Hatena::Groupnicovideo

My Life Between Niconico and Twitter このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-04-21

whoPとAIR――記憶の物語

| 23:01 | whoPとAIR――記憶の物語 - My Life Between Niconico and Twitter を含むブックマーク はてなブックマーク - whoPとAIR――記憶の物語 - My Life Between Niconico and Twitter whoPとAIR――記憶の物語 - My Life Between Niconico and Twitter のブックマークコメント

 今日は珍しくアイマスMADについて書きます。

アイドルマスターL4U! MEMORY-@ 01:summer‐ニコニコ動画(SP1)

f:id:noreply:20080421214920j:image

f:id:noreply:20080421214918j:image

 この動画を初めて見た時の感想は「AIR」を彷彿とさせるということでした。夏の空気の描き方、短く改行されたテキスト、そしてストーリーが記憶をテーマにしていること、などなど。THE iDOLM@STER -MEMORY2 SAKURA-‐ニコニコ動画(SP1)を見た時も随分ギャルゲーっぽいと思ったものだけど、この作品ではそれがより前面に出ています。

 最近のwhoPはブログに自薦カタログを書いていて、けっこうな量でしたが僕はそれを全部チェックしました。僕がwhoPの作品を意識的に見始めたのは美希フェスの最初の方からなので、過去作はあまりチェックしていなかったのです。

 そしたらなんと、そのものずばり「AIR」を題材にした過去作が紹介されていました。GMLが2001年に発表した「夏影 -AIRness-」(Vo.茶太)を曲に使ったMADです。

アイドルマスター 美希 「夏影-AIRness-」  vocal:茶太‐ニコニコ動画(SP1)

f:id:noreply:20080421214922j:image

 自前アイマスコラボでの初作品としてこれを提出したというのも興味深いです。しかし、ここでは曲の歌詞に注目。そうすると、この「夏影-AIRness-」と「summer」に一連の流れを見出せるでしょう。時系列が同じというよりは、イメージの連鎖のようなものですが。

この青く広い 世界のどこかに

永遠をみつめている キミがいる

夏の空 見上げてみれば

キミの声 きこえる気がする

きっと何処かで 出会えるはずさ

風を 越えて

ぼくはキミを 探しにゆく<<

 「summer」を第1話とする「MEMORY-@nother」は美希のプロデューサーであるwhoPがもし一ファンであったら?という設定で話が展開していくらしいです。ここからは妄想になりますが、その世界での彼は別の世界での(あるいは別の時間での)「美希の記憶」を持っているけれど思い出せないのではないでしょうか。シリーズ名が「もうひとつの記憶」であるということ、whoPが時折アイマスをループものに見立るような発言をブログでしていることなどからそう考えてしまいます。この辺はまあ、「AIR」のイメージとオーバーラップさせてしまっているかもしれません(そしてMADはそれで良いと思う)。

ふと思ったんだけど、もしもアイマス世界がループしているとして、「彼女」がその繰り返しの記憶をすべて保持していたとしたら。

ええと、例えば十回プロデュースしたら十年だからぁ。

affection | 美希かわゆす

 ユニット名やマイリストの名前がミキの記憶‐ニコニコ動画(SP1)であるのも興味を引くところで、ニコマスのPの中で僕にとってwhoPが特別な存在であり続けるのは、執拗に「記憶」についての作品ばかりを作り続けているからなのです。

参考