Myrmecoleon in Paradoxical Library. ニコニコ分室 RSSフィード

2009-06-04

駄文 01:36 駄文 - Myrmecoleon in Paradoxical Library. ニコニコ分室 を含むブックマーク はてなブックマーク - 駄文 - Myrmecoleon in Paradoxical Library. ニコニコ分室 駄文 - Myrmecoleon in Paradoxical Library. ニコニコ分室 のブックマークコメント


ついにしもさんの新作来たよ! 最高だよ! 毎日聞いてるよ!


(解説 七色のニコニコ動画 (sm7233711) - ニコニコ大百科


ということで最近は新メドレーとか関連動画とかばっか聞いてるわけですが,さすがに平日は仕事いってるので,MP3プレイヤーにつっこんだ七色を行き帰りに聞いてる。で「あれ? なんかこれ物語にならね?」的なことを感じて妄想をふくらましたり文章に起こしたり。

まあどうせ後で後悔するんだけど盛り上がっちゃったのでブログに書いてみたりする。

いつものコメント分析とかは一応考えてるのでまあ週末にでも。


というわけで,なんとなく七色のニコニコ動画妄想いめーじ。

いくつかの曲を章で区切ってストーリー的なノリでまとめたり。

かなり厨二病的。


「聞こえますか」


(ブラック★ロックシューター~Heavenly Star~Do-Dai~みwなwぎwっwてwきwたwww&Under My Skin~ナイト・オブ・ナイツ&ダンシング☆サムライ~サンドキャニオンスカイハイ~ポップスター)


最初の「ブラック★ロックシューターどこへ行ったの 聞こえますか」は呼びかけの声。くりかえされる「らんらんるー」「アッー」がその応答。

ここからのはじめの曲はいずれもニコニコ動画のいくつかの要素(空耳,御三家,祭り,MAD,公式,権利者削除,ニコニコモンズ)をよくも悪くも代表してる。この一群はその紹介というイメージ。*1

カービィの三曲は原曲よりもむしろ音MADでよく知られ,MADのパレードという印象。

はじめてニコ動を訪れた人が体験する感動を表現。


「死にたい」


(Got The Groove~亡き王女の為のセプテット~Bad Apple!!~俺ら東京さ行ぐだ~RAINBOW GIRL~Starry Sky


Got The Groove(通称「死にたい」)から曲調ががらりと変わる。「死にたい」というフレーズに応えるように,不死身の吸血鬼であるレミリアのテーマ曲が流れる。「こんな所に 私はいるの? こんな時間に 私はいるの?」というBad Apple!!の歌詞に応えるようにIKZOが現れ,彼の導きでRAINBOW GIRL・Starry Skyによって昇華される。

死を思うひきこもりの青年が,やりかけのエロゲときれいな星空に感動して立ち直るような流れ。


「Hello」


(Hello Windows~最強パレパレード~空~celluloid~初音ミクの消失~時報)


窓を開けて世界に「Hello」と挨拶する。「明日も今日もわかんない だから面白いわ」「笑っていいよ 泣いていいよ だって巡ってまた春は来るから」そうしてひきこもりをやめて世間で強く生きようとする。しかし辛いことがあり「いつの日にか 笑っていられるかな」と悩む中,病いに倒れる,というような。

消失につづく時報は死を暗喩するような感じ。


「魂のルフラン」


((初音ミクの消失)~ライオン~星間飛行~ニホンノミカタ ~ネバダカラキマシタ~ ~Promise~魂のルフラン~ワールドイズマイン~おてんば恋娘)


消失の「まだ歌いたい」がライオンの「生き残りたい」に掛かる。次の星間飛行は銀河鉄道のノリで臨死体験的なアレ。ゲッダンで急降下し,魂のルフランで輪廻あるいは再生。死からの帰還はこの手の物語の定番ですね。

ワールドイズマイン~おてんば恋娘は「柔らかな毛布で目覚めた彼のまえに目を赤くした彼女が」的な。あるいは生まれ変わるまえの女神様。歌詞の「待たせるなんて論外よ」「せめて死ぬ前に一度 誰かを恋してみたい」あたりがいい感じにハマるかなとか。毛布はアレですねはい。



「月まで届け」


(TOWN&ぽっぴっぽー~溝ノ口太陽族~崖の上のポニョ~伯方塩業TVCM『伯方の塩』サウンドロゴ~smooooch・∀・~ダブルラリアット~ってゐ!~えいえんてゐver.~~炉心融解~おジャ魔女カーニバル!!~青く燃える炎~ザ・レギュラー~ハンマー状態~RED ZONE

てってってー てってっててー は軽快なリズムで歩くような。ここからは後のHEROES(=成功の後の賞賛)にたどりつくまでの道程というノリ。どうでもいいですがいまだにぽっぴっぽーが聞き取れません。

サンレッドとポニョは夏っぽい。伯方の塩はこじつけようがない。

smooooch・∀・,ダブルラリアット,ってゐ!はいずれも動きがキー。とびはねて,まわって,跳び上がる,という感じ。星間飛行に続く二度目の飛翔。でも今度は自分の足で飛ぶ。

この上昇は失敗して落下(炉心融解)するが,どれみに助けられる的なイメージ。ゲイツは無視。

続く四曲はハンマーをはさんで「とことん行くぜ/限界まで」「茨の道の彼方まで」「RED ZONE」と“限界のその向こうを目指す”的なモチーフ。限界突破で涅槃にたどりつく感じ。


HEROES


(「HEROES」~Don't say “lazy”~時報)


成し遂げた彼に英雄たちからの賞賛。HEROESはまんま動画から。

ここはもう大団円的なイメージ。

つづいて現在進行形のブームである「けいおん!」が「未来」を象徴。

最後に時報で〆。前のが0時(夜)の,こっちが午前5時(夜明け)の時報って感じでしょうか。


「完成」


Reach Out To The Truth)


最後に定番の削除動画から。ある種のMADの界隈では削除のことを完成というそうです。

締めという意味ではよいですね。



こういうのを思いついてしまうとそういうふうにしか聞けなくなるから不思議ですね。基本的に曲のつながりかたで切り分けたのに,内容が思ったより上手くつながって驚いた。まさか(一部はともかく)狙ってつなげたんじゃないとは思うのだけど。

聞きながら車窓を眺めつつ,自分がMAD or 手描きうp主だったらこんな感じに動画つくるかな,みたいな脳内絵コンテを広げてみたり。作れないんですけどね。


まあともかく今回のメドレーは大満足。大好きな曲がひとつ増えました。

*1:ちなみにどうでもいいですが,Heavenly Starからダンシング☆サムライの流れは全部運営とか公式動画とかがからんでますね。Heavenly Starは公式動画だし,アイマスも公式チャンネルつきましたし,がくぽはニコ動主導で生まれたボーカロイドだしで。逆にコモンズのみなぎるとセットになってるイネイネが本家が削除されてる流行のひとつだったりするのも意味深。あとサンレッドなど,公式側の動画がけっこう混ざるようになったのも変化ですねー