先度の高い予定があるんですよ…

2017-06-01

シンデレラガールズ5thライブ 石川2日目に現地参戦しました #imas_cg_5th

| 01:22 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 石川2日目に現地参戦しました #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

5月28日の石川(金沢)開催に現地参戦しました。

高速バスで金沢到着 金沢の武家屋敷街 金沢駅から会場へのシャトルバス 会場前に展示された馬車

はじめに

私がアイマスのライブで現地参戦となるのは、アイマス10thライブ(2015年7月)以来となった。シンデレラガールズ単独のライブに限定すれば、シンデレラガールズ2nd(3周年。2014年11月)以来である。

CD先行でチケットを申し込めるシリアルナンバーが2枚あったのだが、今回からチケットは本人確認が入るようになったとのことで、これが理由で申し込める場所がかなり限定された。結局、石川2日目と大阪2日目だけしか選択肢がなかったのでその2つに申し込んだのだが、石川が当選した。

ちなみに石川が2日目のみしか行ける可能性がなかったのは、1日目の日に別のイベントに参加する予定があったためだったので、金沢に前日入りすることもできず、日帰りで遠征した。

参加して

しばらくアイマスのライブはライブビューイングでしか参加していなかったわけなのだが、現地ってやっぱりいいなあ…と。

熱気とか、演出とか、全部伝わってくるし。

今回の座席が結構後ろ側だったので、大型ディスプレイを見ている時間も結構長かったのだが、そういった会場の雰囲気を見たかったこともあり、たまに出演者を直接見たりステージ全体の使い方を見たりもするようにしていた。

出演者の演技を見るだけなら、結局大型ディスプレイをずっと見ている=ライブビューイングと変わらないことになりそうなわけだけど、せっかくだしちゃんと見ておこうと。

まとめ

  • 今回、先頭に立って開始の挨拶と終了の挨拶を務めたのは牧野由依さん(佐久間まゆ役)。石川公演だから当地出身の洲崎綾さん(新田美波役)が先頭かな…?と予想していたが、そうではなかった。
  • そんな牧野由依さん、パフォーマンスも最高だった。どんどん、まゆらしさが上昇しているように思う。持ち歌もユニット含めて3曲あり見せ場多数。
  • 洲崎綾さんも、地元開催というのもあってか、力のこもったパフォーマンス。ヴィーナスシンドロームで凱旋公演の喜びを見せていたのが印象的だった。
  • 裏のMVPは長島光那さん(上条春菜役)かなあ。春菜の持ち歌ということで「shabon song」が来ることを期待していた(津田美波さん=小日向美穂役もいたわけだし)のが来なかったのは残念だったが、そんなことを吹き飛ばすくらいにかっこよかった。Nocturneの最後のサビの前、「湧き上がるこの気持ちは」の歌い出しを任されたのが長島さんだったということが予想外だったうえ、しかもあんなにかっこよかったんだもの。生存本能ヴァルキュリアも、長島さんは4th神戸では歌っていたわけだが、もう一度魅せてくれた。
  • 曲の流れとして最高だったのは、Sparkling Girl→Rockin'Emotion→Hotel Moonside→Jet to the Futureの、クールでロックなブロック。心からロックに揺さぶられたよ。Rockin'Emotionで安野希世乃さん(木村夏樹役)と原優子さん(向井拓海役)の二人が背中合わせになるとか、Jet to the Futureで安野希世乃さんと青木瑠璃子さん(多田李衣菜役)の二人の仲の良さを見せるかのような演技とか、キャラ側の世界観を見せてくれたうえに出演者としての演技としても見せる、というのもあって感激でした…。

