紫色の夕暮れ@ニコニコ部 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-20

[]黄昏閣下。恋する春香。(コミュのネタバレあり) 00:03 黄昏閣下。恋する春香。(コミュのネタバレあり) - 紫色の夕暮れ@ニコニコ部 を含むブックマーク はてなブックマーク - 黄昏閣下。恋する春香。(コミュのネタバレあり) - 紫色の夕暮れ@ニコニコ部 黄昏閣下。恋する春香。(コミュのネタバレあり) - 紫色の夕暮れ@ニコニコ部 のブックマークコメント

天海春香は「閣下」や「白春香」と言ったように、作品の方向性によって分類されて呼ばれることが多いキャラクターです。そうなった背景には色々あると思うのですが、その一つとしてあげられるモノに、春香コミュのエンドがあるんじゃないだろうかと俺は思っています。

もしかしたら俺だけなのかもしれませんが、春香コミュのエンドは他のキャラクター達のエンドと比べてプロデューサーと春香の間の温度差が感じられます。二人はこれから先の人生で再び出会ったとしてもくっつくことがない(もちろんプロデューサー側に原因があって)のではないかと感じさせる空気がコミュのエンドにはあります。

そして、このような空気を感じさせるエンドだったからこそ、「閣下」や「黒春香」といったヤンデレ黒姫に近いキャラクター像が生まれたり、「白春香」や「桃色春香」といったような純愛を感じられるキャラクター像が生まれたりしたのではないかと思うのです。

春香は元々、天然でおっちょこちょいなかなり純真なキャラクターとして描かれています。そして純真さとは行き着く所まで行ってしまいそうな危うさを孕んでいるモノです。おおよそ、ヤンデレなどで描かれるキャラクターはその「純真さ」ゆえに「病んでいる」キャラクターが大部分をしてて居るのではないかと思います。そのような危うさがあるのに、辿り着く前に止められる唯一の人物は彼女に興味を抱いている風には見えない。

つまり、元々春香はとても純真で一途なキャラクターであるのに、コミュのエンドでこれから先も報われる感じを受けないからこそ、こういった分類分けを必要とするほどの二極化が進んだんじゃないのか。報われない彼女の精一杯の努力の結果が「黒」か「白」かという二つのルートを予感させたのではと、俺は思うのです。





―――といった考えがあったので、今更ながらにch1248さんの

ニコニコ部 - 花見川@ニコニコ部

の記事に影響を受けてせつない恋をしている春香を集めてみました(前振り長すぎ

当然ながら、以下の作品のほとんどにコミュのネタバレがあります。ご注意を。



アイドルマスター 洋楽コラボ PV 「TIME AFTER TIME」 哀春香

ゆきおんP


[MAD]アイドルマスター あなたが教えたこと 白春香(バレ注意)

SmokeP


アイドルマスター 7-SEVEN- ヤンデレ風味春香

P名不明。


アイドルマスター 天海春香 許されない恋

ななななな~P 。


アイドルマスター 天海春香 ヤッホー!

ななななな~P 。


アイドルマスター「永遠の嘘をついてくれ」featuring春香

鳩P。


アイドルマスター 天海春香の手紙

東洋人P


春香からの手紙(メール)

P名不明。


アイドルマスター 天海春香 「欲望」

GateP。


アイドルマスター 微笑みのその前で 春香TRUEBAD【修正版】

TAK8P


アイドルマスター 春香・千早 「恋獄」 

恢P


アイドルマスター IMMORAL(川田まみ)

ななしP。


アイドルマスター IMMORAL(川田まみ) Ver.1.2

ななしP。


アイドルマスター 天海 春香 『Reset』

P名不明。


アイドルマスター 黒春香×島みやえい子「Automaton」

P名不明。



(追記)

一度に多くをガジェットで紹介すると読み込みエラーが起こりやすいのですね……しらなかったですOLZ

何度か読み込み直せば全部表示されるようですが、一応ガジェットとは別にリンクを張っておきました。読み込み直すのが面倒な方はそちらからどうぞ。

(追記その2)

というか、ガジェット邪魔にしかならなそうだから外しました。

これスペックひくいひとなら固まりかねない。ブラクラかって・・・OLZ

(追記その3)

えー、先ほどいつものように巡回ルートに入っている大手ニュースサイトまなめはうすを見てみると――


2007-10-21 (Sun) 17:59


(  Д ) ゚ ゚

うん、思わずスクリーンショット取ってしまったよ。

うん、これ、保存しておく事にする(やりすぎ


まなめさん、取り上げていただいてありがとうございました OTZ

トラックバック - http://nicovideo.g.hatena.ne.jp/poporo8107/20071020