個別エピソード

  • 石川みやげに買ったもの。津田美波さん→生麩まんじゅう(ただし賞味期限が当日だったので食べてしまった) 大坪由佳さん(三村かな子役)→栗きんときロール 高橋花林さん(森久保乃々役)→加賀棒茶 花守ゆみりさん(佐藤心役)→のどぐろの干物
    • 最年少の花守ゆみりさんが、発言のあった中では一番高いものを購入していてツッコまれる(※市場で見ましたが、1尾3000円~4000円してました)
    • 安野希世乃さん「起上もなかが、なっぴー(春瀬なつみさん=龍崎薫役)に似てる」
  • 高橋花林さんも飯田友子さん(速水奏役)が大好きになる(※共演者にファンが多いことで知られる)
  • 髙野麻美さん(宮本フレデリカ役)「(牧野由依さんは)いつもいいにおいがする」
  • 牧野由依さん、今回はさらに赤いリボン増量。イヤリングにも付けていた。そのうち増えてきたら絡まってしまう…と。まゆのまゆ
    • また髪型のこだわりも強化、髪留めのピンを松嵜麗さん(諸星きらり役 ※石川では不出演)からもらってセットしていた
  • 種崎敦美さん(五十嵐響子役)、「恋のHamburg♪」にちなんで前日は金沢市内各所でハンバーグが消えていっていたことに言及
    • 石川限定ハンバーグ、というお題を振られ種崎さん「加賀棒茶風味、のどぐろソース!」
  • 大坪由佳さん、「あいくるしい」をデレステで歌うことになって「誰に向けて歌ってるんだろう…?女友達に?」といい百合を想起させる。ゆるゆり
    • そう考えた理由は「4thで歌われたのを見て(※このときは、オリジナルメンバーである立花理香さん=小早川紗枝役と牧野由依さんで歌われた)」とのこと
  • 飯田友子さん、「あいくるしい」をデレステで歌うことになって「劇団あいくるしい」「感情込めすぎると、"私の願いなんて 単純なものだよ"で込み上げてくる」
  • 大坪由佳さん、「おかしな国のおかし屋さん」でこの日の王子役は安野希世乃さん(初日は飯田王子…こと飯田友子さんだった)。大坪由佳さん「今日はロックの国の王子
    • 大坪由佳さん「配膳方式で登場した」「(初日の王子役にはなかった)マントが急遽付きました」
    • その次に歌われた「空と風と恋のワルツ」について、大坪由佳さん「後ろに出てたもふもふおいしそう」と発言。あなたリアルかな子ですか
  • 細かいところだけど、「オルゴールの小箱」ではオルゴールをイメージしてかライトが基本的にゆっくり回転し続けていたのだが、最後のサビの入りだしで一度回転が止められた。曲の雰囲気を考慮したいい演出だと思った。
  • この日は「オルゴールの小箱」の次に「絶対特権主張しますっ!」が歌われたのだが、前日はこの2曲が逆であった。これは「(雰囲気が)上がっていく感じにするため」とのこと(青木瑠璃子さん)。急遽変更したと…
  • 高橋花林さん「オーディションで歌った"オルゴールの小箱"を歌いたい、と言ったら歌えた」
  • 春瀬なつみさん、「絶対特権主張しますっ!」の間奏部で「せんせぇは、かおるだけのせんせぇだよ!」と言い会場大興奮。
    • なお、この台詞を考案したのは安野希世乃さんであった。「(薫から)独占欲が出てきたらたまらないよね」という見事な発想。大坪由佳さん大絶賛。
  • 「キラッ!満開スマイル」について、輪になって踊ることを提案した三宅麻理恵さん(安部菜々役 ※石川では不出演)
  • 洲崎綾さんによる石川弁クイズ
    • きんかんなまなま → (道路などが)凍っている
    • きときと → (魚などが)新鮮 ※これは導線は知ってた
    • だらぶち → アホ、バカ
      • 種崎敦美さん「プロデューサーさんの、だらぶちー!」に大盛り上がり
  • 「Jet to the Future」で安野希世乃さんと青木瑠璃子さん、動きを合わせるタイミングなどは特に決めていなかったのだが、結構合っていたとのこと
    • 「イチャイチャしてんなあ…」と言われる
  • 「Wゆうこ」(原優子、飯田友子)
  • Hotel Moonside」の前の曲が曲調のかなり違う「Rockin'Emotion」だったことについて、飯田友子さん「ノリたい気持ちと緊張が混じって…」
  • Hotel Moonside」の「今夜、今夜、今夜」という歌詞が「坊や」とか「ゴーヤ」に聞こえる問題
  • 金子有希さん(高森藍子役)、生存本能ヴァルキュリアの振りが、立ち位置の関係で4thのときと逆向きになった
  • 「Nocturne」と「生存本能ヴァルキュリア」を歌い、汗がイヤモニに流入した長島光那さん
  • 「女神あやっぺ」
  • 「Love∞Destiny」を歌った花守ゆみりさん「心がしゅがしゅがしてきた」
  • 「Love∞Destiny」の赤い糸を引く仕草の部分で、引き方がお餅を引っ張っているようだった金子有希さん(津田美波さん談)
  • 「Nocturne」ではマイクスタンドを使うのだが、それを利用してセクシーなポーズを取った洲崎綾さん、マイクスタンドを多めに回した長島光那さん

終わりの挨拶

  • 安野希世乃さんの発言で春瀬なつみさん泣く、そしてもらい泣き多発
  • 青木瑠璃子さん「はっしー(大橋彩香さん=島村卯月役)がいない、って大きいんだな」(※大橋彩香さんが普段は開始・終了の締めを務める)
  • 春瀬なつみさん、現地入りが遅かったのだが、生麩まんじゅうを残しておいてくれたなどの細かい気配りに喜ぶ
  • 洲崎綾さんは両親を現地に招待していた
  • 種崎敦美さん「あやっぺのふるさとはいいところでした。Because、なぜなら、…」ここで笑いが。Twitterでは「#Becauseなぜなら」とハッシュタグ化もされてしまった。
  • 話すときによく手が動く種崎敦美さん(デレパでもあった)
  • 花守ゆみりさん「初めて参戦だから、をできないことの理由にしたくないと思って」
  • 高橋花林さん「もりくぼは、森から一歩出た、くぼになれました」で笑い走る
  • 大坪由佳さん、エアマシュマロキャッチを実施。そしてマシュマロではなく(当地名物の)きんつばを投げる(という体)
  • 原優子さん「鍋を食べに行ったとき、津田ちゃんやまきのんがお姉ちゃんだなーって」「みんな身内だもん」

2017-05-14

シンデレラガールズ5thライブ 宮城1日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th

| 23:01 | はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ 宮城1日目 個人的なハイライト #imas_cg_5th - 導線log

シンデレラガールズ5thライブ・全参加記録まとめはこちら

まとめ

  • 全員が入場し、最初の一声を発したのは松嵜麗さん(諸星きらり役)。れいちゃまが進行役ならしっかりまとめてくれるはず!と安心して見られた。
  • 新規曲・新規メンバーを活かす、という意識が見て取れるいいセトリだった。
    • にょわにょわーるど☆ → cherry*merry*cherry → スローライフ・ファンタジー という、新規曲3連続で開幕。それぞれの曲の世界観に合った演出もあいまって、それぞれの出演者の歌を楽しむ。
    • そこからのFlip Flop。この曲が初めてのシンデレラガールズでの歌唱となった、のぐちゆりさん(及川雫役)、そして松嵜麗さんと鈴木絵理さん(堀裕子役)の三人が盛り上げる。間奏時、のぐちゆりさんが観客席に「牛さんの鳴き声をしてください」と言っていたのに来場者が応え、会場が牧場に。
    • ∀NSWERが最高だった…朝井彩加さん(早坂美玲役)が本当に美玲になりきってステージを作っていた。
  • ということで、この日の自分にとってのMVPは朝井彩加さんなのだが、パフォーマンスのレベルという意味では千菅春香さん(松永涼役)も素晴らしかった。しかもそれを、普段の声とはかなり離れたかっこいい声でやってしまうし。
  • 裏の活躍者という意味では佐藤亜美菜さん(橘ありす役)かなあ。個人曲・ユニット曲としての持ち歌が一切なかったのだが、それでも参加する各曲で、ありすの存在感をしっかり見せつけていたと感じた。
    • 桜咲千依さん(白坂小梅役)も歌唱での存在感高かった。小梅でNation Blueとか∀NSWERとか。
  • 出身地ということで意気込みが高かったのが杜野まこさん(姫川友紀役)。宮城のことを他の出演者に聞かれまくっていたとのこと。また今回の会場はバレーボールの試合でたびたび来たことがあったとのことで、そこでの悔しい思い出なども思い出されたとのこと。
    • 杜野さんおすすめのおみやげ:「喜久福」

個別エピソード

  • 毎回サイキックなネタが入るミラクルテレパシーの間奏、今回は「ルーレットで出た人が投げキッス」。杜野まこさんに当たる。
  • ミラクルテレパシーを歌った3人(鈴木絵理さん、杜野まこさん、金子真由美さん=藤本里奈役)の組に名前が付けられる。「マジサイキック野球」
  • 前日の食事で、大空直美さん(緒方智絵里役)とのぐちゆりさんの二人だけが座っていた席に、どういうわけか牛タンが5人前届く。しかし二人で食べきった。
  • 東山奈央さん(川島瑞樹役)は宮城に当日入りだったのだが、前日入りしたメンバーから牛タンなどの写真を送り付けられたため、新幹線で仙台に着いてすぐに牛タン弁当を入手した(しかも、新幹線の中から、到着後すぐ受け取れるように予約していた)とのこと。
  • 佐藤亜美菜さんがパンフに書いた内容を見るように進める千菅春香さん
    • 見てみたけど、これ「長年Pをやっている*1亜美菜さんらしい内容だったわ…」って思いました

ガルパをやって気づいたことをデレステにフィードバックしたら、やりやすくなった

| 22:15 | はてなブックマーク - ガルパをやって気づいたことをデレステにフィードバックしたら、やりやすくなった - 導線log

タイトルの通りです。実際に、デレステをするにあたってこんなことを意識するようになりました。

  • 譜面の見え方の都合上、ガルパはデレステより視認難である(具体的には、見える譜面を手の動きに変換するというのが難しい)と感じたため、頭の中でリズムを思い浮かべるようにしてから手を動かすようにした。
  • ガルパは判定が厳しいので、デレステでも自分が余裕を持って手を動かせる譜面であれば、意識的にPERFECT判定を狙うようにした
  • ガルパはLv24程度でも、デレステのLv27相当くらいの難しいトリル(2か所を交互に叩く)を使う譜面が結構あるため、自然と慣れてきた。このおかげでデレステのトリルも成功率が上がってきた。青の一番星MASTERでAコンボ取れるなんて思いもしなかった。

デレステをやっていての自分の悪い癖が、いい具合になくなってきたのかな、と思った。

逆に、デレステからガルパにフィードバックできることって、あまりないように思うなあ。ガルパを先にやってデレステをやると、緩いものだと感じそう。(「端から端への横フリック」のような、ガルパになくてデレステにはある譜面、って点を除けば)

*1:佐藤亜美菜さんはアケマス当時からのPである

2017-05-13

シンデレラガールズ5thライブ・参戦記録

| はてなブックマーク - シンデレラガールズ5thライブ・参戦記録 - 導線log

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!

今回は公演数が多いため、まとめエントリを作りました。

SSA以外は1日だけの参戦にすることにしました。所用によりSSAも1日だけの参戦になりました。全部両日はスケジュール的にもお財布的にもきつい SSA1日目は、後日に実施された公式の再上映会で見ました。

会場参戦日場所記録
宮城15/13(土)LV(ミッドランドスクエア)記録
石川25/28(日)現地記録
大阪16/9(金)LV(ミッドランドスクエア)記録
静岡26/25(日)現地記録
幕張27/9(日)LV(ミッドランドスクエア)記録
福岡17/29(土)LV(センチュリーシネマ)記録
SSA28/13(日)LV(ミッドランドスクエア)記録
SSA111/25(土)
(再上映会)
LV(ミッドランドスクエア)記録
カレンダー
<< 2017/12 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31